日本最後の秘境「雲ノ平」へ・最終日、見事なカールの黒部五郎岳・3泊4日テント泊登山

こんにちは。

今日は日本最後の秘境・雲ノ平のお話、4日目最終日。

前回3日目は、雨の中、雲ノ平キャンプ場から鷲羽岳三俣蓮華岳と登り、黒部五郎小舎へと進んだお話でした。

今回は、黒部五郎小舎から黒部五郎岳を登り、その後、赤木岳北ノ俣岳太郎山を縦走。

最後は折立に下山と言う、西銀座ダイヤモンドコースを逆に進んで行く感じ。

前日まで天気がいまいちでしたが、今日最終日はいかがでしょうか!?

前回のお話

こんにちは!今回も前回から引き続き、北アルプスにある秘境・雲ノ平のお話、3日目です。前回2日目では、折立からスタートした長いこの山行の目的地・雲ノ平に、ついに、ついに到着したのです!雲ノ平では雲ノ平キャンプ場にテント[…]

山のカテゴリ

北アルプス

 

主な山の基本情報

黒部五郎岳(くろべごろうだけ)

岩がゴーロゴロが名前の由来の山。日本名山花の名山。標高2839.7mの山で、別名、中ノ俣岳

今回のコースと地図

1日目:折立(標高1350m)→太郎平小屋→薬師峠キャンプ場(標高2294m)→薬師岳山荘→薬師岳(標高2926m)→薬師峠キャンプ場

2日目:薬師峠キャンプ場→薬師沢小屋→祖母岳(標高約2560m)→雲ノ平山荘→雲ノ平キャンプ場

3日目:雲ノ平キャンプ場→祖父岳(標高2825m)→ワリモ岳(標高2888m)→鷲羽岳(標高2924.4m)→三俣山荘→三俣蓮華岳(標高2841.4m)→黒部五郎小舎

4日目:黒部五郎小舎→黒部五郎岳(標高2839.7m)→赤木岳(標高2622m)→北ノ俣岳(標高2661.3m)→太郎山(標高2373m)→太郎平小屋→折立

  • 技術度 :
  • 体力度 :

10時間越えのロングコース。1800mくだるので、膝痛くならないように行きましょう。

  • 景観  :

今回一番の良い天気!黒部五郎岳良く見えました!

  • アクセス:
  • 混雑度 :

黒部五郎小舎から太郎平小屋までは静かな山行楽しめました。

  • 標準コースタイム:10時間5分
  • コースの距離:18.6km
  • 最小標高: 1365m
  • 最大標高: 2846m
  • 累積標高(登り):914m
  • 累積標高(下り):1891m

 

登山記録

Day 4

05:12 黒部五郎小舎

天気は晴れ!

晴れですよ!晴れ!こんなにうれしいことはない。

前回大雨、前々回は曇りと天気がすぐれない中の山行が続いていたので、今日はほんとにうれしいです。

今日はこの長かった雲ノ平の山行の最終日。

黒部五郎小舎から折立まで、西銀座ダイヤモンドコースを逆方向に進みます。

と言うことで、まずは黒部五郎岳向かいましょう!

 

雲ノ平・黒部五郎小舎から黒部五郎岳カールコースへ

 

とその前に、晴れの黒部五郎小舎、撮っときましょう。

出発前の、人がたくさん集まってますね。

みなさん今日はどちらかな?

三俣蓮華岳行って、槍ヶ岳に行くのか、鷲羽岳に向かうのか。

どちらにしても、今日は良い天気でうらやましい。

わたしたちが見れなかった、かっこいい山容見てきてください!

 

雲ノ平・黒部五郎小舎

 

こちらは黒部五郎小舎の先に見えた笠ヶ岳

こちらも名山になりますね。

今シーズン、雪が降る前までに、この笠ヶ岳も登る予定(天気に恵まれれば、ですが。今回の山行で自分が雨男なんじゃないかって気がしてきました、、)。

 

雲ノ平・黒部五郎小舎付近から見た笠ヶ岳

 

黒部五郎岳カールコース、しばらく道なりに進んで行くと。

名前の通りのすごいカールが見えてきました!

 

雲ノ平・黒部五郎岳カールコース

 

わたしたちの後ろから、太陽あがってきましたね!

何日ぶりかの太陽です。

やっぱ空は青くなくっちゃ!

 

雲ノ平・ひさかたぶりの太陽です

 

黒部五郎岳のカール、だんだん全貌見えてきました!

テンションあがる~。

 

雲ノ平・黒部五郎岳カールの全貌が見えてきました!

 

ほんとカールが壮大過ぎて。

うれしくて似たような写真を何枚も撮っちゃう。

 

雲ノ平・黒部五郎岳の壮大なカール

 

山頂はカールの上になります。

あそこに登って行きましょう。

 

雲ノ平・黒部五郎岳の山頂はカールの上

 

あれれちょっとおかしいな。

山頂に近づいて行くたびに、ガスがちょっとでてきたような?

 

雲ノ平・黒部五郎岳、ガスってきたような?

 

いいやきっと気のせいだ。

だって後ろはほらね晴天!

 

雲ノ平・黒部五郎岳の壮大なカール・後ろ側

 

それではカールを登りましょう。

上のガスは気にしない。気にしない。

 

雲ノ平・黒部五郎岳の壮大なカールを登り始める

 

ここはちょっとがんばる登り。

カールを直登する感じです。

そう言えば、昨日は雨で見れませんでしたけど、三俣蓮華岳にもカールがあったみたいです。

薬師岳にもカールあるので、このあたりは氷河が多かったんですかね。

氷河・カールと言えばですけど、近いところだと北アルプスは、立山山崎カール槍ヶ岳槍沢カール涸沢カール

中央アルプスだと千畳敷カール南アルプスなら仙丈ヶ岳のカールも見事でしたね。

あわせて読みたい

こんにちは。今回は前回から引き続き、令和最初の登山、立山の山行のお話です。前回は室堂から雷鳥沢キャンプ場へと向かい、その後奥大日岳を登ったお話。今回はキャンプ場から称名川(しょうみょうがわ)沿いを歩いて雄山を目指すお[…]

残雪期・立山(雄山)
あわせて読みたい

こんにちは。今回は9月に登った上高地から槍ヶ岳、そして涸沢にも行っちゃった2泊3日の山行です。尖った姿が印象的な、北アルプスを代表する山、槍ヶ岳。そして紅葉と言ったら涸沢でしょうと、そんなすごい2つの山を、贅沢にも一[…]

槍沢からの槍ヶ岳
あわせて読みたい

こんにちは。今回は厳冬期の中央アルプス・木曽駒ヶ岳の山行です。先日、赤城山の"駒ヶ岳"に登ってきたので、(天気も良いし)今日は"駒ヶ岳"のNo2、木曽駒ヶ岳に登りにきました。(ちなみに"駒ヶ岳"のNo1は、僅差で甲斐[…]

厳冬期・木曽駒ヶ岳
あわせて読みたい

こんにちは。今回は南アルプスの女王と呼ばれる仙丈ヶ岳の山行です。北アルプスの女王「燕岳」と比べるとコチラはスケールが違います。燕岳が花崗岩の白い肌でちょっとツンとした貴賓がある女王だとしたら、こちら仙丈ケ岳は母性溢れる包み込[…]

仙丈ヶ岳、小仙丈沢カール

 

雲ノ平・黒部五郎岳のカールを登る!

 

カールの登りもあとちょっと。

黒部五郎の肩はあそこかな?

 

雲ノ平・黒部五郎の肩が見えてきた!

 

そのとき後ろからおーっと歓声聞こえてきたので、周りを見渡して見てみると。

なんとこの山行はじめての、槍ヶ岳が見えてきましたよ!

いや〜、槍は良いですね!

どこから見ても、わかります。

 

雲ノ平・黒部五郎岳から見えた槍ヶ岳

 

穂高の山もちょっとだけ見えていたのですが、しばらくすると雲に中に隠れてしまって。

でもまあちょっとだけでも見れたから、今日は良しとしましょうか。

話は戻って登りましょう。

カールの上まであと少し!

 

雲ノ平・黒部五郎岳のカールの上まであと少し

 

07:14 黒部五郎の肩

黒部五郎の肩、到着です!

○○の肩って言えば、北岳にも肩ってところがありましたよね。

 

雲ノ平・黒部五郎の肩

 

黒部五郎の肩にザックをデポして、山頂アタックはじめます。

ここから山頂、だいたい10分くらいですかね。

 

雲ノ平・黒部五郎の肩から山頂アタック開始です

 

山頂付近は名前の通りの岩がゴロゴロ。

ゴーロゴロの黒部五郎岳

 

雲ノ平・岩がゴロゴロ黒部五郎岳

 

07:26 黒部五郎岳山頂

名山、42座目は黒部五郎岳

黒部五郎小舎から2時間ちょっとで山頂でしたね。

景色がとっても良かったので、久々に気持ちの良い登りになりました!

 

雲ノ平・黒部五郎岳の山頂

 

山頂標識コチラです。

槍ヶ岳とか、剱岳と同じ感じで手にもつタイプの山頂標識。

あわせて読みたい

こんにちは。今回は、室堂から乗り物を乗り継ぎ、堂所から歩いていった剱岳のお話です。「一般登山者が登る山のうちでは危険度の最も高い山」、なんて言われる剱岳。(諸先輩方がいるとしても)登山1年目にしてチャレンジするような[…]

剱岳・前剱からの剱岳山頂

 

雲ノ平・黒部五郎岳山頂標識

 

山頂から見た笠ヶ岳。だいぶ霞んできてますね。

今まで、気にしないようにしてたのですけど、何日か前の天気予報では、夕方からは雨の予報。

 

雲ノ平・黒部五郎岳から見た笠ヶ岳

 

山頂ゆっくりしていられません。

雨が降ってくるまでに、下山を完了させたいところ。

まずはザックが置いてある、黒部五郎の肩向かいましょう。

 

雲ノ平・黒部五郎の肩へ再び向かう

 

黒部五郎の肩からは、折立に向かって降りていきます。

目の前の稜線ひたすら歩いて太郎平まで行きましょう。

 

雲ノ平・黒部五郎岳から太郎平へ向かいましょう

 

黒部五郎岳、急登下ります。

写真は肩を振り返ったところ。

太陽に、飛行機雲がかかってますね。

 

雲ノ平・黒部五郎岳の急登(下り)から肩を見る

 

太郎平へ到る道。

太郎平小屋も遠くに見えて、気持ちのいい稜線歩きができそうです。

 

黒部五郎岳・太郎平へ到る道、太郎平小屋も見えました

 

ひたすら高度を落としたあとは、アップダウンが続きます。

中俣乗越越えて行って、しばらく歩いて進んで行くと。

左手には人だかり。右手には薬師岳が見えますね。

 

雲ノ平・赤木岳からの薬師岳

 

赤木岳の山頂近く。

地図にはピークは巻くよとあって、山頂標識の代わりなのかコチラの標識ありました。

 

雲ノ平・赤木岳

 

09:41 赤木岳山頂

ですが、先ほどの人だかり、山頂に登っていたような気が。

さっきの標識上の方は、大きな岩がゴロゴロしてますが、登れないこともないみたい。

と言うことで、気をつけながら登って行くと、こんな祠?がありました。

ここがほんとの山頂みたい。

見えてた人たちここで休憩してました。

 

雲ノ平・赤木岳山頂

 

赤木岳、山頂からの薬師岳

4日前に登ったところ。

あわせて読みたい

こんにちは。ひさびさ、1ヶ月ぶりくらいの更新になりますね。プライベートで引っ越しやらなんやら、しかも引っ越した先でネット激遅と更新がなかなかできませんでした。。そんな1ヶ月の間にも、山はちゃんと?行ってます。[…]

 

雲の平・赤木岳、山頂からの薬師岳

 

折立までの、残る山はあと2山。

北ノ俣岳太郎山

なんだか名残惜しいです。

とこのあたりから、後ろの方でゴロゴロ聞こえる。

夕方まではなんとかもって、濡れずに下山をしたいところ。

サクサクお次に進みましょう。

 

雲ノ平・赤木岳から北ノ俣岳へ

 

10:49 北ノ俣岳(上ノ岳)

はい、北ノ俣岳山頂です。

黒部五郎小舎からは5時間以上経っていたので、この辺りでご飯休憩とりました。

 

雲ノ平・北ノ俣岳山頂

 

ご飯を食べて、元気を回復!

残る山は太郎山のみ!

どんどん進んで行きましょう!

とここで、急に雨が降ってきた。

はじめはポツポツくらいだったんですけど、嫌な予感がしてきてたので、ザックカバーにレインウェア。

完全防水に着替えます。

 

雲ノ平・北ノ俣岳から太郎山へ

 

やっぱり雨が降ってきました。

それもかなりの土砂降りで。

最後くらい、降らない日だってあってもいいじゃん!!(涙)

 

雲ノ平・北ノ俣岳から太郎山へ・やっぱり雨に降られました

 

時間にしたら、30分くらいの雨でした。

ですが、雲はあいかわらずで、どんどん視界が悪くなる。

 

雲ノ平・北ノ俣岳から太郎山へ・雨はほんと勘弁願いたい

 

雨がも一度降ってくる前に、太郎平小屋まで行きたいところ。

レインウェアは蒸し蒸しするし、なんだか疲れてきますよね。

 

雲ノ平・北ノ俣岳から太郎山へ・レインウェアはあついです

 

12:30 太郎山山頂

さらに歩いて20分。太郎山に到着です。

天気はなんとか持ちました。

ちなみにコチラ太郎山。ちょっと気の毒な山頂です。

景観ないとかそう言ったことではなくて、あまり人がここにこない。

今日雨だから、天気が悪いから、とたまたまだったら良いのですが。

太郎山山頂と太郎平小屋の分岐がちょっと前にあるんですけど、みんな迷わず太郎平小屋へ。

10人くらいいた中で、山頂行ったのわたしを入れて2人だけ。

がんばれ太郎!五郎に負けるな!

 

雲ノ平・太郎山山頂

 

太郎山山頂その後は。

坂を降って太郎平小屋へ。

ついにここまで。

感慨深いものがあります。

 

雲ノ平・太郎山から太郎平小屋へ

 

黒部五郎岳雲ノ平の合流地点はコチラです。

わたしは帰って来たんだぞ〜。

 

雲ノ平・黒部五郎岳と雲ノ平の合流地点

 

12:42 太郎平小屋

2日ぶりの太郎平小屋に到着です!

 

雲ノ平・2日ぶりの太郎平小屋

 

ここでゆっくりしたいところだったのですが。

本格的な雨が降ってくる前に、下山をしたいわたしたち。

疲れた体にムチ打って、折立下山を開始します。

 

雲ノ平・太郎平小屋から折立へ

 

太郎平小屋から折立は、3時間くらいの下りです。

行きは雨で、景色がまったく見えなかったので帰りにちょっと期待です。

 

雲ノ平・太郎平小屋から折立は3時間くらいの下りです

 

三角点ベンチまでは、気持ちのいい草原歩きです。

木道、きれいな石畳の道と、整備された道を行く。

 

雲ノ平・三角点ベンチまでは草原歩き

 

業者さんが、道を修繕してました。

こういう方達ががんばって直してくれているから、わたしたちが安全に歩けて、楽しい山行できるんですよね。

本当感謝。ありがとうございます。

 

雲ノ平・道を修繕する業者さん・本当感謝です!

 

有峰湖が見えてきた!

こんな景色、なんですね〜。

 

雲ノ平・草原から有峰湖

 

14:36 三角点ベンチ

三角点ベンチに到着です!

太郎平小屋からは下りしかないと思っていたので、この三角点ベンチの登り返しはキツかった。

やっぱりさすがに疲れてるみたい。

でも、ここまでくれば、折立まではあと1時間。

気合いを入れて下りましょう。

そうそう、これがあった、忘れちゃいけない。

太郎坂にはアラレちゃん

アラレちゃんを探しましょう!

 

雲ノ平・三角点ベンチ

 

三角点ベンチからは樹林帯。

その樹林帯の、登山口までの中間くらい?

ついに発見!則巻アラレ

 

雲ノ平・太郎坂のアラレちゃん発見!

 

何か文字が書いてある。

薬師岳大好き!アラレちゃん。

 

雲ノ平・薬師岳大好き!アラレちゃん

 

アラレちゃんのクオリティ。

コチラはノーコメントでお願いします。

 

雲ノ平・最後にも一度アラレちゃん

 

15:44 折立

そしてそのまま下り続けて、折立についに到着です!

 

雲ノ平・折立

 

いや〜、下りが長かった。

登りだけで終わる山ってないのかな?下りはそれくらい苦手です。

何はともあれ長かった、3泊4日の登山は終了!

今日も一日、お疲れ様でした!

まとめ

今回は雲ノ平の山行、最終日でした。

なんとか黒部五郎岳山頂まで天気がもってくれたことが、せめてもの救いでしょうかね。

総括別途書くとして、今日のまとめはコチラの一言。

「終わり良ければすべて良し!」

雲ノ平チャレンジ完了です!

勝手に採点

わたし勝手に今回の山行を採点しました!

  • 満足度 :

黒部五郎岳、見事なカールの山でした。

 

雲ノ平・黒部五郎岳のカール

 

以上、本日の山行記録でした。

ではまた!

最新情報をチェックしよう!