登山

残雪期・八方尾根から唐松岳・1泊2日頂上山荘泊(前編)

こんにちは。

今回は残雪期の唐松岳・1泊2日頂上山荘泊(前編)です。

五竜岳鹿島槍白馬三山立山と。さらに剱岳も見れちゃうすごい山。

それは三百名山唐松岳。と言うことで、唐松岳のお話です。

山のカテゴリ

北アルプス

 

主な山の基本情報

唐松岳(からまつだけ)

新日本百名山日本三百名山信州百名山の標高2695.9mの山。五竜岳鹿島槍ヶ岳白馬三山(白馬鑓ヶ岳・杓子岳・白馬岳)が望める非常に展望の良い山です。

今回のコースと地図

1日目:八方池山荘(標高1830m)→八方山→丸山→唐松岳(標高2695.9m)→唐松岳頂上山荘

2日目:唐松岳頂上山荘(標高2620m)→丸山→八方山→八方池山荘

  • 技術度 :
  • 体力度 :

ロープウェイとリフトで1830mまで一気に上がったところからのスタートです。

  • 景観  :

上り進行方向左手には五竜岳鹿島槍ヶ岳、右手には白馬三山と、北アルプス北部を一望できる、贅沢な眺めです。

  • アクセス:
  • 混雑度 :

白馬についてからのアクセスは非常に良いのですが、如何せん東京から白馬が遠い。

  • 標準コースタイム:7時間35分
  • コースの距離:9.6km
  • 最小標高: 1833m
  • 最大標高: 2696m
  • 累積標高(登り):926m
  • 累積標高(下り):922m

 

登山記録

09:07 白馬八方尾根スキー場・ゴンドラリフトアダム

天気は晴れ。

今日は北アルプスの北部に位置する唐松岳に登ります。

前回五竜岳に登った時に、お隣のこの唐松岳も気になっていたので、やっとこれたと言う感じ。

と言うことで、まずはこちら白馬八方尾根スキー場の、ゴンドラリフトアダムの乗り場からスタートです。

 

唐松岳・白馬八方尾根スキー場・ゴンドラリフトアダムの乗り場

 

唐松岳八方尾根のコースは、ゴンドラにリフトと乗り継いで、標高1830m地点にある八方池山荘まで上がるのです。

まずは、登山届の提出と共に、ゴンドラリフトの往復チケットゲットしましょう。

ちなみにこのチケット、購入から3日間有効とのことなので、上の山荘に泊まっても問題なし!でございます。

 

唐松岳・八方アルペンライン往復乗車券

 

ゴンドラアダムでレッツラゴー。

 

唐松岳・ゴンドラリフトアダム

 

うさぎ平に到着です。ここでリフトに乗り換えましょう。

アダムの次は、アルペンクワッド

 

唐松岳・うさぎ平

 

なんとも言えない背徳感。こんなに楽して良いのかしら。

 

唐松岳・アルペンクワッド

 

黒菱に到着です。そしてお次はグラートクワッド

どんどん標高上げてきます。

 

唐松岳・黒菱

 

とっても眺めが良いリフト。

五竜岳白馬三山、両手に花、もとい両手に名山見えてます。

一応、前回の五竜岳のお話も載せておきますね。こちらよろしければどうぞ。

 

唐松岳・グラートクワッド

 

09:47 八方池山荘

はい、そして八方池山荘到着です。

今日はここから山登り、スタートです。

 

唐松岳・八方池山荘

 

出発準備、しっかりと。

それでは唐松岳へ登りましょう!

 

唐松岳・八方尾根・八方池山荘からスタート

 

アイゼンなしで進みます。雪はほとんどありません。

と、右手に絶景、白馬三山

鑓ヶ岳杓子岳白馬岳が見えますね。

 

唐松岳・八方尾根・白馬三山(白馬鑓ヶ岳・杓子岳・白馬岳)

 

木の階段登って行くと。

 

唐松岳・八方尾根・木の階段と五竜岳

 

10:16 八方山ケルン

八方山ケルンがありました。

 

唐松岳・八方尾根・八方山ケルン

 

八方山ケルンの左手には、五竜岳鹿島槍ヶ岳

この八方尾根、ずっと展望ひらけてました。

左手にはこの五竜岳鹿島槍。右手には白馬三山と、ほんと贅沢な稜線です。

 

唐松岳・八方尾根・八方山ケルンからの五竜岳と鹿島槍ヶ岳

 

それでは次に向かいましょう。

 

唐松岳・八方尾根・八方山ケルンから第2ケルンへ

 

途中に小屋がありますね。

なんとも風情がありますね。と思って近づいてみたら、公衆便所とありました。。

いや、トイレがあるのは助かるんですけど、うん、なんかね。良い景色だ〜と思ったらトイレってのは、うん、なんともね。。

 

唐松岳・八方尾根・八方山ケルンから第2ケルンの間のトイレ

 

だんだん雪が増えてきました。

それでもまだ、アイゼンつけることもない道です。

 

唐松岳・八方尾根・第2ケルン近くの雪道

 

10:30 八方ケルン

第2ケルンを右手に見ながら、そのまま雪道登って行くと。

八方ケルンがありました。

 

唐松岳・八方尾根・八方ケルン

 

八方ケルンのその次は、第3ケルンに向かいましょう。

 

唐松岳・八方尾根・八方ケルンから第3ケルンへ

 

前に見える険しい山は。

一峰二峰不帰嶮(かえらずのけん)

唐松岳から白馬三山目指すとすると、あちらの稜線通ります。

名前の通りすごい道。まだまだわたしにゃ無理そうです。

 

唐松岳・八方尾根・一峰、二峰、不帰嶮(かえらずのけん)

 

不帰嶮の先にある、何度も撮っちゃう白馬三山

いつか行って見たいです。

ちなみに、前回白馬岳は大雪渓から栂池高原の方に行ってます。

こちらもどうぞご贔屓に。

 

唐松岳・八方尾根・八方ケルン近くから白馬三山(白馬鑓ヶ岳・杓子岳・白馬岳)

 

途中にあった仏像パシャり。

 

唐松岳・八方尾根・仏像

 

10:43 第3ケルン

第3ケルンが見えてきました。

 

唐松岳・八方尾根・第3ケルン

 

10:44 八方池

雪で埋もれて見えてませんが、多分こちらが八方池

近くの社は飯盛神社奥社かな?

あそこにテントがありますが、あんなところにテント張って良いのかしら?

 

唐松岳・八方尾根・八方池と飯盛神社奥社

 

ま、そこは気にせず。どんどん登って行きましょう。

 

唐松岳・八方尾根・第3ケルンから丸山へ

 

次に向かうは丸山です。と、ここで、だんだん雪が増えてきました。

アイゼン装着して行きましょう。

 

唐松岳・八方尾根・丸山へ向かう途中でアイゼン装着!

 

いや〜、ここからの登りキツかった!

 

唐松岳・八方尾根・丸山へ

 

いくつかの尾根を越えるのですが、これで終わりかと思ったら次の尾根。

ヒーヒー言いながら登ります。

 

唐松岳・八方尾根・丸山への道、結構坂がキツイです

 

尾根の途中にテントを発見。

さっきの八方池もそうですが、こんなところにテント張るのね。

坂の途中に張るなんて、寝るときちょっと疲れそう。

 

唐松岳・八方尾根・丸山へ向かう途中にあったテント

 

何人かの人追い越しました。

と言うのも、今回わたしは小屋泊装備。

テン泊装備の人たちは、ほんとキツそう、重そうです。

 

唐松岳・八方尾根・テン泊装備は重そうです。。

 

まだまだ登りは続きます。

途中で休憩しているカップル。そうそう、今回わたし、ソロ登山。

相方お仕事行ってます。久々のソロ登山なもんでペアできてるのうらやましいです。

 

唐松岳・八方尾根・今回はソロ登山

 

道は続くよどこまでも。ほんと登りが長いです。

 

唐松岳・八方尾根・道は続くよどこまでも

 

ようやく坂を登りきると。またまた坂がありました。

 

唐松岳・八方尾根・終わらない坂

 

嘆いてないで登りましょう。歩けば着くさ、いつかはね。

 

唐松岳・八方尾根・歩けば着くさいつかはね

 

11:45 丸山ケルン

そして。

丸山ケルンに到着です!

第3ケルンから、丸山ケルンは長かった。

 

唐松岳・八方尾根・丸山ケルン

 

少しは楽になるかしら?

と思ったら、まだまだ尾根は続きます。

不帰嶮見ながら進みましょう。

 

唐松岳・八方尾根・丸山からの不帰嶮

 

不帰嶮の左手に、2つピークが見えますね。

あちらのどちか唐松岳。多分奥がそうでしょう。

 

唐松岳・八方尾根・不帰嶮の左手に唐松岳が見えてきた

 

どんどん歩いて行きまっせ。

 

唐松岳・八方尾根・唐松岳に向かってどんどん歩いて行きまっせ

 

一つ目のピークを登ります。

 

唐松岳・八方尾根・唐松岳へ

 

団体さんとすれ違い。

 

唐松岳・八方尾根・団体さんとすれ違い

 

岩の道を登ります。

 

唐松岳・八方尾根・岩の稜線

 

岩場の次の雪道越えて、ピークに辿りついてみると。

 

唐松岳・八方尾根・再びの雪道

 

目の前に、唐松岳がありました!

は〜、ようやくここまでこれた。

ちなみに、ここからは雪がほとんどなかったので、アイゼン外して進みます。

 

唐松岳・八方尾根・唐松岳が目前に

 

ではそのままがんばって、唐松岳アタックはじめましょう。

 

唐松岳・唐松岳アタック開始!

 

と、そう言えば。地図によると途中に唐松岳頂上山荘あるはずです。

どこかで見逃しちゃったのか?と振り返ってみると。

山の斜面に頂上山荘ありました。普通に気付いていませんでした。

 

唐松岳・唐松岳頂上山荘

 

頂上山荘確認できたし、唐松岳アタック再開です。

 

唐松岳・唐松岳アタック再開

 

再びあった雪の道。

アイゼン外してしまったぞい。でも登りは、アイゼンなくても余裕です。

 

唐松岳・唐松岳頂上に向かう途中の雪道

 

雪道越えて、石の道を登って行くと。

 

唐松岳・唐松岳山頂近くの石の道

 

12:49 唐松岳山頂

唐松岳山頂、到着です。

こちらは唐松岳山頂からの五竜岳

絶景かな!

 

唐松岳・唐松岳山頂からの五竜岳

 

なぜか地面にあった、韓国語の山頂標識。

 

唐松岳・韓国語の唐松岳山頂標識

 

こちらは山頂からの不帰嶮、不帰キレット白馬連峰

ほんとにここは歩いて行けるの?

 

唐松岳・唐松岳山頂からの不帰嶮と白馬連峰

 

そしてこちらは、立山真砂岳別山と、剱岳になりますね。

立山は、以前こちらの記事で書いているのでよろしければどうぞ見てみてください。

 

 

唐松岳・唐松岳山頂からの立山、真砂岳、別山、剱岳

 

立山とアップで撮ってみましたよ。

真ん中の一番高い山、あちらが剱岳になりますね。

 

唐松岳・唐松岳山頂からの立山、真砂岳、別山、剱岳・アップ

 

北アルプス北部を満喫です。

それでは山荘の方まで戻りましょう。

ちなみに、下りの山頂付近の雪のある場所は、アイゼンないと結構怖かったです。。

 

唐松岳・山頂から唐松岳頂上山荘へ

 

頂上山荘八方尾根の分岐です。

今回、日帰りすることもできたのですが、ゴンドラリフトの終電ギリギリだったのと、せっかくのGW、まったり過ごすのも悪くないかと、小屋泊することに決めました。

 

唐松岳・唐松岳頂上山荘と八方尾根の分岐

 

13:07 唐松岳頂上山荘

と言うことで、唐松岳頂上山荘到着です。

今日はこちらにお泊まりです。

 

唐松岳・唐松岳頂上山荘

 

それでは受付済ませましょう。

 

唐松岳・唐松岳頂上山荘と唐松岳

 

とその前に。頂上山荘前の景色をご紹介。

まずは左手。五竜岳が見えますね。

 

唐松岳・唐松岳頂上山荘と五竜岳

 

次は正面。立山真砂岳別山と、剱岳が見えてます。贅沢〜。

 

唐松岳・唐松岳頂上山荘からの立山、真砂岳、別山、剱岳

 

最後に右手。唐松岳不帰嶮が見えますね。

いやほんと、絶景です!

 

唐松岳・唐松岳頂上山荘からの唐松岳と不帰嶮

 

受付を済ませて説明聞くと、本日の夕食は18時からとのことでした。

時刻はまだ14時前。夕食までのんびり過ごしましょう。

 

唐松岳・唐松岳頂上山荘のコーヒー

 

食堂でコーヒーいただいてみたり、外がだいぶ暖かいので日向ぼっこをしてみたり。

贅沢な時間を過ごします。そうこうしているうちに、あっと言う間に時は過ぎ。

夕食の時間になりました。夕食はカレーをおいしくいただきました。

そして。

もうそろそろで日の入りの時間。

外に出て、夕暮れ時の唐松岳を見てみましょう。

 

唐松岳・夕暮れの唐松岳

 

う〜む。今日は、雲が多くてちょっと肩透かしの景色です。

しばらく粘ってみたものの、日が沈んでだんだん寒くなってきちゃったので、あきらめて部屋に戻るとしましょうか。

 

唐松岳・唐松岳頂上山荘の日の入り

 

部屋に戻ってからは、読みかけの本読んだりと優雅な時間を過ごします。

いつもは疲れきって本を読んでいると1時間もしないうちに寝てしまうのですが、今日は結構読めました。

夜更かし厳禁、明日も行動するのです。と言うことで今日も一日お疲れ様でした!

まとめ

今回は残雪期の唐松岳・1泊2日頂上山荘泊(前編)のお話でした。

八方尾根は最初から最後まで展望MAX!最高です。

今回は夕方以降ちょっと雲が多く日の入りなどは残念でしたが、白馬五竜剱岳と良い山たくさん見れました!

次回は唐松岳下山編です。

 

ではまた!

ABOUT ME
kara
kara
karaです。山が好き!な週末だけの山登る人。日本百名山を中心に、いろんな山を楽しんでます。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

ブログランキングに参加しています。

ぽんこつブログではありますが、ポチっと応援お願いできればと!

こんな記事も読まれています