日本百名山

裏銀座縦走2日目・北アルプスの深部、水晶岳を登る

裏銀座・水晶岳(黒岳)

こんにちは。

裏銀座縦走の3話目となる今回は、野口五郎岳から水晶岳へと向かうお話。

一応おさらいとして、裏銀座縦走1日目は、高瀬ダムから烏帽子小屋烏帽子岳に登りました。

縦走2日目は、烏帽子小屋からはじまり三ッ岳越えて、野口五郎登って今回のお話。

実は去年も水晶岳に登ろうとしていて、途中まで行ったのですがあいにくの雨で。

泣く泣く断念しておりました。

と言うことで今回は、リベンジ登山になりますね。

天気は快晴!いけるぞこれは!と言うことで、水晶岳のお話です~。

山のカテゴリ

北アルプス

 

主な山の基本情報

水晶岳(すいしょうだけ)

別名黒岳。標高2986mの双耳峰で、日本百名山に選ばれています。

今回のコースと地図

野口五郎岳から真砂岳東沢乗越を越えて水晶小屋へ。水晶小屋から水晶岳はピストンです。

 

登山記録

07:30 野口五郎岳

時刻は朝の7時30分。

2日目スタート烏帽子小屋からほぼほぼコースタイム通りです(3時間30分)。

野口五郎から水晶岳は、コースタイム3時間ですね。

前に広がる稜線を、堪能しながら歩いて行きましょう~。

 

裏銀座・野口五郎岳

 

お目当ての山は右手に見える、双耳峰のアイツ水晶岳)です。

左手には笠ヶ岳鷲羽岳も見える。鷲羽岳はあとで登りますヨ。

 

裏銀座・野口五郎岳から水晶小屋へ

 

野口五郎から先も、アップダウンが続きます。

前にポッコリ見えるお山は真砂岳になりますか。

立山にも真砂岳、ありましたよね。富士ノ折立別山の間。

アチラも砂礫の山でしたよね、やっぱり名前はそこから来てるのかなぁ。

 

裏銀座・真砂岳

 

この野口五郎岳から水晶小屋までの稜線は、3日目歩く西鎌尾根と、槍ヶ岳がバッチリ見えます。

なんども足をとめながら、バシャバシャ写真を撮っていました(笑)

そして西鎌尾根以外に目をひいたのが、赤茶けた迫力のある硫黄尾根

硫黄のにおいもほんのり香る、なんともワイルドな尾根でした。

 

裏銀座・槍ヶ岳と西鎌尾根

 

真砂岳ピークは踏めないようです(巻いて行きます)。

 

裏銀座・真砂岳ピークは巻いて行く

 

08:02 真砂岳・真砂分岐

真砂岳、ピーク巻いたらまた下ります。

下った先には真砂分岐が。南真砂岳湯俣岳、さらにその先進んで行くと、裏銀座縦走のスタート地点の高瀬ダムへとたどり着きます。

 

裏銀座・真砂分岐

 

やっぱり目をひく槍ヶ岳

ここから見ると結構遠い。明日ほんとにあそこにいるのかなあ?

 

裏銀座・槍ヶ岳と硫黄岳

 

08:36 2833ピーク

快調に進んでいましたが、このあたりからペースが乱れる。

というのも、ココ、おそらく2833ピークなのですが、ここから急にはげしい登りで。

さすがに長く歩いているので、だいぶ疲れがでてきたようです。

 

裏銀座・2833ピークへ 裏銀座・2833ピークへ、その2

 

ピーク登って小休憩。

来た道ちょっと振り返って見ましょう。

一番左のなだらかな台形が、野口五郎岳になりますね。

あそこから稜線ずっと歩いて、今の場所までやってきました(さすがにこうやって見ると結構歩いたと実感しますね)。

 

裏銀座・2833ピークから野口五郎岳を振り返る

 

お次のポイントは東沢乗越

岩々の稜線を、気を付けながら歩いていきます。

 

裏銀座・2833ピークから東沢乗越へ 裏銀座・2833ピークから東沢乗越へ、その2 裏銀座・2833ピークから東沢乗越へ、その3

 

またまた小ピークありました。

東沢乗越手前の2734ピークでしょうか。

 

裏銀座・2734ピークへ

 

09:08 2734ピーク

ここまでくると、だいぶ先が見えてきましたね。

先は丁字になっていて、左に行けば、ワリモ・鷲羽岳。右に行けば水晶岳です。

丁字路の真ん中、上がったところに水晶小屋が見えてきました。

けっこうここから上に見えるね、つかれた体にゃちとキツイです・・・。

 

裏銀座・2734ピークから丁字路を眺める

 

水晶小屋まで)けっこう上まで上がらにゃならんのに、2734ピークからは一旦くだります。

そうだよね。〇〇乗越って低いところ、これから登るゾってところによくありますよね

あれ?でも、常念岳にある常念乗越一ノ沢から登った先にあるよね?と思ったのですが、うん、常念岳横通岳の谷間(鞍部)にありますね(自己完結)。

 

裏銀座・2734ピークからの鷲羽岳とワリモ岳

 

09:20 東沢乗越

鞍部?それってコルのこと?

キレットコル乗越と、あたまがこんがらがってきましたが、細かいことはきにしない。

考えるな、感じろ!行けばわかるさ。

グダグダ言ってないで足前に出せ。

 

裏銀座・東沢乗越

 

コチラの写真は東沢乗越から振り返って撮った一枚。

2734ピーク、2833ピークになりますか。

だいぶ下ってきてたんですね~(そしてこれから登るんですね~涙)。

 

裏銀座・東沢乗越から2734ピーク、2833ピークを振り返る

 

ほんとにここはキツかった。

無心になって登ります。

 

裏銀座・水晶小屋へ(急登)

 

登山ロボットになって、登ります。

右足出して~、左足出して。

「あとどれくらい?」なんて考えちゃったら疲れてしまう。

わたしはロボット、ただ動くだけ・・・。

 

裏銀座・水晶小屋へ(急登)、その2

 

右、左、みぎひだり。

そうやって上へと登っていくと、ようやく水晶小屋目の前に。

 

裏銀座・水晶小屋へ(急登)、その3

 

10:12 水晶小屋

到着しました水晶小屋です。

この日は、

本日は大変混みあっております。

ご宿泊のお客様は、

2枚の布団に

5名のご案内となります。

とのことで、大変繁盛しておりました。

ちなみに2枚に5名だから1人は隙間になるんですかね。。

こういうの見ると、キツイけどテントもってきて良かった~と心の底から思います

 

裏銀座・水晶小屋

 

水晶小屋で売っていた、ピーチネクターで水分補充。

名物力汁なるものもあったのですが、ピーチネクターに心惹かれてついつい買ってしまいましたよと。

そういえば烏帽子小屋野口五郎小屋ではペプシコーラを買いました。

裏銀座縦走中は、コカ・コーラはあまり見かけず(なかった?)、ペプシコーラにお世話になりました。

 

裏銀座・いざ水晶岳へ!

 

裏銀座はロックフェラー?

都市伝説、陰謀論めいた事書いていると、山ヤの人たちから嫌われそう・・・。

と言うことでこのお話はここで終了。

写真は進んでいて、水晶小屋に荷物をデポったわたしたち。水晶岳に向かって歩いています。

下の写真はそんな水晶岳に向かって歩いている途中から、うしろ(鷲羽岳方面)振り返ったところ。

このあとひたすら歩く稜線。

イイネいいね。天気は最高ッ!

 

裏銀座・水晶小屋から水晶岳へと至る道

 

水晶岳、近くで見るとイメージ違う。

双耳峰って聞いていたけどギザギザたくさんありません?

 

裏銀座・水晶岳(黒岳)

 

どこかに水晶落ちてないかな?なんてよこしまな心を持ちながら。

ってなことは全くなくて。ピュアな心で景色サイコ~って言って登ってました。

水晶小屋からは気持ちの良い平坦な稜線がしばらく続くので、ゆっくり景色を楽しめます。

 

裏銀座・水晶岳山頂へ向かう

 

そうそう!

水晶岳からは、雲ノ平もバッチリ見えました!

日本最後の秘境ですね。

ほんとに平らな場所なんですね~。

前回来たときは、雨あめ雨でひどかった。今日雲ノ平に来ている人は、最高の景色が見れたんじゃないかな?(うらやましい~)

 

裏銀座・水晶岳からの雲ノ平

 

水晶岳山頂いざゆかん!

 

裏銀座・水晶岳山頂へ

 

人だかりが見えますね。

あそこが山頂でしょうかね?

 

裏銀座・水晶岳山頂へ、その2

 

11:04 水晶岳(黒岳)山頂

はい、やっとこさ着きました!

1年越しの水晶岳です!

遠い、ほんとに遠かった~。

どこから来ても、1日以上かかる。ここも十分に秘境ですよね~。

 

裏銀座・水晶岳(黒岳)山頂

 

に、鷲羽岳雲ノ平

なんて贅沢な、眺めなんだッ!!!

 

裏銀座・水晶岳山頂からの展望

 

水晶岳の先には、赤牛岳二百名山)もありますが、今回はそこには行きません。

ほんとうはもっと時間があれば、赤牛岳にも行きたいのですが(赤牛岳もアクセス悪い)、今日のうちに三俣山荘まで行っちゃいたい。

未練はあれど、小屋へと戻りましょう。ハシゴ気を付けて下りましょうね。

 

裏銀座・水晶岳、ハシゴはゆっくり下りましょう

 

荷物が軽いと楽チンですね~。

 

裏銀座・水晶岳から水晶小屋へ

 

11:37 水晶小屋

あっと言う間に水晶小屋です。

目の前には今日来た道が。だいぶ歩いてきましたね~。

 

裏銀座・水晶小屋と野口五郎岳

 

っと、まだ2日目終わりませんが、今回はここで一旦終了です。

裏銀座5座目ですね、水晶岳(黒岳)無事に登頂。

今日も一日、お疲れ様でした~!

まとめ

今回は3泊4日裏銀座縦走の2日目中盤戦、野口五郎岳から水晶小屋水晶岳)のお話でした。

2日目中盤戦はキツかったですね~。とくに東沢乗越あたりからの水晶小屋登りが!!

その分、ピーチネクターは体に沁みた。こんなにうまいネクター飲んだことない(笑)

水晶岳も見れたし大満足の、2日目中盤戦でした!

次回は水晶小屋からワリモ岳鷲羽岳越えての三俣山荘。2日目終盤戦のお話です。

ではまた!

ABOUT ME
kara
kara
karaです。山が好き!な週末だけの山登る人。日本百名山を中心に、いろんな山を楽しんでます。