裏銀座縦走2日目・ワリモ岳、鷲羽岳リベンジ登山

こんにちは。

裏銀座縦走の4話目となる今回は、水晶小屋から三俣山荘に向かうお話。

正直前回から1ヵ月近くぶりの更新となるので(しかも話の途中で止めるなって感じですよね汗)、忘れてしまった方も多かろうと。

ということでおさらいですが、わたし夏に、裏銀座縦走行ってきました。

1日目は高瀬ダムから烏帽子小屋に向かい、2日目は、烏帽子小屋から三ッ岳野口五郎水晶小屋と歩いてきました。

今回はその続き、ワリモ岳鷲羽岳を登って三俣山荘

ついに2日目終盤戦です!

前回のお話

こんにちは。裏銀座縦走の3話目となる今回は、野口五郎岳から水晶岳へと向かうお話。一応おさらいとして、裏銀座縦走1日目は、高瀬ダムから烏帽子小屋。烏帽子岳に登りました。縦走2日目は、烏帽子小屋からはじまり三ッ岳越えて、[…]

裏銀座・水晶岳(黒岳)

山のカテゴリ

北アルプス

 

主な山の基本情報

鷲羽岳(わしばだけ)

北アルプスの中央部にある標高2924mの山。日本名山に選ばれています。

今回のコースと地図

水晶小屋からワリモ岳を経て鷲羽岳へ。鷲羽岳からは三俣山荘へ下るコースです。

 

登山記録

11:55 水晶小屋

はい。ご無沙汰しております。やっと話の続きです。

水晶岳から一向に話が進みませんでしたが、ようやく1ヵ月ぶりになりますが次の場所へと進みます。

今回のスタート地点は水晶小屋です。ここからまずはワリモ岳へと向かいます(下りです)。

 

裏銀座・水晶小屋から鷲羽岳へ

 

前方には鷲羽岳、右手には雲ノ平とスゴイ場所ですワリモ岳

実は去年雲ノ平に登ったときも、ここには歩いてきてたんです。

ですがあいにく土砂降りで。景色はな~んにも見えませんでした。

今日は天気はもちそう?ですかね。どんな景色が見れるのでしょうか!?

 

裏銀座・水晶小屋から鷲羽岳の稜線

 

水晶小屋から下りきった場所から撮った一枚。

こうして見ると、水晶岳って大きいですよね。わたしも調べるまで全然知りませんでしたけど、2000m級の山では剱岳に続いてNo2です。

 

裏銀座・水晶岳を振り返る

 

ワリモ岳に向かう道。

右手に見えるあの山は、以前登った祖父岳かしらん(ライチョウにたくさん会えた山です)。

 

裏銀座・ワリモ岳、祖父岳

裏銀座・祖父岳

 

ゆる~やかに坂を登って行くと。

 

裏銀座・ワリモ岳

 

12:25 ワリモ北分岐

ワリモ北分岐に到着しました。

ここから3つに分岐します。1.これから向かう鷲羽岳、2.以前歩いた雲ノ平。3.今歩いて来た水晶岳ですね。

そしてここにはザックがたくさんデポってました。

鷲羽岳雲ノ平から来た人ですかね、これから水晶岳向かうのでしょう。

 

裏銀座・ワリモ北分岐

 

ワリモ北分岐から見た祖父岳黒部五郎岳(左奥)。

以前は黒部五郎歩きましたけど今回はあそこには向かいません。

あわせて読みたい

こんにちは。今日は日本最後の秘境・雲ノ平のお話、4日目最終日。前回3日目は、雨の中、雲ノ平キャンプ場から鷲羽岳、三俣蓮華岳と登り、黒部五郎小舎へと進んだお話でした。今回は、黒部五郎小舎から黒部五郎岳を登り、その後、赤[…]

 

裏銀座・祖父岳と黒部五郎岳

 

ワリモ岳ピーク、見えました。

あそこまで登れば今日は登りはあとひとつだけ(鷲羽岳のみ)。

 

裏銀座・ワリモ岳頂上へ

 

思い返せば2日目結構長かった(まだ終わってませんが)。

1日目は烏帽子岳1山しか登らないけれど、2日目は6山登ります。

1.三ッ岳、2.野口五郎岳、3.真砂岳、4.水晶岳、5.ワリモ岳と登って最後に6.鷲羽岳

 

裏銀座・ワリモ岳頂上へ、その2

 

本日5山目ワリモ岳

 

裏銀座・ワリモ岳頂上へ、その3

裏銀座・ワリモ岳頂上へ、その4

 

ちなみにコチラはワリモ岳から水晶岳です。

こうやって見ると、結構歩いてきてますね~。

 

裏銀座・ワリモ岳から来た道を振り返る

 

12:48 ワリモ岳山頂

水晶小屋から1時間弱。本日5山目ワリモ岳

山頂岩が多いです。岩には藻みたいのはえてます(ワリ藻?割物岳だから違いそうですね・・・)。

 

裏銀座・ワリモ岳山頂

裏銀座・ワリモ岳山頂標識

 

ワリモ岳から鷲羽岳望む。

なんだか雲が多くなってきた。

なんとかもってくれ!頼みますから!

 

裏銀座・ワリモ岳から鷲羽岳

 

こちら側からはに見えません、鷲羽岳

三俣蓮華岳からなら羽広げたのように見えるのですけどね~。

 

裏銀座・鷲羽岳

 

ワリモ岳から少し下って、2日目最後の登りです。

黙々と、鷲羽岳山頂目指しましょう。

 

裏銀座・鷲羽岳山頂へ

 

ここは急登ではないのだけれど、地味~につらい道のりです。

2日目終盤戦になりますからね。だいぶ疲れているのでしょう。

牛の歩みで進みます。

 

裏銀座・鷲羽岳山頂へ、その2

 

少し進んでは小休憩。下の写真は、鷲羽岳の途中から撮った、ワリモ岳

ワリモ岳の右後ろには水晶岳です。

天気なんだかあやしくなってきた。鷲羽岳は晴れてくれない?

 

裏銀座・鷲羽岳からワリモ岳、水晶岳

 

いや、前方は晴れている!

信じて山頂目指します。

 

裏銀座・鷲羽岳山頂へ、その3

 

13:24 鷲羽岳山頂

と言うことで、結果はどうなったかと言いますと。

う~ん・・・、晴れ?

 

裏銀座・鷲羽岳山頂

 

雲はちょっと多いですけど晴れているっちゃ~晴れている。

(少なくとも前回よりは晴れている)

 

裏銀座・鷲羽岳山頂標識

 

鷲羽池 ”は” バッチリ見えた。

鷲羽池はね・・・。

本当は、うしろにが見えたはず。それはそれはカッコいいお様が!(涙)

 

裏銀座・鷲羽池

 

まあなんにせよリベンジ成功?ですかね。

鷲羽池ごしの、様は次回以降のお楽しみってことで。

全部が完璧なんて難しいからね。たまには良いんじゃない?こう言うことも。

で、話は進んで鷲羽岳からお次の場所へ。

遥か下に見えている、三俣山荘に下りて行きます。

 

裏銀座・鷲羽岳から三俣山荘へ

 

ここの下りは結構シンドイ。

1時間かかる急坂下ります。

 

裏銀座・鷲羽岳からの三俣蓮華岳

 

下り長いと膝にきます。いくら歩いてもなかなかシンドイ。

 

裏銀座・鷲羽岳を振り返る

 

無心で下って麓に到着。あとは小屋を目指すだけ~。

 

裏銀座・三俣山荘へと至る道

 

14:15 三俣山荘

水晶小屋から2時間20分かけて三俣山荘

ここは人がたくさん!大人気です!

情熱大陸にもでましたからね、黒部の山賊ですねわかります。

 

裏銀座・三俣山荘

 

ちなみに、三俣山荘には14時到着でしたが、ほとんどテン場、空きがありませんでした

なんとか斜めになりながらも場所は確保できましたが、夏来られるかたは充分ご注意ください。

とくに裏銀座から同じコースでテントで縦走される方は気を付けてください。

かなりがんばらないと、テント張る場所ないかもですよ・・・。

 

裏銀座・三俣山荘テント場からの鷲羽岳

 

なんにせよ、いろんな意味で長かった2日目も、これにてついに終了です。

今日も一日、お疲れ様でした~!

まとめ

今回は3泊4日裏銀座縦走の2日目終盤戦、水晶小屋からワリモ岳鷲羽岳登って三俣山荘のお話でした。

いや~2日目長かった!

結果として休憩入れて、行動時間は10時間と30分。

15.5km歩いて、1000m登って1000m下りた、アップダウンが多かった道のり。

次回は3日目、ついに槍ヶ岳に登ります!長かった裏銀座も後半戦です!

次回のお話

こんにちは。裏銀座縦走の5話目となる今回は、三俣山荘から三俣蓮華岳、双六岳を登って双六小屋に向かうお話。3日目前半戦のお話ですね。3日目はこのあとメインの槍ヶ岳まで登るのですが、いや~この前半戦、天国かな?と思うくら[…]

裏銀座・双六岳の稜線

ではまた!

裏銀座・水晶小屋からワリモ岳、鷲羽岳へ
最新情報をチェックしよう!