日本百名山

車坂峠から浅間山(前掛山)・日帰り(前編)

浅間山(前掛山)・トーミの頭からの前掛山

こんにちは。

今回は、今年の8月30日に規制緩和されたという幻の山、浅間山(前掛山)に登ってきました。

紅葉シーズンぎりぎりですけど(10月後半)、すてきな景色は見れるのかしら!?

1週間前には初冠雪もあったとか。ガトーショコラ見れるかな?

ちなみに浅間山は火山です。気象庁ページで確認の上、安全登山で行きましょう(下記リンクは気象庁の浅間山活動状況ページへ飛びます)。

気象庁:浅間山の活動状況

山のカテゴリ

上信越

 

主な山の基本情報

浅間山(あさまやま)

標高2568mの成層火山。今回登った前掛山(まえかけやま)や外輪山の黒斑山(くろふやま)牙山(ぎっぱやま)剣ヶ峰などいろんな山がありますね。火山活動レベルに応じて入山規制がかかるので、最新情報を常にチェックし行きましょう。日本百名山花の百名山日本の地質百選に選ばれています。

今回のコースと地図

車坂峠から賽ノ河原(前半):車坂峠→トーミの頭→黒斑山→蛇骨岳→仙人岳→鋸岳→Jバンド→賽ノ河原

前掛山登山口から前掛山(後半):賽ノ河原→前掛山→賽ノ河原分岐点→湯ノ平口→トーミの頭→シェルター→車坂峠

  • 技術度 :
  • 体力度 :

草すべりの帰りの登りはほんとにほんと、キツかった!

  • 景観  :

快晴の浅間山!天気に恵まれ最高でした!

  • アクセス:
  • 混雑度 :

小諸ICから、車坂峠へアクセスです。高峰高原ビジターセンター高峰高原ホテルをナビにセットするとらくちんですね。

  • 標準コースタイム:9時間15分
  • コースの距離:14.9km
  • 最小標高: 1979m
  • 最大標高: 2521m
  • 累積標高(登り):1229m
  • 累積標高(下り):1231m

 

登山記録

05:36 車峠坂・中コース

おはようございます。

今日はこちら、浅間山にきております。

先週なんでも初冠雪があったとか。Instagramでもガトーショコラの写真がちらほら。

これは見ねば!と飛んできました。

更に!

今回ターゲットの前掛山(まえかけやま)は、今年の8月30日に規制緩和された山。

またいつ登れなくなるのかわからないので、こちらもあわせて行っちゃいましょう。

と言うことで。

日が昇る前、まだまわりは暗いのですが、ヘッデンつけてスタートです!

 

浅間山(前掛山)・黒斑コース・中コース

 

今日のコースは車坂峠からはじまって、まずはトーミの頭に登ります。

そのあと外輪山を経由して、前掛山へと至るコース。黒斑コースというやつですね。

浅間山には小諸側からだともう一つコースがありますね。

火山館コースと言うやつで、浅間山荘から登りはじめて、一の鳥居二の鳥居火山館と続きます。

ちなみにこちらの浅間山荘あさま山荘事件のものとは別物みたい。

あさま山荘事件または浅間山荘事件(あさまさんそうじけん)は、1972年2月19日から2月28日にかけて、長野県北佐久郡軽井沢町にある河合楽器の保養所「浅間山荘」において連合赤軍が人質をとって立てこもった事件である。

出典元:wikipedia

 

浅間山(前掛山)・車峠坂からトーミの頭へ

 

トーミの頭までは樹林帯。

下の写真は途中にあった、ひらけたところ。

車坂峠高峰高原方面ですね(登りはじめたところ)。

高峰山(たかみねやま)水ノ塔山(みずのとやま)篭ノ登山(かごのとやま)とかありますね。

 

浅間山(前掛山)・黒斑コース・中コースからの車坂峠、高峰高原

 

道には霜がおりてます。

ガトーショコラに期待です!

 

浅間山(前掛山)・黒斑コース・中コースには霜が降りる

 

まわりがだいぶ明るくなったころ。

前に標識あらわれました。

どうやらこちらが、表コース中コースの合流地点みたいです。

 

浅間山(前掛山)・黒斑コース・表コースと中コースの合流地点

 

ドーンと展望ひろがりました!

朝日がすごい、まぶしいです!

前に見えてるあの山は、剣ヶ峰(左)と牙山(ぎっぱやま)(右)。

 

浅間山(前掛山)・朝日に染まる牙山(ぎっぱやま)と剣ヶ峰

 

黒斑山(くろふやま)まで0.6km!

けっこう登ってきましたね。

黒斑山まであとわずか、引き続き登って行きましょう!

 

浅間山(前掛山)・トーミの頭へ

 

朝日をとってる人たち発見。

たしかに今日はいい画が撮れそう。

 

浅間山(前掛山)・トーミの頭のカメラマン

 

06:21 トーミの頭

トーミの頭に到着です!

目の前には浅間山(前掛山)。今日はあそこに登ります。

ちなみに。

トーミの頭遠見の頭ってことなんですかね。

浅間山もさることながら、いろんな山まで見えました!

 

浅間山(前掛山)・トーミの頭

 

と言うことで、トーミの頭から見えた山をご紹介。

まずはこちら、トーミの頭からの浅間山外輪山

これからあそこを縦走していき前掛山へと向かいます。

 

浅間山(前掛山)・トーミの頭からの浅間山外輪山

 

あらためまして、浅間山(前掛山)

見事に逆光、見えません!

今回の反省点あげるとすれば、朝早すぎると浅間山、逆光で姿が見えないことです。

しっかり太陽あがってからの、登りはじめがいいかもしれない。

 

浅間山(前掛山)・トーミの頭からの逆光の浅間山(前掛山)

 

お次は日の出の剣ヶ峰

 

浅間山(前掛山)・トーミの頭からの日の出の剣ヶ峰

 

トーミの頭から南側。きれいな雲海見れました!

雲海の先をたどっていくと、南アルプス八ヶ岳富士山なんかも見えますね~。

 

浅間山(前掛山)・トーミの頭からの南アルプス、八ヶ岳

 

南アルプス富士山アップ。

 

浅間山(前掛山)・トーミの頭からの南アルプスと富士山

 

こちらは八ヶ岳と歩いてきた道。

 

浅間山(前掛山)・トーミの頭からの八ヶ岳と歩いてきた道

 

今日は風が非常に強い。

かなり寒くなってきたのでお次の黒斑山に向かいましょう。

 

浅間山(前掛山)・トーミの頭から黒斑山

 

黒斑山湯ノ平口の分岐です。

まずは黒斑山に登って行って、帰りは湯ノ平口から戻る予定。

 

浅間山(前掛山)・黒斑山、湯ノ平口の分岐

 

黒斑山に向かう途中からの、浅間山(前掛山)

こんな景色が撮れました。

下に広がる平らな場所は、賽ノ河原になりますね。

と言うか。

前掛山に登るためにはあそこまでくだって行かなきゃならん。

 

浅間山(前掛山)・浅間山外輪山・黒斑山からの賽ノ河原、浅間山(前掛山)

 

浅間山(前掛山)剣ヶ峰

朝日がすごくまぶしいですね。

サングラスもってくれば良かった。車の中においたまま(やっちまった)。

 

浅間山(前掛山)・浅間山外輪山・黒斑山からの浅間山(前掛山)と剣ヶ峰

 

こちらはふりかえってのトーミの頭

ずいぶんと、切り立った場所になってますね。

 

浅間山(前掛山)・浅間山外輪山・黒斑山からのトーミの頭

 

そこから道をしばらく行くと、ものものしい設備が目の前に。

こちらが緊急放送用スピーカーですかね。

鳴らないことを願います。

 

浅間山(前掛山)・浅間山外輪山・黒斑山の緊急放送用スピーカー

 

06:44 黒斑山山頂

スピーカーから少し歩くと、黒斑山山頂到着です。

逆光で文字が見えにくい。

ちなみに先に言っておきます。これからの写真は、みんなだいたいこんな感じ。

 

浅間山(前掛山)・浅間山外輪山・黒斑山山頂

 

それでは外輪山続けて行きます。

黒斑山の次に目指すは、蛇骨岳(じゃこつだけ)と言うところ。

稜線歩いて行きましょう。

 

浅間山(前掛山)・浅間山外輪山・黒斑山から蛇骨岳へ

 

視界にはずっと浅間山

存在感あるお姿です。

 

浅間山(前掛山)・浅間山外輪山・浅間山を目にしながらの黒斑山から蛇骨岳への移動

 

07:12 蛇骨岳山頂

黒斑山から30分くらいで、蛇骨岳山頂到着しました。

アップダウンもあんまりなくて、意外にあっさりこれました。

 

浅間山(前掛山)・浅間山外輪山・蛇骨岳山頂

 

浅間山外輪山、縦走続く。

蛇骨岳の次に登るのは、仙人岳(せんにんだけ)と言うところ。

 

浅間山(前掛山)・浅間山外輪山・蛇骨岳から仙人岳へ

 

蛇骨岳を過ぎたあたりからは、左手景色が広がります。

群馬県嬬恋村(つまごいむら)あたりになりますか。

 

浅間山(前掛山)・浅間山外輪山・蛇骨岳から仙人岳へ至る道の展望

 

四阿山(あずまやさん)が見えました!(写真左側の一番大きな山塊)

手前にあるのは田代湖ですか。

ちなみに四阿山百名山で以前登ってきています。お時間があればこちらもどうぞ!

ほかにもこちらの写真のどこかに草津白根山とかも入っているはず。

小さすぎてわからないけど時間があったら探してみよう。

 

浅間山(前掛山)・浅間山外輪山・浅間山からの四阿山

 

申し遅れました。

今日はわたしはボッチ登山。

一人で浅間山に来ています。

トーミの頭までは人がいたけど、外輪山にはだれもいない(さみしい)。

 

浅間山(前掛山)・浅間山外輪山・ボッチ登山(ソロ登山)

 

なんかすごいのでてきましたね。

あそこが仙人岳の頂上かしら?

 

浅間山(前掛山)・浅間山外輪山・仙人岳

 

上まで登ってきてみると、山頂標識ありました。

やっぱりここが仙人岳です。

 

浅間山(前掛山)・浅間山外輪山・仙人岳

 

07:31 仙人岳山頂

アップで撮れば、文字が読めるよ!

仙人岳山頂到着です!

浅間山(前掛山)はバッチリ逆光なってます(トホホ)。

 

浅間山(前掛山)・浅間山外輪山・仙人岳山頂

 

黒斑山蛇骨岳仙人岳と制覇です。

外輪山残るは鋸岳(のこぎりだけ)のみです!(今日登る外輪山ね)

さっそく先へと進みましょう、の前に。

今まで来た道見てみましょう!

どうぞ!

 

浅間山(前掛山)・浅間山外輪山

 

結構歩いて来てますね~。

見た目と違って意外とらくに歩けてます。

今日はなんだか良い調子。

さて。外輪山も残るは一つ!

鋸岳へと向かいましょう!

 

浅間山(前掛山)・浅間山外輪山・仙人岳から鋸岳へ

 

鋸岳へは下ります。

って、前方村人登山人発見です!

ひさしぶり人に会えました~。

 

浅間山(前掛山)・浅間山外輪山・鋸岳へは下ります

 

Jバンドの分岐です。

Jバンドをくだって行くと、賽ノ河原に着きますね。

ですがわたくしその前に、鋸岳ピークを目指しましょう。

 

浅間山(前掛山)・浅間山外輪山・Jバンドの分岐

 

あそこのつき当りが山頂ですかね?

それでは行ってみましょうか!

 

浅間山(前掛山)・浅間山外輪山・Jバンドの分岐から鋸岳へ 浅間山(前掛山)・浅間山外輪山・Jバンドの分岐から鋸岳へ2

 

07:58 鋸岳山頂

浅間山外輪山・鋸岳

山頂無事に到着しました!

最後まで逆光、ブレないですね。

ガトーショコラかどうなのか、まったくまぶしくてわかりません!

(まあだいたいわかってるんだけど)

 

浅間山(前掛山)・浅間山外輪山・鋸岳山頂

 

鋸岳のお次は賽ノ河原へ。

Jバンドをくだりに行きましょう!

 

浅間山(前掛山)・浅間山外輪山・鋸岳からJバンドへ

 

Jバンドの分岐に再び到着。

にしてもJバンドってすごい名前。

なんかJ-Popみたいな響き(だからどうしたと言われたらそれまでですが)。

 

浅間山(前掛山)・浅間山外輪山・Jバンドの分岐に再び到着

 

なにはともあれJバンド、これからくだって行きましょう!

 

浅間山(前掛山)・Jバンドをくだりましょう!

 

08:05 Jバンド

ドキドキしながらくだります。

落ちないように気をつけましょう。

 

浅間山(前掛山)・Jバンド

 

あれ?意外に普通におりれる。

砂利でたしかに足元すべるがそこまで怖いところじゃない。

 

浅間山(前掛山)・Jバンドつづく

 

 

08:15 賽ノ河原

10分ちょっとでおりちゃいました。

こちらが賽ノ河原になりますね!

 

浅間山(前掛山)・賽ノ河原

 

まるで日本じゃないみたい。

行ったことはないのだけれど、アリゾナあたりに来たみたい。

 

浅間山(前掛山)・ここはアリゾナ?いえいえ長野!賽ノ河原と言う場所です

 

黄葉しているカラマツですかね。

浅間山(前掛山)バックに写真を1枚。

なかなか良い画が撮れたんじゃなかろうか。

 

浅間山(前掛山)・黄葉のカラマツと浅間山(前掛山)

 

賽ノ河原からお次に行くのは前掛山登山口(賽ノ河原分岐点)になりますね。

いよいよここから幻の山、前掛山へと向かいます!

まとめ

今回は浅間山(前掛山)の山行(前編)でした。

車坂峠から黒斑コースをつかってトーミの頭へ。

そのあと浅間山外輪山(黒斑山、蛇骨岳、仙人岳、鋸岳)を縦走し、Jバンドをくだって賽ノ河原へ。

雲ひとつない快晴で、浅間山(前掛山)が常に逆光見えません。

ガトーショコラは見れるのか!?

はたして雪は残っているのか!?

答えは次回に持ち越しです!

ではまた!

ABOUT ME
kara
kara
karaです。山が好き!な週末だけの山登る人。日本百名山を中心に、いろんな山を楽しんでます。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

ブログランキングに参加しています。

ぽんこつブログではありますが、ポチっと応援お願いできればと!

こんな記事も読まれています