日本三百名山

裏銀座縦走2日目・野口五郎に会いに行く

裏銀座・野口五郎岳

こんにちは。

やっと書きました、裏銀座縦走続きのお話。

3泊4日の山行の、2日目になりますね、のお話です。

1日目は高瀬ダムから烏帽子小屋まで。2日目は烏帽子小屋から三俣山荘まで。

三ッ岳越えて、野口五郎岳越えて、途中でちょっと水晶岳よって、その後はワリモ鷲羽岳

たくさんの山を越える2日目。

1日目は1日目で三大急登でキツかったですけど、2日目の今回も、コースタイム10時間とハードなコース。

なんでこんなにつらいんだろう? なんでこんなとこ来ちゃったんだろう?

たしかにそう、思うときもありました。

ですが、ハードなコースを越えた先には、そこでしか見れない景色がたしかにあって。

今回は、そんな2日目の中でも序盤にあたる、三ッ岳野口五郎岳のお話です!

山のカテゴリ

北アルプス

 

主な山の基本情報

野口五郎岳(のぐちごろうだけ)

ゴーロゴロの五郎岳。標高2924.5m。日本三百名山信州百名山に選ばれています。

今回のコースと地図

烏帽子小屋から三ッ岳野口五郎小屋を経て、野口五郎岳を登ります。

  • 技術度 :
  • 体力度 :

2日目トータルのこと書いてます。10時間は長いよ、大変でしたよ・・・。

  • 景観  :

北アルプス奥地の景色は、なんとも言えない感動があります。

  • アクセス:
  • 混雑度 :

もうここまでくるとね、アクセスとかなんとかって関係ないね。。

  • 標準コースタイム:10時間
  • コースの距離:15.5km
  • 最小標高: 2512m
  • 最大標高: 2971m
  • 累積標高(登り):1090m
  • 累積標高(下り):1037m

 

登山記録

04:08 烏帽子小屋

朝3時に起床して、4時には出発烏帽子小屋です。

長いなが~い一日です。今日も元気に行きまっしょい。

今日はまずは三ッ岳登ります。その後は野口五郎岳登ります。

ちなみに、野口五郎って言ったら歌手の野口五郎さん思い出しますが(思い出しますよね!?)、ゴーロゴロが由来五郎岳です。

黒部五郎岳もたしか同じ感じのネーミング。野口黒部か。集落がちょっと違うだけ。

 

裏銀座・烏帽子小屋から三ッ岳へ 裏銀座・烏帽子小屋から三ッ岳へと至る稜線

 

烏帽子小屋のテント場からは、いきなり三ッ岳登りはじまります(上の写真1枚目ですね)。

「急登」と言うほどじゃないにせよ、いきなり登り、登りです。

今日はほんとに長いので、ゆっくりゆっくり登りましょう。

とね、そんなふうにゆっくり登っているうちに、まわりがだんだん明るくなって。

太陽が徐々に出てきましたね!(いきなり景色最高かよ!)

 

裏銀座・三ッ岳の日の出

 

05:10 三ッ岳

1時間くらい登って行くと、いったん登り(坂)も落ち着いて。

ここが三ッ岳山頂かしらん?と思ったら、三角点らしきものはあるけれど、どうやらここは頂上じゃないみたい。

まあ、頂上であれなんであれ、いずれにしても景色は最高

朝日雲海表銀座の山々。

パワーワードまんさいですね。朝から良いもの見れちゃいました(ごちそうさまです!)。

 

裏銀座・三ッ岳からの朝日 裏銀座・三ッ岳からの朝日・その2

 

ちなみにね、少し話は変わりますが、今歩いてる裏銀座山と高原地図だとややこしい。

と言うのも、

と地図がまたがっているのです。

なんなら剱・立山とかも山がかぶってて、「裏銀座」とか言うドンピシャな地図がほしい今日この頃です。

 

裏銀座・三ッ岳から野口五郎岳へ

 

まあ最近ならアプリ、山と高原地図アプリとかYAMAPとかジオグラフィカとかが便利すぎて、紙の地図はあまり見ないのですけど。

でも、もしものために(電源はいらない!とかね)紙の地図は買っていて。ですがばらけていると、たくさん地図を買わなきゃならなくて。

なんで、お財布的には「裏銀座」という1枚の地図に収まってほしいな~と、そう思うわけなのですよ。

 

裏銀座・三ッ岳稜線

 

三ッ岳の気持ちの良い稜線を歩いていくと、目の前に、野口五郎岳

左うしろには槍ヶ岳。右後ろは水晶岳かな?(鷲羽岳も見えてる?)

 

裏銀座・野口五郎岳と槍ヶ岳

 

コチラは三ッ岳西峰のある稜線コース(登り)と、お花畑コース(巻き道)との分岐点。

〇〇は高いところが好きって言う通り、稜線コースを選びましたよ!

 

裏銀座・稜線コースとお花畑コースの分岐 裏銀座・稜線コースとお花畑コースの分岐(看板)

 

三ッ岳西峰に向かう途中で見えた、光のシャワー

光のシャワーって表現であってますかね?たまにシャーとか言ってる人も見かけるのですが、これってなんて呼べばいいかな。

なんにせよ、ほれぼれしちゃうステキな光線。

天使が降りてくるのかな?(んなわけない)

 

裏銀座・光のシャワー(三ッ岳西峰より)

 

稜線コースは岩だらけ。

三ッ岳西峰ピークはどこだったのかな?

けっきょく三ッ岳、山頂標識は見つけられなかったので(ないのかな?)、どこが山頂かはわかりませんでした・・・。

 

裏銀座・三ッ岳西峰の稜線コース(烏帽子岳方面を振り返って撮っています) 裏銀座・三ッ岳西峰の稜線コース

 

野口の五郎さんが近づいてきた。

なんともなだらかな山容ですね。

 

裏銀座・野口の五郎さんが近づいてきた

 

左下をよ~く見ると、お花畑コース歩いてる、登山者たちが見えています。

 

裏銀座・野口五郎岳と槍ヶ岳

 

稜線コースはもちっと続く。

 

裏銀座・野口五郎岳のうしろには槍ヶ岳と穂高岳

 

稜線コースお花畑コースが合流し、目の間に見える2792ピークへ。

 

裏銀座・2792ピーク

 

ここで来た道振り返ってみる。

三ッ岳山頂わからないって言いましたけど、こうして見ると左の高いところが西峰で、右の台形が三ッ岳ピークですかね?(だれか答えをください)

 

裏銀座・稜線コース終点より、三ッ岳を振り返る

 

2792ピーク越えたら野口五郎小屋へ。

 

裏銀座・2792ピークの次は野口五郎小屋 裏銀座・野口五郎小屋目指して歩く

 

途中に突如現れた大きな石塊。

 

裏銀座・大きな石塊を越えて行く

 

石塊を乗り越えたあとに、振り返って撮ってみた一枚。

ここはちょうど目印になりそうですし、広さもあるのでほどよい休憩ポイントになりそうですね~。

 

裏銀座・三ッ岳と野口五郎岳の間にある大きな石塊

 

さらに進むと、ドーンと目の前に野口五郎岳

にしても、そろそろ野口五郎小屋、着いてもいい頃なんだけど。

全然視界に入りませんね~?

 

裏銀座・野口五郎岳

 

と思ったら、おお!あった!ありました!

野口五郎小屋、見えてきました!

ちょうどうまい具合に隠れてて、野口五郎岳近づいてったら麓にちゃんとありました。

 

裏銀座・野口五郎小屋、見えてきた!

 

06:57 野口五郎小屋

野口五郎小屋正面コチラです(回り込む感じです)。

けっこうここは広いのですが、残念ながらキャンプ(テント)は禁止。

ここでテント張れたなら、結構裏銀座、楽になると思うんだよな~。

1日目が長くなっちゃいますけど選択肢が結構増える気がする。

(小屋泊なら1日目ここまで来ちゃった方が楽な気がします)

 

裏銀座・野口五郎小屋入口 裏銀座・野口五郎小屋

 

小休憩済ませたら、そのまま野口五郎岳頂上行きましょう!

 

裏銀座・野口五郎岳山頂へ

 

岩がゴロゴロ五郎岳!(言いたかっただけ)

 

裏銀座・野口五郎は岩だらけ

 

山頂はあそこかな?

広~い尾根を歩きます。

 

裏銀座・ゴーロゴロの野口五郎岳

 

07:26 野口五郎岳山頂

はい着いた、着きました。

裏銀座3座目となる野口五郎岳(2座目は三ッ岳でした)。

 

裏銀座・野口五郎岳山頂

 

野口の五郎さんからの展望コチラ。

これから歩く稜線です!

左は槍ヶ岳で、右には笠ヶ岳

に挟まれた、奥に見えるのは乗鞍岳かな?

 

裏銀座・野口五郎岳からの槍ヶ岳、乗鞍岳、笠ヶ岳

 

野口五郎岳下ったところから、振り返って写真をパシャリ。

お椀のようななだらかな山頂。こっちから見てもなだらかですね。

 

裏銀座・野口五郎岳振り返る

 

まだまだ2日目続いていきますが、長くなるので一旦終了。

裏銀座3座目、野口五郎岳。無事に登頂完了です。

今日も一日、お疲れ様でした!

まとめ

今回は3泊4日裏銀座縦走の2日目序盤、烏帽子小屋から野口五郎岳のお話でした。

2日目、ロングコース序盤のここまでは、けっこう余裕で歩いてました(ここまでは)。

朝日もキレイだったし、赤く染まった三ッ岳もキレイだし。

野口の五郎さんもご機嫌でしたし百点満点の2日目スタート!

次回は野口五郎岳から真砂岳水晶岳のお話ですね。

是非是非次回も見てくださいね~!

ではまた!

ABOUT ME
kara
kara
karaです。山が好き!な週末だけの山登る人。日本百名山を中心に、いろんな山を楽しんでます。