日本二百名山

残雪期・中房温泉から燕岳・1泊2日テント泊(前編)

こんにちは。

今回は残雪期の燕岳・1泊2日テント泊(前編)です。

中房温泉から合戦小屋を経ての登頂ですが、雪山テント泊装備の合戦尾根はキツかった。

でもそれ以上に北アルプスの展望は、控えめに言っても最高ですね!

山のカテゴリ

北アルプス

 

主な山の基本情報

燕岳(つばくろだけ)

新日本百名山日本二百名山信州百名山の標高2763mの山。表銀座の始点で、花崗岩の独特の山肌が特徴の山。イルカメガネが見れますよ!

今回のコースと地図

1日目(燕岳):中房温泉(標高1450m)→合戦小屋→燕山荘→燕岳(標高2763m)→燕山荘(標高2704m)

2日目(中房温泉):燕山荘→合戦小屋→中房温泉

  • 技術度 :
  • 体力度 :

北アルプスの入門の山としては最適な難易度です。ですが5月は残雪期なのでしっかり準備していきましょう。

  • 景観  :

槍ヶ岳大天井岳など、表銀座の山々見れます。

  • アクセス:
  • 混雑度 :

ハイシーズンは混雑度は半端ないですが、残雪期ということもあり普通に混んでるくらいでした(日本語変ですがお気になさらず)。

  • 標準コースタイム:8時間5分
  • コースの距離:11.3km
  • 最小標高: 1468m
  • 最大標高: 2760m
  • 累積標高(登り):1388m
  • 累積標高(下り):1373m

 

登山記録

06:46 中房温泉

天気は晴れ。

今回は1泊2日で残雪期の燕岳に登ります。

朝の3時30分くらいですかね、中房温泉近くの無料駐車場に車を停めて、仮眠してからの出発です。

 

燕岳・中房温泉

 

登山届けを出しましょう。

ちなみに今の時刻は6時50分。だいぶ明るくなってます。

 

燕岳・中房温泉・登山届けを出しましょう

 

中房温泉の登山口前で準備して。

 

燕岳・中房温泉・中部山岳国立公園

 

登山開始といたしましょう。

ひさびさテン泊装備です。かなり荷物が重いです。

 

燕岳・中房温泉登山口

 

今日は燕山荘まで向かいます。

第一ベンチから富士見ベンチの4つのベンチと合戦小屋を通ります。

 

燕岳・第一ベンチに至る道

 

40分くらいですかね。登っていくと。

 

燕岳・第一ベンチに至る道・林道

 

07:41 第一ベンチ

第一ベンチに着きました。

なかなか順調な足取りです。

 

燕岳・第一ベンチ

 

それでは第二ベンチに向かいましょう。

この辺りから、ちょっとずつ雪がありました。

ですがアイゼンまだいりません。

 

燕岳・第二ベンチに至る道

 

木の根っこに気を付けながら進んで行くと。

 

燕岳・第二ベンチに至る道・木の根っこに気を付けましょう

 

合戦小屋へ荷物を運ぶ、滑車の姿がありました。

うちらの荷物も運んでくれ〜。

 

燕岳・第二ベンチに至る道・合戦小屋に荷物を運ぶ滑車

 

08:07 第二ベンチ

第一ベンチから、20分ちょっとで第二ベンチに到着です。

うん、順調順調、無事にここまで来れます。

 

燕岳・第二ベンチ

 

第二ベンチから第三ベンチに向かう途中。

少しだけ視界がひらけてました。

 

燕岳・第三ベンチに至る道

 

雪がだんだん増えてきました。

すべらないよう登りましょう。

 

燕岳・第三ベンチに至る道・雪ですべらないよう注意です

 

08:46 第三ベンチ

はい、第三ベンチに到着です。

だいたいここまで30分。

 

燕岳・第三ベンチ

 

富士見ベンチに向かいましょう。

 

燕岳・富士見ベンチに至る道

 

やっぱあれですかね、第四ベンチじゃなくて富士見ベンチという名前なのは「死」を避けるため何ですかね。

名前の由来気になります。

 

燕岳・富士見ベンチに至る道・名前の由来気になります

 

09:25 富士見ベンチ

噂の富士見ベンチを発見です。

ここも30分くらいで到着ですね。

 

燕岳・富士見ベンチ

 

富士見ベンチからは、アイゼン履いて登ります。

 

燕岳・合戦小屋に至る道

 

せっかくアイゼン履いたのに、岩の道が出てきます。

アイゼンと岩のこすれるあの音、わたしイーッてなっちゃいます。

 

燕岳・合戦小屋に至る道・イーッ

 

森林限界越えてきたのか、だんだん視界がひらけてきます。

そのまま登って行きましょう。

 

燕岳・合戦小屋に至る道・視界がひらけてきた

 

10:06 合戦小屋

富士見ベンチから、40分くらいで合戦小屋に到着です。

 

燕岳・合戦小屋

 

先行隊が燕山荘に向けて出発のようです。

わたしたちは、ここでちょっと休憩しましょう。

 

燕岳・合戦小屋・休憩

 

今日はスイカはありません。

お腹が空いてきてたので、カップラーメン注文です。

お湯も入れてくれました。ありがたや〜。

 

燕岳・合戦小屋・カップラーメン

 

それでは燕山荘、目指しましょう。

 

燕岳・合戦小屋から燕山荘へ

 

こちらの合戦小屋から燕山荘へ至る道、合戦尾根ですね、何でもここは北アルプス三大急登とのことで。

気合いを入れて登ります。

 

燕岳・合戦尾根・北アルプス三大急登

 

ぐんぐん登って行きましょう。

 

燕岳・合戦尾根・北アルプス三大急登・合戦沢ノ頭に向かいます

 

合戦沢ノ頭辺りに到着です。

ここから、周りに絶景見えてきました。北アルプスの山々です。

ですがこっちはそれどころじゃない。ほんとにここからキツかった。。

 

燕岳・合戦尾根・北アルプス三大急登・合戦沢ノ頭

 

相方遅れて登ってきました。

3年くらい前ですかね、夏来た時は、ここはたいしたこと感じなかったのですが。。

やっぱりひさびさテン泊装備、そして雪山登るのは結構体に負担があります。

 

燕岳・合戦尾根・北アルプス三大急登・合戦沢ノ頭・テン泊装備は重いです

 

見応えのある稜線登ります。

一歩一歩、少しずつでも進みましょう。

 

燕岳・合戦尾根・北アルプス三大急登・燕山荘まで一歩一歩進みましょう

 

燕岳が良く見えます。

少しずつ少しずつ、登ります。

 

燕岳・合戦尾根・北アルプス三大急登・燕岳が見えました

 

にしても、ここはほんと合戦です。

かなり激しい戦いです。

 

燕岳・合戦尾根・北アルプス三大急登・合戦の名にふさわしい道

 

あといくつのこぶを登るのか。ひさびさにしんどい山行です。

 

燕岳・合戦尾根・北アルプス三大急登・合戦!

 

途中で岩場のこぶを通り過ぎ。

 

燕岳・合戦尾根・北アルプス三大急登・岩場の合戦!!

 

ひたすら先を目指します。

おっ!燕山荘が見えて来ました!

 

燕岳・合戦尾根・北アルプス三大急登・燕山荘が見えてきた

 

ちょっとここで一休み。そして横を見てみると。

これは何だろ雪だるま

と言うことで、雪だるまごしの槍ヶ岳。ちょこっとだけですが。

他に見える山々は大天井岳とかその辺り?

 

燕岳・合戦尾根・北アルプス三大急登・雪だるまと槍ヶ岳

 

表銀座の山々見ながら、燕山荘に向かいます。

 

燕岳・合戦尾根・北アルプス三大急登・表銀座の山々見ながら燕山荘に向かいます

 

あとちょっとで燕山荘

 

燕岳・合戦尾根・北アルプス三大急登・あとちょっとで燕山荘!

 

この階段登りきれば、燕山荘

 

燕岳・合戦尾根・北アルプス三大急登・この階段登りきれば燕山荘!

 

小屋にようやく到着です!!

ほんと合戦尾根キツかった。。

 

燕岳・合戦尾根・北アルプス三大急登・合戦尾根はキツかった。。

 

と、そのまま小屋にいけるかと思ったら、ぐるっと周って歩いてこいと。

確かに夏とは道が違いますね。

大天井岳とか、槍ヶ岳とか、表銀座の山を見ながら正面玄関目指します。

ちなみに、槍ヶ岳のお話こちら。お時間あるときあわせてどうぞ。

 

燕岳・燕山荘からの表銀座の山々

 

ぐるっと周って燕岳が正面に。

雪はそんなにありません。

 

燕岳・燕山荘からの燕岳

 

11:46 燕山荘

燕山荘に着きました!!

受付済ませてテント張りましょう。

 

燕岳・燕山荘

 

テント場はあちら、雪の上。

ぱらぱらテントありますね。

 

燕岳・燕山荘・テント場は雪の上

 

とここで少し、残念なことが。

前日に来た人とかが、地ならし、整地ですかね、とか防風壁作ってくれてたりとか期待してたんですが。

いや正直に言いましょう、かなり期待してたというかもうあるもんだと思ってたのですが。

ですが!

きれいなフカフカな雪がたくさんありました♪

 

燕岳・燕山荘・テント場はフカフカの雪の上♪

 

わたしら考え甘かった。そもそもスコップ?スノーショベル?持ってきてません。

↓こんなのですね。↓

仕方がないので燕山荘で借りれるか、相方聞いてくることに。

 

燕岳・燕山荘・スノーショベルがない!

 

相方燕山荘行ってる間、燕岳見て和みましょう。

 

燕岳・燕山荘・テント場からの燕岳

 

相方「あったど〜!!」

スコップ無事に借りれたようで。

 

燕岳・燕山荘・スコップあったど〜

 

相方スコップ持ち上げ続ける、体力もないようで。

 

燕岳・燕山荘・スコップ重いど〜

 

それでは整地、テント設営始めるための地鎮祭を執り行います。

 

燕岳・燕山荘・テント場・地鎮祭

 

地鎮祭、何をやったらいいのかわからないのでスキップして、スコップで整地をはじめます。

 

燕岳・燕山荘・整地をはじめます

 

にしても、疲れて登って来た後で、こんな重労働あると思わなかった、、

おお!だいぶ整地ができてきたんじゃない?

 

燕岳・燕山荘・整地だいぶ進んできました

 

いやあ燕山荘槍ヶ岳、ほんとこれは絵になるなあ。

なんてサボっていたら、相方に働けと怒られました。

 

燕岳・燕山荘・整地をがんばる相方とサボるわたし

 

そしてジャジャーーン!!

テント設営完了です!!

2人とも雪の上にテント張るのははじめてなので正解不正解わかりませんが、なんとか形になりました。

 

燕岳・燕山荘・テント設営完了

 

ちなみにこちらはテントの幕営手形。

こんなにしっかりした手形、はじめて見ました。

 

燕岳・燕山荘・テントの幕営手形

 

荷物の整理も終わって、我が家のご近所さんを見てみると。

なにこれすごい!要塞じゃん!!

どうやったらあんなにうまく、作れるんだろう。。

 

燕岳・燕山荘・ご近所さんのお家

 

スノーショベルにペグにハンマーと。いろいろ足りない設営でした。

普通に考えれば当たり前なんですけど、ペグ、夏用だと無理ですね。

そして夏だとペグは近くに転がっている岩で打ってるんですが、雪山だと岩が埋もれてありません。。

ハンマーあったら便利ですね。

60Lのザックで登って来ましたが、いろいろ入れると足りないのかな。

 

燕岳・燕山荘・我が家(テント)からの眺め

 

何はともあれ我が家は完成。ひと休みしてから燕岳に向かいましょう。

まとめ

今回は残雪期・燕岳・1泊2日テント泊(前編)のお話でした。

合戦尾根の地獄の登りと登った後のテント設営。想像よりも大変でした。

次回は燕岳のアタックです。がんばって登って行きましょう。

 

ではまた!

ABOUT ME
kara
kara
karaです。登山歴5年の山登る人。週末は日本百名山を中心に、どこかの山を登っています。