日本百名山

厳冬期・新穂高ロープウェイから西穂独標・日帰り

こんにちは。

今回は前回敗退した、西穂独標のリベンジマッチに行ってきました。

1月、2月のこの辺りの山々は、天気が良かったり良くなかったり。

なかなか天気が安定しない。今回はどうなったのかと言いますと。

ええ。ええ、そうですとも!ついにやってやりました!

快晴でしたよ西穂高岳

と言うことで、前回と同じコースになりますが、新穂高ロープウェイから西穂独標のお話、はじまりはじまり~。

山のカテゴリ

北アルプス

 

主な山の基本情報

西穂高岳(にしほだかだけ)

長野県と岐阜県にまたがる標高2908.8mの山で、花の百名山に選ばれていますね。西穂独標までは穂高岳入門コースと言うことですが、独標から山頂までは熟達者向き、山頂から奥穂高岳までは国内屈指の難コースになっています(ジャンダルム!)。

今回のコースと地図

新穂高ロープウェイ・西穂高口(標高2156m)から西穂山荘丸山を経て、独標をピストンするコースです。

  • 技術度 :
  • 体力度 :

雪が凍ってカッチカチに。岩のとりつきなどは十分に注意しましょう。

  • 景観  :

雪が少ないのがマイナスですが、それでもあまりある絶景でした!

  • アクセス:
  • 混雑度 :

東京から、マイカーでは中央自動車道・松本IC、その後新穂高ロープウェイへのアクセスです。

  • 標準コースタイム:5時間
  • コースの距離:6.4km
  • 最小標高: 2144m
  • 最大標高: 2685m
  • 累積標高(登り):581m
  • 累積標高(下り):582m

 

登山記録

07:03 新穂高ロープウェイ・新穂高温泉駅

天気は、快晴!

前回敗退した西穂高岳に、今日もhirooneと登りにきてます。

いや~それにしても。やっぱり空は青にかぎる!

晴れたらこんな景色が見れたのね~と、超・御機嫌なわたしたち。

ロープウェイ始発を勘違いして、7時に着いちゃったのはご愛嬌。

(8時だと思ってましたが、ほんとうは9時でした!でも空が青いからノープロブレム!)

 

厳冬期・西穂高岳・西穂独標・新穂高ロープウェイ・新穂高温泉駅

 

09:15 新穂高ロープウェイ・しらかば平駅

今日は失敗しませんよ。

ちゃんとチケット引き換え済みです。

しかも早い時間に来てたので、一番初めのロープウェイに乗れた!

新穂高温泉駅から鍋平高原駅へ。

そのあとしらかば平駅まで移動して、2階建てロープウェイ(2階!)に乗りこみます。

 

厳冬期・西穂高岳・西穂独標・新穂高ロープウェイ

 

09:41 新穂高ロープウェイ・西穂高口駅

ちなみに。

チケットの購入方法ですが、前回もご紹介した通り、JTBの割引チケットがお得です(クリックしたらJTBのサイトに飛びます)。

モンベルクラブ会員特典でも割引きありますが、JTBのほうがお得みたい。

あとはわたしたち、荷物6kgオーバーなので、荷物券も購入し(往復分600円也)、止められることなく西穂高口

すんなりここまで来れました!今日は幸先良さそうですね~。

定価は大人往復2,900円。JTB割引チケット購入では往復2,300円。モンベルクラブ会員特典では2,600円になりますね。

厳冬期・西穂高岳・西穂独標・新穂高ロープウェイ・西穂高口駅

 

快晴の樹林帯。

樹氷はまったくないのだけれど、晴れているのはやっぱりいいね!

 

厳冬期・西穂高岳・西穂独標・西穂山荘へ・快晴の樹林帯を行く

 

なんだよ西穂~、見えていたの~?(はやく言ってよ~)

前回はなんにも見えなかったけれど、(今回は)西穂がちょいちょい見えました。

西穂山荘も途中で見えたり、けっこう展望あったのね。

 

厳冬期・西穂高岳・西穂独標・西穂山荘へ・西穂高岳が見えた!

 

10:31 西穂山荘

ではい。西穂山荘到着しました。展望はコチラです(丸山側から撮っています)。

正面の山は焼岳で、さらにうしろに乗鞍岳

焼岳へは、西穂山荘からルートが通ってて、焼岳小屋までつながるみたい。

厳冬期・西穂高岳・西穂独標・西穂山荘

 

コチラは西穂山荘からの霞沢岳

日本二百名山になりまして、徳本峠から登れます。

以前わたし、登る機会があったのですが(徳本峠までは行ったのですが)、残念ながら未踏です。

いつか行きます霞沢岳

 

厳冬期・西穂高岳・西穂独標・西穂山荘からの霞沢岳

 

それではお次は西穂丸山

ここまでは前回通った道ですね。

 

厳冬期・西穂高岳・西穂独標・西穂丸山へ

 

ちょっと山荘から登っただけで。

登っただけで!

ドーーン!!と西穂の雄姿現る!

 

厳冬期・西穂高岳・西穂独標・西穂丸山へ・西穂高岳の雄姿

 

前回はほんとなにも、見えなかったからね。。

反則的な、絶景ですね。

さっきからニヤニヤがとまらない。

厳冬期・西穂高岳・西穂独標・西穂丸山へ・こんな景色が見えていただなんて!

 

西穂丸山からの西穂高岳

前回見えなかったから感動もひとしお。

これ完全余談になりますが、「ひとしお」って「一入」って漢字だそうです。

いや~、勉強になりますなあ。

 

厳冬期・西穂高岳・西穂独標・西穂丸山へ・丸山からの西穂高岳

 

10:58 西穂丸山

前回の最終到達地点、西穂丸山、到着です!

山頂標識うしろには、笠ヶ岳がババンと見えた~!

今日はほんとにいい天気!(しあわせ~)

 

厳冬期・西穂高岳・西穂独標・西穂丸山

 

お決まりだるま⛄西穂高岳

いや~今日は、とくにいい顔しています!(キリッ)

 

厳冬期・西穂高岳・西穂独標・西穂丸山の雪だるま

 

お次は丸山から独標です。

ここからは完全に未知の領域。

かなりきつい急登ですが、気を引き締めて行きましょう。

 

厳冬期・西穂高岳・西穂独標・丸山から独標は急登です

 

だいぶ上まであがってきました。

目の前には、独標ピラミッドピークチャンピオンピーク

本峰・西穂高岳も見えている?

たくさんありすぎてわからない(笑)

 

厳冬期・西穂高岳・西穂独標・独標、ピラミッドピーク、チャンピオンピーク、主峰西穂高岳を望む

 

ちょっとアップで撮ってみる。

hiroone真ん中で、左にあるのがピラミッドピークで、右にあるのが独標ですね。

まだまだ先はありますが、今日は独標までですよ(経験・技術的にね)。

 

厳冬期・西穂高岳・西穂独標・左にピラミッドピーク、右に独標

 

ちなみに気温は、マイナス10℃あるかないか。

かなり温かくなってきたので雪がけっこう溶けています。

ちょっと残念な感じですけど、晴れているから良しとしましょう。

 

厳冬期・西穂高岳・西穂独標・雪が少ない

 

近くで見ると、独標もでかい。

これが最後のアタックです。

一部凍ってそうで、怖いのですが、慎重に慎重に登りましょう。

 

厳冬期・西穂高岳・西穂独標・独標アタック

 

11:58 西穂独標

西穂独標リベンジ成功!!

うしろにはここでも笠ヶ岳。もっとうしろには白山も!

厳冬期・西穂高岳・西穂独標

 

いつものルーティン、だるま⛄と独標

山頂標識とがっていると、だるまがうまく設置できない(手持ちver)

 

厳冬期・西穂高岳・西穂独標・西穂独標と雪だるま

 

独標からは、穂高がまる見え!

西穂高はもちろんのこと、奥穂高から前穂高まで!

峰がたくさんありすぎるので、hirooneビシッと西穂を指差す!

(あっているかな?)

 

厳冬期・西穂高岳・西穂独標・西穂高岳はあそこ!

 

独標から先に、行ってみたい気はするけれど、熟練者じゃないと厳しそう。

岩が凍ってツルッツル。かなり危険な状態とのこと。

先に行かれる方たちは、充分ご注意の上、お進みください。

と言うことで、わたしたちはここで、終了です。

ロープウェイまで下山をしましょう!

 

厳冬期・西穂高岳・西穂独標・霞沢岳、上高地、焼岳そして乗鞍岳

 

ちなみにここからは絶景オンパレード。

左手には霞沢岳上高地を挟んで焼岳に、さらにうしろは乗鞍岳と、ぼかぁほんと幸せだなぁ~。

厳冬期・西穂高岳・西穂独標・西穂丸山へ下山

 

12:46 西穂丸山

独標直下・下りは渋滞していましたが、以降はサラサラサラッ~っと下りてきました。

写真は独標側からの西穂丸山。なんだかお尻みたいなフォルムです(だから丸山か!)。

 

厳冬期・西穂高岳・西穂独標・お尻のような西穂丸山

 

ケルンを越えて、西穂山荘へ。

ここも前は、なんにも景色、見えなかったな~。

(ここもって言うか、どこも見えなかったんですけどね、、)

 

厳冬期・西穂高岳・西穂独標・西穂山荘へ下山

 

12:55 西穂山荘

尻シェード西穂山荘到着っ!

テントの人もたくさんいますね。うん、冬テントもアリだなぁ~(憧れ)。

そうそうちなみに。今日は西穂らーめん品切れでして(大人気!)、かわりにカレーをいただきました(ごちそうさまでした!)。

 

厳冬期・西穂高岳・西穂独標・西穂山荘、尻シェード

 

ご飯を食べた、そのあとは。

いなくなってしまった西穂山荘にしほくんの代わりに、雪だるま⛄をご奉納。

 

厳冬期・西穂高岳・西穂独標・西穂山荘に雪だるま

 

1人じゃさみしいから2人(2だるま?)にしてみた。

こちらそのまま置いてきたので、もしかしたら、まだ2人ともいるかもです。

独標にも1人まだいるかもです)

時間があったら探してください(笑)

 

厳冬期・西穂高岳・西穂独標・西穂山荘に雪だるま×2

 

14:06 新穂高ロープウェイ・西穂高口駅・山頂展望台

場所は変わって西穂高口。無事に下山を完了しました。

写真は展望台にしほくん(あれれ?ちょっと痩せてきてない?)。

うしろは見事な穂高連峰

こんな景色が見れたのね!(今日このフレーズ何回目?)

 

厳冬期・西穂高岳・西穂独標・新穂高ロープウェイ・西穂高口駅・山頂展望台・とけてきたにしほくん

 

そしてこちらは展望台からの、(わたしの中では)本日の助演男優賞笠ヶ岳

ずっとうしろで見守ってくれた、カッコいい形の笠ヶ岳です。

去年は行くことできませんでしたが、今年は絶対チャレンジしたい!

 

厳冬期・西穂高岳・西穂独標・新穂高ロープウェイ・西穂高口駅・山頂展望台・笠ヶ岳

 

ロープウェイからは、槍ヶ岳も見えました!

今年は裏銀座もチャレンジ予定(夏)。

待ってろあとで行くからな~!!

厳冬期・西穂高岳・西穂独標・新穂高ロープウェイで下山中

 

なにはともあれ西穂独標、無事にリベンジ完了です!

今日も一日、お疲れ様でした!

まとめ

今回は西穂独標までの山行となりましたが、先にはピラミッドピークチャンピオンピーク本峰・西穂高岳がそびえ立つ。

さらに奥には奥穂高岳前穂高岳もありますね。

穂高はまだまだ奥深い。ゆっくりゆっくり味わいましょう。

勝手に採点

わたし勝手に今回の山行を採点しました!

  • 満足度 :

雪があまりにすくなくて、厳冬期と言うよりは残雪期な感じの穂高でしたが、晴れていたからそれで良し!

 

厳冬期・西穂高岳・西穂独標・新穂高ロープウェイ・西穂高口駅・山頂展望台・西穂高岳

 

以上、本日の山行記録でした。

ではまた!

ABOUT ME
kara
kara
karaです。登山歴5年の山登る人。週末は日本百名山を中心に、どこかの山を登っています。