日本百名山

上高地から槍ヶ岳、涸沢・2泊3日小屋泊(中編)

槍ヶ岳山荘からの槍ヶ岳

こんにちは。

今回は前回から引き続き、上高地から槍ヶ岳、涸沢・2泊3日小屋泊(中編)です。

前回をまだ見ていない方はこちらからどうぞ。

今回のコースと地図

1日目:上高地(標高1505m)→明神館→徳沢→横尾(標高1620m)→槍沢ロッヂ→大曲→天狗原分岐→ヒュッテ大槍→殺生ヒュッテ

2日目:殺生ヒュッテ→槍ヶ岳山荘→槍ヶ岳(標高3179.7m)→槍ヶ岳山荘→天狗原分岐→大曲→槍沢ロッヂ→横尾

3日目:横尾→本谷橋→涸沢→涸沢ヒュッテ(標高2309m)→パノラマコース→新村橋→徳沢→明神館→上高地(河童橋)

 

登山記録

Day 2

05:49 殺生ヒュッテ

おはようございます。

時刻は朝の6時前。今日は殺生ヒュッテから右手に見える槍ヶ岳に登ります。

 

槍ヶ岳・涸沢・殺生ヒュッテ

 

太陽だんだん上がって来ました。

それではわたしたちも活動開始としましょう。

 

槍ヶ岳・涸沢・殺生ヒュッテからの日の出を望む

 

殺生ヒュッテからは、まずは槍ヶ岳の麓にある、槍ヶ岳山荘に向かいます。

写真は槍ヶ岳山荘向かう途中で、殺生ヒュッテを見た所。

幻想的な朝ですね。

 

槍ヶ岳・涸沢・殺生ヒュッテから槍ヶ岳山荘へ

 

06:26 槍ヶ岳山荘

殺生ヒュッテを出発して30分くらい。

槍ヶ岳山荘に到着です。

向こうに見えている山々は、飛騨乗越大喰岳(おおばみだけ)

 

槍ヶ岳・涸沢・槍ヶ岳山荘から飛騨乗越と大喰岳(おおばみだけ)を望む

 

反対側を見てみると。

すぐ目の前に、の穂先。

 

槍ヶ岳・涸沢・槍ヶ岳山荘から槍の穂先を望む

 

空の色がだいぶ落ち着きました。

下からの登山客もたくさん上がって来ましたね。

 

槍ヶ岳・涸沢・槍ヶ岳山荘から槍沢を望む

 

それではそろそろ。

荷物を下にデポしていって、山頂アタック行きましょう。

 

槍ヶ岳・涸沢・槍ヶ岳山荘に荷物をデポしていって、山頂アタックはじめましょう

 

槍ヶ岳、山頂行く道大渋滞。

なかなか前に進みません。

 

槍ヶ岳・涸沢・槍ヶ岳山頂行く道大渋滞

 

やることないからパシャパシャと。

こちらは、さっきも撮ったね槍ヶ岳山荘飛騨乗越と、大喰岳の写真です。

 

槍ヶ岳・涸沢・槍ヶ岳山荘と飛騨乗越と大喰岳

 

飛騨乗越をさらに先を見て行くと。

大喰岳の先には中岳が。そしてその先、穂高連峰

前穂高岳北穂高岳奥穂高岳と見えてます。

いつかこのキレット、縦走したい。

 

槍ヶ岳・涸沢・穂高連峰を望む

 

少し先に進んで来ました。

おお!これからこれを、登るのね。

 

槍ヶ岳・涸沢・槍ヶ岳山頂アタック

 

ちょっとずつちょっとずつ登ります。

 

槍ヶ岳・涸沢・槍ヶ岳山頂アタック2

 

ちょっと怖いハシゴを登る。

登りきったら次のかたどうぞ〜。

 

槍ヶ岳・涸沢・槍ヶ岳山頂アタック3

 

頂上間近のハシゴ2連チャン。

 

槍ヶ岳・涸沢・槍ヶ岳山頂アタック4

 

登りきったら頂上到着!

 

槍ヶ岳・涸沢・槍ヶ岳山頂到着!

 

08:36 槍ヶ岳山頂

わたしたち今、槍の穂先に立ってます。

日本で5番目に高いところに居る男。

 

槍ヶ岳・涸沢・槍ヶ岳山頂

 

山頂からの景色はこちらです。

まずは北側。

左下から伸びる尾根は西鎌尾根になりますね。

西鎌尾根をそのまま行くと、双六岳黒部五郎岳。残念ながら、雲で見えない。

右下から横に伸びる、荒い尾根は硫黄尾根

硫黄尾根の向こうには、水晶岳鷲羽岳と見えていて、こちらが裏銀座の稜線ですね。

鷲羽岳をそのまま左に向かって行くと三俣蓮華岳に着きますね。

そこから先は、先ほどの双六岳黒部五郎岳つながります。

 

槍ヶ岳・涸沢・槍ヶ岳山頂からの北の山々

 

こちらは北東になりますか。

社(やしろ)の後ろには、隠れてますが立山が。そして野口五郎岳ありますね。

真ん中あたりには針ノ木岳と、さらに奥には、ちょっとだけ見えてる鹿島槍ヶ岳

右の方には唐沢岳で、あの尾根そのまま歩いていくと、餓鬼岳燕岳ありますね。

 

槍ヶ岳・涸沢・槍ヶ岳山頂からの北東の山々

 

南側の景色はこちらです。

槍ヶ岳から伸びる東鎌尾根、そこから西岳赤沢山が。

そして奥の稜線の、真ん中に見えるのが常念岳でその右行くと蝶ヶ岳

常念岳の左には、大天井岳と続きます。

 

槍ヶ岳・涸沢・槍ヶ岳山頂からの南の山々

 

南西景色はこちらです。

手前から、大喰岳から中岳南岳へと続きます。

その先あるのは北穂高岳涸沢岳奥穂高岳と続いて行って、そこから前穂高岳西穂高岳に行けますね。

そうそう、忘れちゃいけない、ジャンダルムもしっかり見えていました。

 

槍ヶ岳・涸沢・槍ヶ岳山頂からの南西の穂高連峰

 

山頂景色を堪能したら、槍ヶ岳山荘まで降りましょう。

 

槍ヶ岳・涸沢・槍ヶ岳山頂から下山

 

09:08 槍ヶ岳山荘

はい、槍ヶ岳山荘到着です。

時刻はちょうど9時くらい。6時30分に登りはじめたから、2時間30分かかってます。

コースタイムは1時間。かなり渋滞してました。

待ってる間、かなり寒くなってくるので、防寒グッズ忘れず持ってきましょう。

 

槍ヶ岳・涸沢・槍ヶ岳山荘、正面

 

山荘前で、ちょっと早めのご飯です。

カップラーメンで、冷えた体を温めましょう。

 

槍ヶ岳・涸沢・槍ヶ岳山荘でご飯

 

槍ヶ岳見ながらご飯です。なんとも贅沢なシチュエーション。

 

槍ヶ岳・涸沢・槍ヶ岳山荘からの槍ヶ岳

 

ご飯を食べたら下山です。

ほんとは飛騨乗越大キレット通って涸沢行きたい。

でもね過信はいけませんよと。実力わかってなきゃダメじゃないかと。

槍沢下って横尾を目指します。

10:53 坊主の岩小屋播隆窟)

こちらは途中にあった、坊主の岩小屋播隆窟とも言いますね。

なんでも、槍ヶ岳を開山した播隆上人が53日間ここに籠って、念仏を唱えてたんですって。

すごいですね〜。

 

槍ヶ岳・涸沢・坊主の岩小屋(播隆窟)

 

12:06 槍沢大曲り

槍沢大曲に到着です。

下りは楽チン、次は上高地の方に向かって行きますよ。

 

槍ヶ岳・涸沢・槍沢大曲り

 

12:27 槍沢キャンプ場・ババ平

はい、ババ平キャンプ場に戻って来ました。

そのままサクサク行きましょう。

 

槍ヶ岳・涸沢・ババ平キャンプ場

 

途中にあった槍見の文字。

目の前の尖った山は、槍(槍ヶ岳)じゃない、、

どこからか槍ヶ岳が見えるのかしら。

 

槍ヶ岳・涸沢・槍見

 

12:48 槍澤ロッヂ

そのまま槍沢下って行って。槍澤ロッヂに到着です。

 

槍ヶ岳・涸沢・槍澤ロッヂ

 

槍澤ロッヂからは、ゆるい下り坂を歩きます。

二ノ俣一ノ俣と行きましょう。

と、途中で何かが視界を横切る。

お猿さんを発見です!

何匹か群れて歩いてました。

 

槍ヶ岳・涸沢・槍澤ロッヂ近くで発見!お猿さんだよ!

 

14:08 横尾

そしてしばらく歩いて行って、本日のお宿、横尾です。

ほんとは涸沢まで、行ってしまいたかったのですが、予想以上に槍の頂上で時間をくってしまったので今日はこちらで宿泊です。

 

槍ヶ岳・涸沢・横尾

 

現在時刻は14時くらい。寝るにはちょっと早すぎる。

と言うことで、外で景色を眺めたり、ぶらぶらしながら時間をつぶします。

 

槍ヶ岳・涸沢・横尾大橋

 

なにはともあれ、本日の山行も終了です。

明日は涸沢向かいましょう!

 

槍ヶ岳・涸沢・横尾山荘

まとめ

今回は上高地から槍ヶ岳涸沢・2泊3日小屋泊(中編)でした。

あこがれの槍ヶ岳、ついに登頂できました!

山頂からは、表銀座裏銀座大キレットジャンダルムなど行きたい場所がたくさん見えて。

北アルプスはやばいです。

なにはともあれ、次回は涸沢向かいます。

ではまた!

ABOUT ME
kara
kara
karaです。山が好き!な週末だけの山登る人。日本百名山を中心に、いろんな山を楽しんでます。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

ブログランキングに参加しています。

ぽんこつブログではありますが、ポチっと応援お願いできればと!

こんな記事も読まれています