日本百名山

新中の湯ルートから焼岳・日帰り

焼岳・北峰

こんにちは。

今回は登山をはじめてからなんと100山行目の記念登山。

場所は北アルプス焼岳です。

焼岳は、北アルプスでも気軽に行ける日帰りできる山ですね。

ですが焼岳活火山

最近、と言っても20年以上前ですが、1995年(平成7年)に水蒸気爆発してますね。

噴火警戒レベルに気をつけながら、安全登山で行きましょう!

山のカテゴリ

北アルプス

 

主な山の基本情報

焼岳(やけだけ)

北アルプス(飛騨山脈)を代表する標高2455mの活火山日本百名山です。別名硫黄岳(いおうだけ)とも呼ぶそうです。

今回のコースと地図

中の湯・焼岳登山口から広場を経て焼岳・北峰山頂(標高2444.3m)へ。下山は展望台焼岳小屋(標高2159m)を経て上高地バスターミナル(標高1505m)へと下るコースです。

  • 技術度 :
  • 体力度 :

コースタイムは6時間弱。ほどよい難易度の山ですね。

  • 景観  :

焼岳そのものもさることながら、山頂からの上高地穂高連峰圧巻です!

  • アクセス:
  • 混雑度 :

長野自動車道松本ICで高速下りて、中の湯温泉へアクセスしましょう。そこから少し登っていくと、焼岳登山口の駐車場です。

  • 標準コースタイム:5時間50分
  • コースの距離:11.8km
  • 最小標高: 1026m
  • 最大標高: 2448m
  • 累積標高(登り):1564m
  • 累積標高(下り):1090m

 

登山記録

06:12 焼岳登山道入口

こんにちは。

100山行目となる焼岳(やけだけ)登山は、中の湯上の、焼岳登山道入口からのスタートです。

100山行目だからと言って、特別なことはとくになし。

今日も安全登山で行きましょう。

 

焼岳・焼岳登山道入口

 

今回のコースは、新中の湯ルート焼岳登り、その後上高地へと下山します。

中の湯からのこの道は、けっこうきれいに紅葉してます(今日は10月中旬です)。

 

焼岳・紅葉の新中の湯ルート

 

登山口から少し歩くと謎の廃車がありました。

だれだよここに車を捨てたの。

て言うかどうやって運んできたの?

なんとも奇妙な光景ですね~。

 

焼岳・紅葉の新中の湯ルート・謎の廃車

 

新中の湯ルートの前半は、けっこうな急斜面になってます。

樹林帯の急斜面ってテンション全然あがらないからけっこう歩くのしんどいです。。

 

焼岳・紅葉の新中の湯ルート・急斜面

 

ちなみに、今日土曜日の天気予報は、晴れのち曇り、ときどき雨。

午後から天気がくずれるようで、早め早めの行動です。

うってかわって、明日の天気は降水確率0%のひさびさ快晴予報です。

それではなぜに今日登るのか?

これって永遠の二択、ってほどではないですけれど、悩ましい選択ありまして。

  • 土曜日登れば日曜日は休める。元気に月曜出社ができます。ですが天気が微妙です。
  • 日曜日登れば天気は快晴!ですが月曜ぐったりです。

わたしは日曜押し、相方(hiroone)土曜押し。

けっきょくわたしが折れまして、本日(土曜日)登山と相成りました。

 

焼岳・紅葉の新中の湯ルート・急斜面その2

 

樹林帯の急斜面をしばらく行くと、木々の間からお山が見えた!

 

焼岳・紅葉の新中の湯ルート・焼岳が見えてきた!

 

07:20 広場

焼岳ドーンとあらわれました!

ここが広場と言うところ。

ベンチもあるし、絶景の写真スポットです。

そしてうれしい誤算がひとつ。

予報と違って、天気がすんばらしくよいではないか!!

 

焼岳・紅葉の新中の湯ルート・広場

 

広場のお次は焼岳北峰

コースタイムは1:40。

と言うかここのコースタイムはかなりざっくりしてますね。

登山口からここ(広場)までが1:20になっていて、広場から北峰までが1:40。

個人的には1時間くらいが区切りとしてはちょうど良い。

そうそう、コースタイムの話をするなら、前回行った越後駒ヶ岳(魚沼駒ヶ岳)

あそこはかなりずれてましたね(コースタイムより全然時間がかからなかった)。

越後駒ヶ岳(魚沼駒ヶ岳)のお話

枝折峠から越後駒ヶ岳(魚沼駒ヶ岳)・日帰り

 

焼岳・紅葉の新中の湯ルート・広場から焼岳北峰へ

 

広場から北峰までは急登です。

ダイナミックな景色を見ながら一歩一歩進みましょう。

 

焼岳・紅葉の新中の湯ルート・広場から焼岳北峰へ・その2

 

ちなみにこの道右手を見ると、穂高連峰見えました!

 

焼岳・紅葉の新中の湯ルート・焼岳からの穂高連峰

 

穂高連峰アップはこちら。

奥穂高岳西穂高岳前穂高岳明神岳とかもあっちの方になりますね。

いまだに登ってみたことないので来年あたり、行けないかしら。

 

焼岳・紅葉の新中の湯ルート・焼岳からの穂高連峰・アップ

 

ああでも来年どうしようかな。ほかにもたくさん行きたいところが。

まずはこちら、鹿島槍ヶ岳笠ヶ岳

この2山は、今年行く予定をたてたのですが、天気に恵まれず断念することに。

すでに10月後半なので、わたしの技量じゃもう行けないです。

他にも、リベンジ誓った水晶岳鷲羽岳三俣蓮華岳も行きたいですね。

こちらは夏休みあたり裏銀座ルートに行けばいいかな。

さらには妙高山火打山雨飾山の新潟の山や、中央アルプス空木岳南アルプス塩見岳とかもいいですね(聖岳光岳も行ってみたい!)。

てか。

わたしたちだけじゃないと思うんですけど、山登ってるときに他の山のこと、次どこ行きたいとかって盛り上がりますよね。

ほんっと山やってる人たちって、山のことしか考えてない。

 

焼岳・紅葉の新中の湯ルート・広場から焼岳北峰へ・その3

 

話はもどって焼岳です。

まんなかになにかでっぱりが!

しかもそこから煙がでてる!(活火山ですから)

だんだん、火山らしくなってきた!(活火山ですから)

 

焼岳・紅葉の新中の湯ルート・広場から焼岳北峰へ・その4

 

ここでちょっと後ろの景色を。

広場の方はこんなです!

 

焼岳・紅葉の新中の湯ルート・広場から焼岳北峰へ・その5

 

なかなか登って来てますね~。

雲海もちょこっとありますね。

いずれにしても天気は良好。このままもってほしいものです。

 

焼岳・紅葉の新中の湯ルート・広場から焼岳北峰へ・その6

 

木々はいつの間にかなくなって、ザレた(ガレた?)岩場を登ります。

ザレ場ガレ場?どっちなの?

と言うことで、グーグル先生に聞いてみました。

ガレ場
岩屑がガラガラと積み重なった場所をいいます。沢の源頭や高山の稜線に多く、岩が大きくなると「ゴーロ」と呼ぶこともあります。

ザレ
ガレ場より岩屑がこまかく小石や砂を敷いたような場所をいいます。砂礫地もほぼ同じ意味で使われ、火山の火口周辺や、花崗岩などの岩盤が露出した山に多く存在します。

出典元:YAMAKEI ONLINE

ふ~むなるほど、そうですか!

ここはきっとガレ場かな!

結局ちゃんとはわからないので、わたしは今後雰囲気で、ザレガレ適当につかいます。

 

焼岳・紅葉の新中の湯ルート・広場から焼岳北峰へ・その7

 

穂高連峰反対側の、左手側には乗鞍岳が!

 

焼岳・紅葉の新中の湯ルート・焼岳からの乗鞍岳

 

乗鞍岳活火山です。

日本は火山がほんとに多い。

ほかにもどこに登ったのかとちょっとあげてみましたよ。

意外とたくさん登ってました!

さらにそうそう、わすれちゃいけない。乗鞍岳の後ろには、御嶽山もありますね。

先日御嶽山は山、終わりましたが来年どこかで行けたらいいな。

 

焼岳・紅葉の新中の湯ルート・焼岳からの乗鞍岳・アップ

 

焼岳山頂見えてきた!

左の端が南峰で、正面真ん中北峰ですね。

 

焼岳・紅葉の新中の湯ルート・焼岳(南峰・北峰)

 

雲がだんだんふえてきた。

気になりますが、山頂まではあとちょっと!

 

焼岳・紅葉の新中の湯ルート・広場から焼岳北峰へ・その9

 

右手の南峰コチラです。

 

焼岳・紅葉の新中の湯ルート・焼岳・南峰

 

正面見えるは北峰ですね。

おお!人が歩いてる!

あそこを歩く、ことになるのね!

 

焼岳・紅葉の新中の湯ルート・焼岳・北峰

 

そして斜面を登り切り、ででんと見えるは焼岳・北峰

お~これは、迫力満点!!

 

焼岳・北峰

 

こちらは焼岳・南峰

焼岳最高峰はこちらの方で、標高2455.4m。

だけど南峰規制があって、登攀禁止になってます。

 

焼岳・南峰

 

北峰南峰の間には、焼岳・火口湖正賀池(しょうがいけ)

 

焼岳・火口湖・正賀池

 

焼岳・北峰登攀しましょう。

モクモクしてる、あそこの脇を通って行きます。

 

焼岳・北峰山頂へ

 

なんとも大きい岩ですな~。

イチイチ景色がダイナミックで、さっきから圧倒されまくりなわたし。

 

焼岳・北峰山頂へ・その2

 

北峰ぐるっと反対側へ(上高地側へ)。

ここから登って行きますよ。

 

焼岳・北峰(上高地側から)

 

山頂標識見えてきた!

 

焼岳・焼岳北峰山頂標識見えてきた

 

08:28 焼岳・北峰山頂

焼岳(北峰)山頂到着です!

日本百名山46座目!

うしろに見えるの上高地です。

穂高連峰も見えますね!

 

焼岳・焼岳・北峰山頂

 

標識ないバージョンの上高地

雲がちょっと多くなってて、ピーカン青い空!とはまいりませんが、これはこれで味がある。

 

焼岳・焼岳・北峰山頂からの上高地

 

北峰山頂からの南峰と、火口湖・正賀池はコチラです。

モクモクしてるの硫黄の噴出で、その元には噴気口。

けっこう活動してますね(怖い!)

 

焼岳・焼岳・北峰山頂からの南峰と火口湖・正賀池

 

北峰山頂からの笠ヶ岳

いつかあそこに登ってやるぞ!

ふもとに見えるあの町は、新穂高温泉とか中尾温泉とかになるのかな?

 

焼岳・焼岳・北峰山頂からの新穂高温泉、笠ヶ岳

 

だんだん天気が怪しくなって、ひと雨きそうな雰囲気です。

長いは無用、下山です。

上高地へと下りましょう。

 

焼岳・北峰山頂から上高地へ下山

 

いたるところから煙の噴出。

ほんと火山、なんですね。

今まで登ったどの山よりも、一番火山らしさを感じます。

 

焼岳・北峰から上高地へ下山・その2

 

上高地に下る前に、北峰から南峰、見納めです。

 

焼岳・北峰から南峰・見納め

 

それでは岩に書いてある指示にしたがい焼小屋(焼岳小屋)へと向かいましょう!

 

焼岳・北峰から焼岳小屋へ

 

北峰から上高地、間に焼岳小屋があるのです。

焼岳小屋まではザレ場の下り。

ここはかなり、すべりまくりでわたくし3回お尻を強打。

 

焼岳・北峰から焼岳小屋へ・その2

 

笠ヶ岳を見ながら稜線歩き。

晴れたらもっと最高ですね!

 

焼岳・北峰から焼岳小屋へ・笠ヶ岳をバックに

 

こちらの先には中尾峠展望台が。

さらにもっと進んで行くと、割谷山(わるだにやま)がありますね。

 

焼岳・中尾峠と展望台

 

09:20 中尾峠

中尾峠に到着しました。

こちらの中尾峠には分岐があって、新穂高温泉にも下山できます。

 

焼岳・中尾峠

 

中尾峠からの霞沢岳(かすみざわだけ)大正池(たいしょういけ)

霞沢岳日本二百名山になりますね。

以前、新島々から徳本峠越えをやったときに、霞沢岳登るチャンスがあったのですが。

事情があって断念してまして。いつかコチラもリベンジしたい。

 

焼岳・中尾峠からの霞沢岳と大正池

 

大正池アップの写真はコチラ。

大正池って、さわんどからのシャトルバスの、上高地のひとつ前っていうイメージしかなかったのですが、調べて見るとおもしろい!

大正池
池は、活火山である焼岳が1915年(大正4年)に噴火し、泥流によって梓川が堰き止められて形成された。

出典元:wikipedia

焼岳噴火で、大正(わりと最近!)にできた池なのね。

今回は雲って残念ですけど、霞沢岳大正池や、焼岳大正池など絶景ポイント多そうです!(次回時間あるとき来てみよ~)

 

焼岳・中尾峠からの大正池

 

中尾峠のその先は、写真の上へと登ります。

 

焼岳・中尾峠から展望台へ

 

09:26 展望台

展望台に到着です!

さきほどの写真の上のところが展望台になりますね。

で、下の写真は展望台からの焼岳・北峰

一番高いところが山頂。

 

焼岳・展望台からの焼岳北峰

 

展望台近くもモクモクしてて、近くを通るとあたたかい。

今日は気温は低かったけど、ここに居れればぽかぽかです。

毒ガスとかなにやらありそうで、あまりおすすめできませんけど(と言うか普通にあぶない?)。

なにはともあれ先へと進む。

どんどん下って行きましょう。

 

焼岳・展望台から焼岳小屋へ

 

展望台から少し歩くと、焼岳小屋が見えてきました。

ちなみにこちら、新中尾峠とも呼ぶようですね。

割谷岳へと登る道と、上高地への下る道、2つの道がまじったところ。

 

焼岳・焼岳小屋到着

 

09:35 焼岳小屋

焼岳小屋正面コチラになります。

まだ時間が早いからか、あまり人はいませんでしたね

 

焼岳・焼岳小屋

 

ここでお昼ご飯にしましょうか。

冷えた体にはカップラーメン!

今日は塩味いってみました!

 

焼岳・焼岳小屋・お昼ご飯

 

10:15 焼岳小屋・再出発

焼岳小屋でご飯休憩終わったあとは、引き続き上高地への下山です。

 

焼岳・焼岳小屋から上高地へ・峠沢

 

谷側が切れ落ちた登山道を下ります。

この景色もなかなかすごくて、見惚れながら歩いてました。

 

焼岳・谷側が切れ落ちた登山道

 

切れ落ちた登山道を終えた先には、スラブ状の岩場と鎖場。

気をつけながら下りましょう。

 

焼岳・スラブ状の岩場・鎖場

 

10:33 長ハシゴ

あ~!これよ!これなんよ!

わたしが見たかったところのひとつ。

焼岳登山道にある長ハシゴ

なんでも高さが8mで、斜度も80度あるそうです!

そしてこれがアルミ製で、ちょっとちゃちくてビビります。

 

焼岳・高さ8m、斜度80度ほどのアルミ製のハシゴ

 

長ハシゴを下った先には大正池霞沢岳が、どどんと構えておりました。

 

焼岳・上高地・大正池を望む

 

またまたあったアルミのハシゴ。

そう言えば前常念岳にもアルミ製のハシゴが。

あそこはなかなかキツかったな~。

 

焼岳・上高地へ下山中・ハシゴ

 

ここからは樹林帯に入ります。

どんどん下って行きましょう。

 

焼岳・上高地へ下山中

 

またまたあった、ハシゴです。

こちらのハシゴはしっかりしてる(アルミ製ではありません)。

 

焼岳・上高地へ下山中・ハシゴ2

 

10:52 峠沢梯子場

峠沢梯子場と言うところ。

上高地への道はハシゴがたくさんありますね~。

 

焼岳・峠沢梯子場

 

黄葉きれいに染まってますね。

 

焼岳・上高地へ下山中・黄葉

 

またまたあったよハシゴです。

こちらはアルミのハシゴです。

ていうかここは、ハシゴなくてもおりれる高さ。

あまったハシゴをつかったのかしら。

 

焼岳・上高地へ下山中・ハシゴ3

 

途中にあった謎の小屋。

地図にもないし、なにかの施設?

入れないし、わからないからスルーしましょう。

 

焼岳・上高地へ下山中・謎の小屋

 

小屋をこえて、木の橋渡るとそこからは、一面紅葉の道でした!

きれいだ~。

 

焼岳・上高地へ下山中・紅葉

 

さらに道をくだっていって、川をわたって進んで行くと。

 

焼岳・上高地へ到着

 

11:39 焼岳上高地側登山口

上高地側の焼岳登山口に到着です!

 

焼岳・焼岳上高地側登山口

 

ここからは上高地をお楽しみください。

まずはコチラ。田代橋からの梓川(あずさがわ)

 

焼岳・上高地・田代橋付近からの梓川

 

ウェストン碑、はじめて見ました!

 

焼岳・上高地・ウェストン碑

 

河童橋へと向かう道。

 

焼岳・上高地・ウェストン碑から河童橋へ

 

雲がなければ最高ですけど、これはこれでアリとしましょう。

 

焼岳・上高地の紅葉

 

上高地の名物河童橋

ほんとうならここから穂高連峰とか焼岳見れるはずなんですが、残念ながら雲の中。

次回以降にとっときましょう。

 

焼岳・上高地・河童橋

 

12:18 上高地バスターミナル

今日の終点、上高地バスターミナルに到着です!

ここからはバスに乗って駐車場まで帰りましょう!

 

焼岳・上高地バスターミナル

 

中の湯行き(さわんど行きですね)のチケットゲット!

12:25のバスに乗ります。

と思ったら。

満員でバスに乗れなくて、結局乗れたのは、12:40の臨時バス。

(意外にすぐに臨時バス来たので全然問題ありません)

にしてもここも、アルピコ交通乗鞍岳に続いて2回目ですね。

 

焼岳・上高地バスターミナルから中の湯へ

 

12:55 中の湯バス停

あっと言う間に中の湯バス停

ここから焼岳登山口の駐車場までは、歩くかタクるか2択です。

歩くとなると、1時間くらいかかるみたい。

なにがなんでもタクらねば!

 

焼岳・中の湯バス停

 

12:55 新中の湯ルート・焼岳登山口駐車場

けっきょくあれから。

意外に簡単にタクシーひろえて、あっという間に焼岳登山口駐車場

中国の方かな?カップルだったんですが、おなじバス停でバスをおりて、中の湯に行きたいって言っていたので一緒にタクシーつかまえて、相乗りしながらここまできました。

中国語、英語話せませんが、なんとかコミュニケーションとれました。

にしてもここまで旅行でくるのね。

最近は(外国の)観光客はどこでもくるのね。

これからは山もグローバル?もっといろいろ変わらないとね(もちろん変わらなくていいものもたくさんあるとは思うのですけど!)。

 

焼岳・新中の湯ルート・焼岳登山口駐車場

 

13:25 中の湯温泉

そしてその後、中の湯温泉

こちらは紅葉すばらしかったし、サルにもたくさん会えました。

いつかここにはゆっくり逗留したいものです。

 

焼岳・中の湯温泉

 

これにて100山行目焼岳終了!

今日も一日、お疲れ様でした!

まとめ

今回は北アルプス活火山焼岳の山行でした。

焼岳山頂、迫力ありました!

ちょっと怖いくらいの山頂。

山頂からの景色も良くて、上高地穂高も丸見えです!

勝手に採点

わたし勝手に今回の山行を採点しました!

  • 満足度 :

くもった景色も幻想的ね。たまにはこういうのも悪くない(たまにはね)。

 

焼岳・北峰山頂

 

以上、本日の山行記録でした。

ではまた!

ABOUT ME
kara
kara
karaです。山が好き!な週末だけの山登る人。日本百名山を中心に、いろんな山を楽しんでます。