日本百名山

上高地から槍ヶ岳、涸沢・2泊3日小屋泊(前編)

こんにちは。

今回は上高地から槍ヶ岳、涸沢・2泊3日小屋泊(前編)です。

尖った姿が印象的な、北アルプスを代表する山、槍ヶ岳

そして紅葉と言ったら涸沢でしょうと、そんなすごい2つの場所を贅沢にも一気に行って来ました。

山のカテゴリ

北アルプス

 

主な山の基本情報

槍ヶ岳(やりがたけ)

日本のマッターホルンの異名をもつ、北アルプスにある、日本で5番目に高い標高3180mの山。日本百名山新日本百名山花の百名山信州百名山です。

涸沢カール(からさわかーる)

日本最大規模の氷河圏谷。周りには穂高の山々ありますね。

今回のコースと地図

1日目:上高地(標高1505m)→明神館→徳沢→横尾(標高1620m)→槍沢ロッヂ→大曲→天狗原分岐→ヒュッテ大槍→殺生ヒュッテ

2日目:殺生ヒュッテ→槍ヶ岳山荘→槍ヶ岳(標高3179.7m)→槍ヶ岳山荘→天狗原分岐→大曲→槍沢ロッヂ→横尾

3日目:横尾→本谷橋→涸沢→涸沢ヒュッテ(標高2309m)→パノラマコース→新村橋→徳沢→明神館→上高地(河童橋)

  • 技術度 :
  • 体力度 :

総距離46.7km。4200m登って3700m下るなかなか長い道のりです。

  • 景観  :

あの槍ヶ岳を間近から。涸沢カールも最高です!

  • アクセス:
  • 混雑度 :

沢渡駐車場に車を停めて、シャトルバスで上高地。

  • 標準コースタイム:23時間15分
  • コースの距離:46.7km
  • 最小標高: 1353m
  • 最大標高: 3176m
  • 累積標高(登り):4222m
  • 累積標高(下り):3706m

 

登山記録

Day 1

天気は晴れ。

今回は憧れの槍ヶ岳涸沢カールに向かいます。

05:35 上高地バスターミナル

沢渡駐車場に車を停めて、シャトルバスでやって来ました上高地

と言う事で、まずはこちら上高地バスターミナルからの出発です。

 

槍ヶ岳・涸沢・上高地バスターミナル

 

05:40 河童橋

こちらは河童橋になりますね。

ちなみに今回のこのコース、しばらく梓川に沿って歩きます。

特急あずさの梓です。名前の由来の川ですね。

 

槍ヶ岳・涸沢・河童橋

 

06:19 明神館

河童橋から、平らな道を歩いて行くと。

明神分岐明神館に到着しました。

ここからちょっと先に行くと、徳本峠(とくごうとうげ)に行けますね。

以前、島々(しましま)から徳本峠と、上高地に歩いて来たのですが、なかなかきつい道でした。

 

槍ヶ岳・涸沢・明神分岐、明神館

 

明神館の近くからは、明神岳が見えますね。

 

槍ヶ岳・涸沢・明神岳の看板

 

はい、こんな感じに見えてます。

 

槍ヶ岳・涸沢・明神岳

 

徳沢に向かって進みましょう。

向かう途中の左手には、梓川越しの明神岳

あの山々の後ろには、穂高岳があるのですね。

 

槍ヶ岳・涸沢・梓川越しの明神岳

 

徳沢ちょっと手前からは、いろんな山が見えました。

中央の山は中山で、その左手には大天井岳

さらに左のでっぱりが屏風ノ頭になりますか。

 

槍ヶ岳・涸沢・徳沢手前からの屏風ノ頭、中山、大天井岳

 

景色に見とれながらも歩いて行くと、徳沢キャンプ場に到着しました。

 

槍ヶ岳・涸沢・徳沢キャンプ場

 

07:13 徳澤園

こちらは徳澤園になりますね。

あとで知った話ですが、ここのオーナー、わたしの知ってる人のお兄さん(すごい!!)。

だからと言って何があるわけでもなく、ただただすごいと思いました(自慢にならない自慢終わり)。

 

槍ヶ岳・涸沢・徳澤園

 

さらに道を進みます。

08:03 横尾

徳沢から歩いて50分。横尾避難小屋に到着です。

 

槍ヶ岳・涸沢・横尾避難小屋

 

ここには地図がありました。

今日のコースを見てみましょう。

今現在は横尾です。

今日のうちに、ヒュッテ大槍行くつもりです。

やっと半分くらいでしょうか?まだまだ先は長いです。

 

槍ヶ岳・涸沢・横尾の地図

 

こちらは横尾大橋になりますね。

ここを渡って涸沢後日、向かいます。

 

槍ヶ岳・涸沢・横尾大橋と屏風ノ頭

 

横尾山荘記念にパシャり。

 

槍ヶ岳・涸沢・横尾山荘

 

横尾山荘からちょっとだけ先に進んで行くと。

槍ヶ岳蝶ヶ岳の分岐です。

ここから登山エリアとのこと。気を引き締めて行きましょう。

 

槍ヶ岳・涸沢・槍ヶ岳、蝶ヶ岳の分岐

 

槍沢ロッヂに向かいます。

 

槍ヶ岳・涸沢・一ノ俣

 

一ノ俣二ノ俣と越えて行き。

 

槍ヶ岳・涸沢・横尾から槍沢ロッヂへ

 

09:37 槍沢ロッヂ

槍沢ロッヂに到着しました。

もしテン泊装備で来たのなら、ここで1泊でいいかもしれません。

 

槍ヶ岳・涸沢・槍沢ロッヂ

 

10:36 槍沢キャンプ場・ババ平

槍沢ロッヂを過ぎてから。本格登山がはじまりました。

ここは槍沢キャンプ場ババ平になりますね。

 

槍ヶ岳・涸沢・槍沢キャンプ場、ババ平

 

前半戦は、ほぼフラットな道を来ましたが、それでも5時間経過中。

さすがにちょっと疲れて来ました。

 

槍ヶ岳・涸沢・槍沢

 

11:01 槍沢大曲り

槍沢大曲を通過して。

 

槍ヶ岳・涸沢・槍沢大曲過ぎたところ

 

ひたすら上へと登ります。

 

槍ヶ岳・涸沢・槍沢をひたすら上へ

 

11:53 槍沢天狗原分岐

そしてそこから50分。

天狗原分岐に到着です。

 

槍ヶ岳・涸沢・天狗原分岐

 

今まで来た道こんな道。

正面の平らな山頂が赤沢山で、左のピークは西岳です。

 

槍ヶ岳・涸沢・天狗原からの赤沢山、西岳

 

まだまだ登りは続きます。

 

槍ヶ岳・涸沢・天狗原からさらに上へ

 

しばらく登りに集中してると、バラバラバラと何かの音が。

ヘリコプターが来たみたい。

 

槍ヶ岳・涸沢・槍沢でヘリコプター発見

 

誰かが救助、呼んだのかしら。

はじめて間近で見ましたね。ご厄介にならぬよう、安全登山で行きましょう。

 

槍ヶ岳・涸沢・長野県のヘリコプター

 

そしてさらに登って行くと。

槍の穂先が見えました!テンション上がるぜこのヤロウ!

 

槍ヶ岳・涸沢・槍の穂先が見えました!

 

12:55 坊主岩屋下

穂先に向かって一歩一歩と。

坊主岩屋下の分岐です。

 

槍ヶ岳・涸沢・坊主岩屋下

 

13:35 ヒュッテ大槍

わたしたちは、今日のお宿のヒュッテ大槍へ。

しかし!!

残念ながら、部屋の空きなし。殺生ヒュッテに行ってとのこと。

 

槍ヶ岳・涸沢・ヒュッテ大槍

 

なんだよ遠回りしただけじゃないかと、嘆きながらも進みます。

と言ってもヒュッテ大槍からは、ほとんど平らな道でした。

東鎌尾根背を向けて、槍沢左手に見て歩いて行ききます。

 

槍ヶ岳・涸沢・ヒュッテ大槍から殺生ヒュッテへ

 

おお!!

が綺麗に見えました!!

 

槍ヶ岳・涸沢・ヒュッテ大槍から殺生ヒュッテへ向かう途中に見えた槍ヶ岳の穂先

 

13:47 殺生ヒュッテ

槍ヶ岳をパシャパシャ撮りながら道をテクテク歩きます。

と、あっという間に殺生ヒュッテ

なんだめっちゃ近いじゃん!

 

槍ヶ岳・涸沢・殺生ヒュッテ

 

殺生ヒュッテからの槍沢こちら。

こんな道を、登って来ました。

 

槍ヶ岳・涸沢・殺生ヒュッテからの槍沢、今日登って来た道

 

殺生ヒュッテからの槍ヶ岳のアップ。

ほんと尖った山ですねえ。

 

槍ヶ岳・涸沢・殺生ヒュッテからの槍ヶ岳の穂先・アップ

 

時は経ち。時間は夜の18時。

槍沢に雲が溜まって来ました。

 

槍ヶ岳・涸沢・槍沢の夜

 

夜の槍ヶ岳もきれいですね。

 

槍ヶ岳・涸沢・夜の殺生ヒュッテと槍ヶ岳

 

明日は槍ヶ岳ピークへアタックです。

ちょっと冷えて来たことですし、明日に向けておやすみなさい。

 

槍ヶ岳・涸沢・殺生ヒュッテの夜

まとめ

今回は上高地から槍ヶ岳涸沢・2泊3日小屋泊(前編)のお話でした。

上高地槍沢からの槍ヶ岳

小屋泊装備だから殺生ヒュッテまで来れましたが、テン泊装備だったらどこまで登って行けたのかしら。

穂高蝶ヶ岳大天井岳と、行ってみたい山いろいろ目にして、山ってほんと最高だなと実感できた1日目。

なにはともあれ前半終了。明日は槍ヶ岳山頂アタックです!

ではまた!

こんな記事も読まれています