南アルプスの女王「仙丈ヶ岳」・北沢峠から日帰り登山

こんにちは。

今回は南アルプスの女王と呼ばれる仙丈ヶ岳の山行です。

北アルプスの女王「燕岳」と比べるとコチラはスケールが違います。燕岳が花崗岩の白い肌でちょっとツンとした貴賓がある女王だとしたら、こちら仙丈ケ岳は母性溢れる包み込むイメージ、おおらかな女王のイメージとでも言いましょうか。

南アルプスにあるヤンチャな鳳凰三山(3人兄弟)をなだめつつ、南アルプスの貴公子ことこちらもツンとしたイメージですかね、甲斐駒ヶ岳

北岳・間ノ岳・農鳥岳らの大きい大きいお父さん、オジサンたちも優しく見守り包み込む。そんな母のイメージです。

ちなみに仙丈ヶ岳は標高3,033mありますが、数ある3000m峰の中でも尾根が広く整備され、かなり登りやすい部類になるのではないでしょうか。

今回は山初心者の2人(D君・Sちゃん)引き連れて、連日登山、北沢峠から登ってみました!

山のカテゴリ

南アルプス

 

主な山の基本情報

仙丈ヶ岳(せんじょうがたけ)

南アルプスの女王と呼ばれる標高3033mの山。日本名山新日本名山。ほかには花の名山新・花の名山山梨名山信州名山などに選ばれています。

今回のコースと地図

北沢峠(標高2030m)から大滝ノ頭小仙丈ヶ岳(標高2855m)を経て、仙丈ヶ岳(標高3032.9m)へ。下山は仙丈小屋から、馬の背ヒュッテ仙丈薮沢小屋大滝ノ頭を経て北沢峠に至るコースです。

  • 技術度 :
  • 体力度 :

登山道が広くてわかりやすいので、登りやすい山ですね。

  • 景観  :

南アルプスの山々だけでなく、八ヶ岳北アルプスも見えちゃいますよ!

  • アクセス:
  • 混雑度 :

自動車では、中央自動車道・諏訪ICから国道152号を通って仙流荘へ。仙流荘からはバスで北沢峠へ向かいます!

  • 標準コースタイム:7時間25分
  • コースの距離:9.7km
  • 最小標高: 2047m
  • 最大標高: 3041m
  • 累積標高(登り):1032m
  • 累積標高(下り):1049m

 

登山記録

04:40 仙流荘

天気は快晴!

以前わたしとhirooneはこの仙丈ヶ岳に登ったことがあるのですが、見事に雨に降られたので2度目となる登山です。

今日はメンバーに先日の北八ヶ岳・天狗岳から引き続き、晴れ男・晴れ女のD君、Sちゃんと招集(連行?)し、ここ仙流荘から南アルプス仙丈ヶ岳に挑みます。

あわせて読みたい

こんにちは。今回は自身3回目となる北八ヶ岳最高峰の天狗岳の山行です。天狗岳って、北八ヶ岳と南八ヶ岳のちょうど真ん中くらいに位置する山で、山頂からはそれぞれの山が一望できます。さらに!夏も冬も登れる山で、テン伯[…]

東天狗岳・西天狗岳・西尾根の樹林帯はまるでジブリの世界
あわせて読みたい

こんにちは。今回は南アルプスの女王、仙丈ヶ岳の記録です。前日、甲斐駒ヶ岳も行っているので良ければこちらもあわせてどうぞ![sitecard subtitle=あわせて読みたい url=https://karalog.[…]

甲斐駒ヶ岳からの仙丈ヶ岳

 

仙丈ヶ岳・仙流荘前から北沢峠行きのバスを待つ

 

06:00 北沢峠・こもれび山荘

仙流荘近くの駐車場は3連休中日ということもあり、尋常じゃないくらい混雑していました

ここの駐車場かなり大きい駐車場となるのですが、「それでも車停められないかも?」と不安になるくらいの混雑ぶり。

ですが、係りの方に駐車場のさらに先、農道の方まで誘導されて、なんとか駐車することができました(まずは一安心)。

あとから駐車場の方に聞いた話だと、今日来た組と昨日からの宿泊組あわせて、600台以上車が停まっていたそうです!

ここ仙流荘広河原と同じく南アルプスの玄関口。甲斐駒ヶ岳北岳など目指す人も沢山いるので早め早めがベストですね。

 

仙丈ヶ岳・北沢峠、こもれび山荘

 

06:18 北沢峠・登山口

車を停めたあとは、仙流荘前から北沢峠行きのバスに乗り込んで。

乗って50分くらいですかね、北沢峠こもれび山荘前にビューンと到着!

こもれび山荘前、登山口前で準備をしたら、さっそくそれでは、登山開始です!

 

仙丈ヶ岳・仙丈ヶ岳登山口

 

仙丈ヶ岳二合目までは、ゆるやかな登り(樹林帯)が続きます。

D君、Sちゃん、前日の天狗岳のダメージ残ってましたが、なんとか登っていけてるみたい(良き良き)。

 

仙丈ヶ岳・一合目の手前。六合目までは樹林帯です

 

ゆっくりのペースで行きましょう。無理は禁物油断大敵。

二合目すぎてしばらくすると、だんだん傾斜がきつくなる。

そんなときにちょうどファイト!の看板。みんなここからキツイのでしょうね~。

 

仙丈ヶ岳・ファイト!

 

三合目すぎて四合目、良いペースで登れています。

が、しかし。

四合目の途中あたりから、岩がゴロゴロ歩きにくい~。

 

仙丈ヶ岳・四合目

仙丈ヶ岳・四合目をすこし行くと、岩が多くなってきた

 

08:02 大滝ノ頭

ゴロゴロ岩を登り続けてしばらく進むと。大滝頭馬の背小仙丈ヶ岳の分岐ですね、に到着しました!

わたしたちはと言いますと、まずは小仙丈ヶ岳に向かいます!(馬の背は帰りに通りますよ)

 

仙丈ヶ岳・大滝頭

仙丈ヶ岳・大滝頭から小仙丈ヶ岳へ

 

08:28 六合目

ドンドコ登って六合目、森林限界超えました!

来た道振り返ってうしろを見ると、まずはドドン!と目の前甲斐駒ヶ岳。さすが貴公子!カッコいいです!

あの花崗岩の山肌が、なんとも言えない雰囲気(貴賓)をだしてます。

あわせて読みたい

こんにちは。前回更新からだいぶ時間が経ってしまいましたが、って前回もこんなブログのはじまりでしたね。まあ気にせず続けて、ハイ。今回はですね、南アルプスにある日本百名山・甲斐駒ヶ岳のお話です!実はこの山行、平成最後の登[…]

残雪期・甲斐駒ヶ岳

 

仙丈ヶ岳・仙丈ヶ岳の六合目

仙丈ヶ岳・仙丈ヶ岳六合目からの甲斐駒ヶ岳

 

甲斐駒ヶ岳からさらに左奥に目を凝らすと、南八ヶ岳まで見えていました!

硫黄岳から阿弥陀岳まで。これは眼福、眼福じゃのう~!

あわせて読みたい

こんにちは。kara(@karalog2018)です。今回は少し趣向を変えて、以前登った南八ヶ岳をご紹介したいと思います。南八ヶ岳なので夏沢峠より南側。山で言えば硫黄岳・横岳・赤岳・権現岳・編笠山などが含まれますね。深田久弥さんが選定した「[…]

あわせて読みたい

こんにちは。kara(@karalog2018)です。今回は久々ですね。八ヶ岳の南に位置する編笠山・権現岳・三ツ頭の山行となります。前回、おととしは見事に編笠山山頂からガスってしまい、虚無な山行となりました。今回は快晴!はじめて編笠山・権現[…]

編笠山・権現岳・編笠山山頂

 

仙丈ヶ岳・仙丈ヶ岳六合目からの南八ヶ岳(硫黄岳、横岳、赤岳、中岳、阿弥陀岳)

 

さらにさらに!

甲斐駒ヶ岳の右後ろには、鳳凰三山あるじゃないですか!

目立つ地蔵岳のオベリスク!わかりやすくて助かります。

あわせて読みたい

こんにちは。今回は7月に1泊2日、テントで登った南アルプス・鳳凰三山のお話です。鳳凰三山(地蔵岳・観音岳・薬師岳ですね)を青木鉱泉からドンドコ沢を登って三山縦走してきたのですが、いや~、これは・・・最高ですね!地蔵岳[…]

鳳凰三山・地蔵岳のオベリスク

 

仙丈ヶ岳・仙丈ヶ岳六合目からの鳳凰三山(地蔵岳、薬師岳、観音岳)

 

まだまだ見える、仙丈ケ岳。ほかには北アルプスの山々、槍ヶ岳まで見えちゃいましたw

(今日も槍は尖ってました!)

あわせて読みたい

こんにちは。kara(@karalog2018)です。山々の紅葉が徐々にピークを越え、晩秋を迎える頃となりますが、ちょうど1ヶ月前、9月・常念岳日帰りのお話です。コースは3回目になりますか、一ノ沢からのピストンです。天候は前半ガスガスで、前[…]

常念岳・常念岳山頂からの穂高岳、槍ヶ岳
あわせて読みたい

こんにちは。裏銀座縦走の6話目となる今回は、いよいよ大詰め!双六小屋から樅沢岳、西鎌尾根を通っての、槍ヶ岳登るお話です。夏のお盆時期に登ったはずの裏銀座、ブログでここまで引っ張るなんて、ほんと延々引き延ばしちゃいました・・・[…]

裏銀座・西鎌尾根から槍ヶ岳

 

仙丈ヶ岳・仙丈ヶ岳六合目からの北アルプス

 

なにかもう六合目にしておなかがいっぱい。満足度100%ですw

ですが、山頂まだまだ先です。

足を停めず、目の前に広がるあの丘のような、小仙丈ヶ岳に登りましょう!

 

仙丈ヶ岳・六合目から小仙丈ヶ岳へ

 

鋸岳八ヶ岳甲斐駒ヶ岳等々と、豪華な山々背にして登る。

ちなみに後ろの甲斐駒ヶ岳のふもとには、北沢峠長衛小屋のテント場があります。

いつか(わたし “いつか”、こればっかですけどw)長衛小屋をベースキャンプとして、1日目甲斐駒ヶ岳、2日目仙丈ヶ岳と贅沢セット、やってみたいな~!

 

仙丈ヶ岳・鋸岳、八ヶ岳、甲斐駒ヶ岳と豪華な山々をバックに登ります

 

09:17 小仙丈ヶ岳

小仙丈ヶ岳からの尾根は、きれいな緑のハイマツの尾根。

遠くから見ると「きれいだな~」って思うのですが、近くで歩くとハイマツの背が意外に高くてなにも景色見えません(山あるある)。

そんなハイマツの中を、ひたすらジグザグ登って行くと、小仙丈ヶ岳に到着しましたよ!

 

仙丈ヶ岳・小仙丈ヶ岳

 

こちらの写真は小仙丈ヶ岳からの小仙丈沢カール

ほんとこれ毎回思うんですが、アルプスってスケールでかいです!

 

仙丈ヶ岳・小仙丈ヶ岳からの小仙丈沢カール

 

南アルプスの女王仙丈ヶ岳

その名で呼ばれる理由がわかる。ほんとう優雅なたたずまい。

上品さとやさしさと、兼ね備えた山ですね。

 

仙丈ヶ岳・南アルプスの女王

仙丈ヶ岳・小仙丈ヶ岳から仙丈ヶ岳山頂を目指す

 

小仙丈ヶ岳から仙丈ケ岳山頂へと向かう途中で、日本ベスト3(標高ベスト3)が見えました!

No1富士山とNo2北岳No3間ノ岳農鳥岳です(北岳間ノ岳農鳥岳白峰三山です)。

すばらしく贅沢な眺めですね!

 

仙丈ヶ岳・仙丈ヶ岳から見る富士山と白峰三山(北岳、間ノ岳、農鳥岳)

 

八合目からは、ぐんぐん標高上げていきます。

そうそうそういえば。小仙丈ヶ岳の尾根あたりから家族連れ(ちびっ子たち)が何人かいて。

小学生くらいの女の子に、4、5歳くらいの男の子。他には2、3歳くらいの女の子や、も少し上の男の子まで。

お父さんお母さんに連れてこられて、イヤイヤ登っていましたが、大きくなったらいい思い出になるんだろうな~(うらやましい)。

 

仙丈ヶ岳・八合目

仙丈ヶ岳・ちびっ子たちもがんばって登ってます!

 

向こうのほうには人だかり。どうやらあそこが山頂みたい。

尾根沿い歩いて行きましょう!

 

仙丈ヶ岳・仙丈ヶ岳の山頂見えた!

仙丈ヶ岳・仙丈ヶ岳の最後の登り

 

10:37 仙丈ヶ岳山頂

D君、Sちゃんお疲れ様です!仙丈ヶ岳の山頂ですよ!

たくさん人が座ってますね~。ほんと人気な山なんですね!(前回来たときは雨だったので、ほとんど人がいなかったのです)

 

仙丈ヶ岳・仙丈ヶ岳山頂

 

こちらは今回は行けませんでしたが、大仙丈沢カール大仙丈ヶ岳になりますね。

大仙丈ヶ岳をさらに先へと歩いていくと、仙塩尾根塩見岳があるそうです。塩見岳日本名山なので、いつか登りに行きたいですね~。

 

仙丈ヶ岳・大仙丈沢カール、大仙丈ヶ岳

 

まだまだ名残惜しいのですが、バスの時間もあるのでそろそろ下山といたしましょう。

まずは、仙丈小屋まで下りますよ~。

 

仙丈ヶ岳・仙丈ヶ岳山頂から仙丈小屋へと至る道

 

下り途中で、尾根から山頂振り返って見る。

ほんとうに今日は、たくさん人が登ってますね!

どのくらい仙丈ヶ岳、登っているんだろう?

 

仙丈ヶ岳・仙丈小屋へ向かう道から振り返っての仙丈ヶ岳山頂

 

ざっくりですが考えてみましたw

朝、仙流荘に600台の車がありました(担当の方談)。1台まあ平均2人と仮定して、それで登山客は約1200人。

芦安奈良田広河原経由で来た人や、車以外できた人もいるはずだから、プラス100人、1300人近くはいるのかも?

まあでも甲斐駒ヶ岳もあるからその半分として、だいたい650人くらいですかね?

あまりにもざっくりな計算ですが、650人だったらすごい人数ですねw

 

仙丈ヶ岳・藪沢カールの麓にある仙丈小屋

 

11:07 仙丈小屋

ちまちまいろいろ考えてたら、仙丈小屋に着いていました。

目の前には名前のとおり、ノコギリみたいな鋸岳と、甲斐駒ヶ岳がよく見えました。

ちなみにこれは余談ですけど、この小屋のスタッフさん、みんながみんなイケメンでしたw

 

仙丈ヶ岳・仙丈小屋と鋸岳

仙丈ヶ岳・仙丈小屋

 

仙丈小屋の次は、馬の背ヒュッテに向かいましょう。

 

仙丈ヶ岳・仙丈小屋から馬の背ヒュッテへ

 

しばらく下って、振り返って見る。

ハイ!こちらも見事!すばらしい景色の藪沢カールです!(パチパチ)

 

仙丈ヶ岳・藪沢カールと仙丈小屋

 

目の前には甲斐駒ヶ岳、両脇にはカラフルな植生保護柵。自然大事にしていきましょう。

 

仙丈ヶ岳・カラフルな植生保護柵と目の前には甲斐駒ヶ岳

 

12:25 馬の背ヒュッテ

仙丈小屋から1時間とちょっと(仙丈小屋で休憩してたので実際はそこまでかかりません)。

馬の背ヒュッテに到着しました。

 

仙丈ヶ岳・馬の背ヒュッテ

 

ここはささっと通り過ぎます。お次に向かうのは仙丈薮沢小屋

沢沿い歩いて行きましょう。

 

仙丈ヶ岳・馬の背ヒュッテから仙丈薮沢小屋へ

 

12:47 仙丈藪沢小屋

営業してるの?仙丈薮沢小屋です。

仙丈薮沢小屋の近くには、水場が1つありました。

これがほんとうの南アルプス天然水。おひとつお土産にいかがでしょうか。

 

仙丈ヶ岳・仙丈薮沢小屋

 

仙丈薮沢小屋から大滝ノ頭に向かう途中。

まだ雪が残っているんですね~(だいぶ崩れていますが)。

 

仙丈ヶ岳・大滝ノ頭に向かう途中の雪渓が崩落している所

 

雪、雪渓が崩れているので回避して、下の方、沢をわたって迂回しましょう。

ここは正規ルートからちょっとはずれて無理くり登るからか、地味にシンドイ道でした。

 

仙丈ヶ岳・大滝ノ頭に向かう途中の雪渓が崩落している所、迂回路

 

13:10 大滝ノ頭

その後もひたすら沢沿い歩いて、「水の音が聞こえなくなってきたな~」なんて思っていたら、登りで小仙丈ヶ岳へと分岐した場所、大滝ノ頭に到着しました。

 

仙丈ヶ岳・再びの大滝ノ頭

 

14:32 北沢峠

大滝ノ頭からは、四合目から一合目、広い坂を下っていって。ついにたどり着きました!

北沢峠に帰ってきましたよ!

 

仙丈ヶ岳・帰ってきた北沢峠

 

バスの時間まで結構待つのかな~?と思っていたのですが、朗報!臨時便がでていてサクッと仙流荘まで下山ができました。

これにてリベンジ完了です!今日も一日、お疲れ様でした!

まとめ

今回は南アルプスの女王仙丈ヶ岳」の山行でした。

晴れたらこんな絶景なのねと、見るものすべてが新鮮で。感動に次ぐ感動でした。

D君・Sちゃんも本当がんばった!2日連続と言うのもありますが、初の3000m級お疲れ様でした!

次回は雪山シーズンも登ってみたい!その時は仙流荘から歩くことになるのかな?

いずれにしてももうちょっと先かな~。

勝手に採点

わたし勝手に今回の山行を採点しました!

  • 満足度 :

南アルプス・仙丈ヶ岳。良き良きの山でした!

 

仙丈ヶ岳・藪沢カールと仙丈小屋

 

以上、本日の山行記録でした。

ではまた!

仙丈ヶ岳、小仙丈沢カール
最新情報をチェックしよう!