日本百名山

山本小屋から美ヶ原・日帰り

美ヶ原

こんにちは。

今回は美ヶ原・日帰りの記録です。

長野県のほぼ中央に位置し、日本百名山の3分の1が見えるという絶好のビュースポット美ヶ原

GWの終盤戦に、サクッと歩いてきましたよ!

山のカテゴリ

八ヶ岳

 

主な山の基本情報

美ヶ原(うつくしがはら)

長野県のほぼ中央にる高原で日本百名山の一つ。最高峰は王ヶ頭信州百名山でもありますね。

今回のコースと地図

山本小屋ふる里館から美しの塔塩くれ場を経て王ヶ鼻(標高2008m)王ヶ頭(標高2034.4m)へ。その後、塩くれ場美しの塔を経て山本小屋ふる里館へと戻る周回コースです。

  • 技術度 :
  • 体力度 :

小さなお子さんでも楽しめるお手軽なハイキングコースです。

  • 景観  :

北アルプス八ヶ岳が見えますね。王ヶ鼻からはなんでも日本百名山の3分の1近い山々が見えるんですって!

  • アクセス:
  • 混雑度 :

東京からマイカーでは、長野自動車道・岡谷ICで下車、ビーナスラインを通ってアクセスです。

  • 標準コースタイム:3時間5分
  • コースの距離:9.6km
  • 最小標高: 1944m
  • 最大標高: 2044m
  • 累積標高(登り):203m
  • 累積標高(下り):202m

 

登山記録

09:41 山本小屋ふる里館

天気は晴れ。ですが風が非常に強いです!

長野県の百名山美ヶ原高原にやってきました。

今日のメンバーは、ひさびさ登山のSちゃんと、Dくん改めジャーキー君と、相方改めhirooneのわたしを含めて4人です。

 

美ヶ原・山本小屋からのスタートです

 

ジャーキー君とSちゃん、先月登山靴を買ったのです。

新宿→神保町→新宿と、さんざんhirooneに歩かされて買った登山靴。

今日はそんな登山靴のならしも兼ねての山行です。

 

美ヶ原・新しい登山靴のデビュー戦

 

美ヶ原、わたしもはじめて来たんですが、いや〜、広い!

一面に、視界いっぱいに広がる高原が、なんとも言えない感じです。

圧倒的な開放感に満たされながらも歩いていると、おっ、早速美しの塔に着いたみたい。

 

美ヶ原・美しの塔

 

09:55 美しの塔

美しの塔、何か書いてありますね。

どうやらこちら、尾崎喜八氏美ガ原溶岩台地の一節だそうです。

 

美ヶ原・美しの塔にある、尾崎喜八氏の美ガ原溶岩台地の一節

 

ここで鐘を鳴らしてね、景気良く行きたいところだったんですが。

なんでかうまく鳴らせない。

心が清い人にしか、鳴らせない仕組みなんですか?

鳴らすの一旦諦めて、次なるポイント向かいましょう。

 

美ヶ原・美しの塔から次のポイントへ

 

10:07 塩くれ場

で、はい。塩くれ場に到着です。

文字がはげてて読みとれませんが、ここにある美ヶ原牧場の牛や馬が、塩をくれ〜って事でしょう。

と言っても、本日未だに1頭も、牛や馬には会えてませんが。

 

美ヶ原・塩くれ場

 

動物どこかにいないかな〜。

塩くれ場から次のポイントへと、青い三人組が歩いていきます。

 

美ヶ原・塩くれ場から次のポイントへ

 

塩くれ場近くの公衆トイレ。

牛にリボンがついてます。

 

美ヶ原・塩くれば近くの公衆トイレ♀

 

こちらは男性トイレです。

間違えられないようにでしょうが、「おとこ」と「おんな」の表示あり。

絵だけで表現してほしかった。

 

美ヶ原・塩くれば近くの公衆トイレ♂

 

モーモートイレでトイレを済ませて、さらに進んで行きましょう。

 

美ヶ原・モーモートイレの次のポイントへ

 

百曲り園地の岩場にて。

そこに崖があったなら、さらにそこが岩場になっていたら。

そこに山があったからのように、登ってみたいのが心情ってもんです。

落ちないように気をつけながら、みんなで登ってやりました!

 

美ヶ原・百曲り園地

 

こっちも岩場がありました。

そりゃまあもちろん登ります。

 

美ヶ原・百曲り園地の岩場

 

ここからは、アルプス展望コースです。

っと、王ヶ頭(おうがとう)のホテルが見えますね。

この王ヶ頭のホテル、結構前から見えてますが、わたしの中では光子力研究所

パイルダーオン!!!と叫びたいの堪えながらも、美ヶ原を歩きます。

 

美ヶ原・アルプス展望コース・コースから見えた王ヶ頭(おうがとう)のホテル

 

アルプス展望コース、来た道ちょっと振り返り。

はるか向こうに見えるのは、北八ヶ岳蓼科山

 

美ヶ原・アルプス展望コース・北八ヶ岳、蓼科山を望む

 

アルプス展望コース、もちろん北アルプスも見えてます。

 

美ヶ原・アルプス展望コース・北アルプスが見えました

 

岩があったら登りたい。

ジャーキー君、さまになってます。

 

美ヶ原・アルプス展望コース・岩場とジャーキー君

 

光子力研究所、もとい王ヶ頭に向かって歩きましょう。

と、このあたりから、だんだんお腹が空いてきました。

本日のご飯は、王ヶ頭の予定です。がんばって歩いて行きましょう。

 

美ヶ原・アルプス展望コース・王ヶ頭に向かって進みましょう

 

Sちゃん、途中にあった雲をパシャり。

雲がほんとにきれいです。

 

美ヶ原・アルプス展望コース・雲と写真に収めます

 

そのまましばらく進んで行くと。

烏帽子岩 これより先危険」の案内板。

 

美ヶ原・烏帽子岩これより先危険

 

10:58 烏帽子岩

この出っ張りが烏帽子岩

何層かの岩が重なっている、不思議な感じの岩でした。

 

美ヶ原・烏帽子岩?

 

烏帽子岩近くの出っ張りと、珍しくカッコよさげなhirooneパシャり。

 

美ヶ原・烏帽子岩が似合う男、hiroone

 

ご飯がわたしを待っている!

王ヶ頭に向かって進みましょう。

ん〜空が広い!!

 

美ヶ原・王ヶ頭と広い空

 

王ヶ頭のアンテナ群。

マニアにはたまらない風景なんじゃなかろうか。

ちょっとだけ、前に行った筑波山を思い出しました。

アンテナ、電波塔だらけなところが、ね。

 

美ヶ原・王ヶ頭のアンテナ群

 

しばらく前に進んでからの、振り返っての烏帽子岩

 

美ヶ原・振り返っての烏帽子岩

 

王ヶ頭に向かいましょう、とその前に。

王ヶ鼻に先に行ってきちゃいましょう。

 

美ヶ原・王ヶ鼻へ向かいましょう

 

こちらもアンテナありました。

いろいろ電波が見えそうです。

 

美ヶ原・王ヶ鼻近くのアンテナ群

 

11:41 王ヶ鼻

はい、王ヶ鼻に着きました。

こちらは標高2008m。全然今日は、登ってません。

 

美ヶ原・王ヶ鼻

 

王ヶ鼻からの景色です。

 

美ヶ原・王ヶ鼻からの北アルプスの山々

 

北アルプスの景色をどうぞ(ちょっと遠いですが)。

 

美ヶ原・王ヶ鼻からの北アルプスの山々・続き

 

王ヶ鼻の説明書き。

名前の由来も書いてます。

 

美ヶ原・王ヶ鼻の説明書き

 

それでは、王ヶ鼻のお次は王ヶ頭に向かいましょう。

ご飯がもうすぐ食べられますよ!

 

美ヶ原・王ヶ鼻のお次の王ヶ頭に向かいましょう

 

王ヶ頭美ヶ原の最高峰です。

これからあそこに登ります。マジンガーZに会えるかな?

 

美ヶ原・美ヶ原の最高峰、王ヶ頭

 

12:11 王ヶ頭

はい、あっと言う間に王ヶ頭

標高2034m。ここからも北アルプスの山々が、きれいに見えていましたよ。

 

美ヶ原・王ヶ頭

 

こちらは王ヶ頭にある、その名も王ヶ頭ホテルです。

しばらく周りを見てみましたが、残念マジンガーはいなそうです。

 

美ヶ原・王ヶ頭ホテル

 

それでは、王ヶ頭ホテルの前の、机を借りてご飯にしましょう!

今日は、ホットサンドを作るのです。

それぞれ、家から食パン、食材、バウルーと、ザックに詰めて来たんです。

 

美ヶ原・王ヶ頭・バウルーでホットサンドを作りましょう

 

料理長は、hirooneです。

ワンピースで言うサンジポジ。全然強くないですが。

 

美ヶ原・王ヶ頭・hiroone我らのサンジポジ

 

バウルーで直火で焼きますよ!

片面だいたい3分くらい?

 

美ヶ原・王ヶ頭・バウルー直火、焦げ付き注意!

 

焼けたらナイフで切りましょう。

 

美ヶ原・王ヶ頭・ホットサンドを切りましょう

 

はい、見た目はうまく撮れてませんが(カメラマンの腕が悪いので)、ホットサンド完成です!

4種類ものホットサンドを作って食べて大満足!

あ、そうそう!

山と食欲と私のメニューもちゃんと再現してみましたよ!

 

美ヶ原・王ヶ頭・ホットサンド完成です!

 

食後のあとは、コーヒーと。

 

美ヶ原・王ヶ頭・食後はやっぱりコーヒーです

 

デザート食べてご満悦。

 

美ヶ原・王ヶ頭・食後のデザート

 

気付いたら2時間近く、ご飯食べててビックリです。

帰りのことも考えて、そろそろ先に進みましょう。

ではい。こちらはホテル近くの看板です。

蓼科山がきれいに後ろに入ってますね。

 

美ヶ原・美ヶ原高原

 

そこからちょっと歩いて行くと。

後ろからバスが来ましたね。

 

美ヶ原・王ヶ頭からバスがやって来た

 

レトロな感じの緑のバスです。

どうやらホテルの送迎バス。

あれに乗ってホテルに泊まるの、なんとも贅沢な感じです。

わたしがおじいちゃんになった時に、のんびり泊まり来ようかな。

 

美ヶ原・王ヶ頭ホテルのレトロな送迎バス

 

それでは先に進みましょう。

北八ヶ岳を見ながら歩きましょう。

 

美ヶ原・北八ヶ岳を見ながら歩きましょう

 

塩くれ場へと、戻って来ました。

未だに動物には会えてません。

 

美ヶ原・塩くれ場、再び

 

14:55 美しの塔

そこから。再びの美しの塔です。

 

美ヶ原・美しの塔、再び

 

なんだか不思議な景色です。

ほんと山の上とは思えない。

 

美ヶ原・美しの塔・山の上とは思えない

 

鐘を鳴らしにリベンジ行きますか。

 

美ヶ原・美しの塔・リベンジ

 

Sちゃん、ジャーキー君挑戦中。

結論から言うと、はい、ちゃんと鐘は鳴りました。

左右に降るんじゃなくて、紐引っ張るのが正解だったようでして。。

そして塔には、誰かの顔がありました。

こちらのお顔、山本俊一翁でございます。

山本小屋を開いてこの美ヶ原の登山道を整備した、スゴイお方だそうですよ。

 

美ヶ原・美しの塔・山本俊一翁

 

こちらは美しの塔の近くのねころび広場

おじさん気持ち良さそうです。

 

美ヶ原・ねころび広場

 

美しの塔の鐘も無事に鳴ったことだし、そのまま先に進みましょうか。

 

美ヶ原・山本小屋に帰りましょう

 

15:09 山本小屋

と、そして。山本小屋に到着しました。

まったりのんびりハイキング、これにて無事に終了です!

 

美ヶ原・山本小屋

 

場所は変わって。

こちらはお風呂、ロマネット諏訪湖の近くのお風呂です。

 

ロマネット

 

中でのんびりくつろぎながら、GWの疲れを癒します。

お風呂でさっぱりした後は、がんばって中央道、帰りましょう。

今日も一日お疲れ様でした!

まとめ

今回は美ヶ原高原の山行でした。

累積標高、登り下り合わせても400mくらいの、お手軽なハイキングコースです。

今回は結局最後まで牛や馬に会えなかったので、次回もし来るときは居る場所探して歩いてみたい。

近くには霧ヶ峰もあるようなので、そちらも合わせて行きたいですね。

勝手に採点

わたし勝手に今回の山行を採点しました!

  • 満足度 :

美ヶ原高原は、空がとっても広いのです!

 

美ヶ原・ねころび広場

 

今回の山行の補足情報まとめてみました。

よろしければ参考までにどうぞ。

温泉

ロマネット

休憩所でたくさんの漫画がありますね。ここで1日過ごせそう。

 

以上、本日の山行記録でした。

ではまた!

こんな記事も読まれています