日本百名山

神坂峠から恵那山・日帰り

恵那山

こんにちは。

今回は中央アルプス最南端の、日本百名山・恵那山です。

恵那山は、天岩戸の神隠れのあの天照大神(あまてらすおおかみ)が降誕した(生まれた)山とも言われる、由緒ある山ですね。

名前の由来については諸説あるようなので、ちょっと軽く調べてみました。

古くは胞山、胞衣山とも書かれ、また角度により船を伏せたように見える事から舟覆伏山 (ふなふせやま) などとも呼ばれた。吉蘇志略で「天照大神がここで降誕され、その胞衣(えな)がこの山に埋められた」と記載されており、これが山名の由来とされている。信州側では「野熊山」とも呼ばれていた。

出典元:wikipedia

ほかにも、かの島崎藤村が(本に)書いたやら、美濃の最高峰やらいろいろと、調べてみるでてくるでてくる。

どんな山なんですかね、初登頂です!

楽しみに今日も行ってみましょう!

山のカテゴリ

中央アルプス

 

主な山の基本情報

恵那山(えなさん)

中央アルプスの一番南にある標高2191mの山。日本百名山新・花の百名山信州百名山一等三角点百名山です。美濃の最高峰でもあるんですって。

今回のコースと地図

神坂峠(標高1569m)からパノラマ山頂鳥越峠大判山(標高1696.3m)を経て恵那山(標高2191m)へ。恵那山からは広河原まで下り、そこから廃道を通り神坂峠へと至る周回コースです。

  • 技術度 :
  • 体力度 :

意外と長いコースです(15km!)。周回コースを行ったのですが普通にピストンが良いかもしれない。

  • 景観  :

ちょっと今日は、雲が多くて山頂、隠れちゃいました(恥ずかしがりやさんだな~、このっこのっ)。

  • アクセス:
  • 混雑度 :

東京からマイカーでは、中央自動車道・中津川ICから神坂峠(みさかとうげ)へアクセスです。

  • 標準コースタイム:9時間40分
  • コースの距離:15.7km
  • 最小標高: 1267m
  • 最大標高: 2189m
  • 累積標高(登り):1279m
  • 累積標高(下り):1269m

 

登山記録

08:16 神坂峠・恵那山登山口

天気はくもり。

東京からはるばる、中央自動車道を中津川まで走ってきました。

わたし、中央自動車道はいつもだいたい諏訪あたりまで。

諏訪あたりで八ヶ岳に行くか、その前におりて南アルプス岡谷(長野自動車道)で北アルプス行くかです。

(東京から)一番遠くも、駒ヶ根なので、今日は記録更新です!(パチパチ)

と言うことでハイ、盛大に話がそれましたが、今日は中津川で降りて、神坂峠

今日はここから、中央アルプス最南端恵那山に登ります!

 

恵那山・神坂峠登山口

 

08:30 パノラマ山頂

恵那山は、広河原からのルートが一般的ですかね。

コースタイムも適当ですし(山頂まで4時間20分!)、道もしっかりしています。

しかし景観あまりないらしく、今日はみんなと違う神坂峠からのスタートです。

神坂峠から恵那山頂までは5時間くらいで、いくつかの山を越え、縦走しながら登ります。

で、神坂峠から10分くらいですかね。あっという間に1つ目の、パノラマ山頂到着しました!

ここは展望良いところ。

前方には(雲がかかった)恵那山見えて、後ろは、富士見台高原見えています。

 

恵那山・パノラマ山頂

 

富士見台高原と言えば!下には恵那山トンネル通っています。

今日来るとき通ったのですが、なんと長いトンネルだろうとビックリしながら運転してました。

恵那山トンネル

全長は上り線が8,650m、下り線が8,490m。1975年の開通当初は道路トンネルの中で日本一の長さで、世界で2番目に長い道路トンネルであった。2017年11月現在は山手トンネル、関越トンネル、飛騨トンネル、アクアトンネル、栗子トンネルに続き第6位の長さである。

出典元:wikipedia

 

話は戻って。パノラマ山頂からお次は、鳥越峠に向かいます。

峠って言うくらいなので、いったん下って峠に向かいます。

 

恵那山・パノラマ山頂から恵那山に向かう稜線

 

下まで下ってくるとさすがに、木々がだんだん増えてきました(標高下がってるからね)。

恵那山についてはチラッと見えたり見えなかったり。

けっきょく(なにがしかの)山頂からは見えますが、途中は展望あまりないですね。

 

恵那山・パノラマ山頂からは恵那山見えたり見えなかったり

 

08:47 鳥越峠

木々に囲まれた、鳥越峠

ここの標高は1550m。

神坂峠の標高が1569mだったので、ちょっと下ってきてますね。

 

恵那山・鳥越峠

 

再び展望ひらけてきました。

お次の山は大判山です。

ちなみに、鳥越峠まではほとんど登りはなくて、ここからが本番・登りです!

 

恵那山・大判山

 

09:18 大判山

大判山の山頂にはベンチがありました。

ここからも恵那山見えますが、う~ん残念、ちょっと雲がかかってますね。。

 

恵那山・大判山山頂からの恵那山 恵那山・大判山山頂

 

大判山の標高は1696m!

恵那山山頂は2191mなので、まだまだ先は長そうです。

 

恵那山・大判山から恵那山へ

 

大判山から30分。天狗ナギが見えました。

大判山の手前にも、ウバナギっていうナギあるそうです。

ちなみに、わたしもはじめて知ったのですが、ナギ(薙)とは山の崩れたところ

 

恵那山・天狗ナギ

 

山頂まであと2.5km。

この標識、ちょこちょこありました。

最初があと6kmの標識だったので、ここでやっと半分くらい。

 

恵那山・山頂まで2.5km

 

天狗ナギから中津川

かなり崩れていましたね~。

こう言うの見ると、自然でスゴイし怖いと思う。

 

恵那山・天狗ナギから中津川

 

引き続き恵那山登りましょう。

って、前に見えるあれ登るんですかね?

けっこう急な坂に見えます。

 

恵那山・天狗ナギから恵那山山頂へ

 

やっぱりそうでした、この道登る場所でした。

わたし登りに来てたんだ!

観念しながら登ります。なんかちょっと疲れてたのか、恵那山直下のこの登り、けっこうキツイ道でした。

 

恵那山・恵那山直下の急登

 

ちなみにこのコース、全然ひとが居ませんでした。。

ここまで会った登山客、わたし含めて4人だけ。

貸し切り状態ってことでいいですか?何事もポジティブにとらえましょう!

そして、、

そんな貸し切りコース、岩の急登、登っていくと。

前宮コースの分岐点に到着!

 

恵那山・前宮コースとの分岐点

 

前宮コースの分岐点からは、ほとんど登りはありません。

さきほどの岩の急登が、最後のキツイところになりますね(がんばった!!)。

 

恵那山・前宮コースの分岐点からはほとんど登りはありません

 

そしてここからは、山岳信仰の山らしい、摂社(社・やしろ)がいくつか出てきましたね!

まずは1つ目、二乃宮社 剣神社 天目一箇命

 

恵那山・二乃宮社 剣神社 天目一箇命

 

2つ目摂社三乃宮社 神明社 天照大神 豊受姫大神

 

恵那山・三乃宮社 神明社 天照大神 豊受姫大神

 

3つ目、四乃宮社 熊野社 速王男命

 

恵那山・四乃宮社 熊野社 速王男命

 

10:53 恵那山山頂小屋

摂社を数えて歩いていたら、恵那山山頂小屋に到着しました。

ここからいっきに人が増えて、にぎやかな山になりました。

神坂峠からではなく、広河原から登った人たち?

いずれにしても(人がいるって)ホッとする。

 

恵那山・恵那山山頂小屋 恵那山・恵那山山頂小屋前の広場

 

休憩するか?と悩みましたが、いっきに山頂まで行っちゃいましょう。

小屋からはあとちょっと。

トイレ脇を通って行って、恵那山山頂目指しましょう。

 

恵那山・恵那山山頂小屋近くの公衆トイレ

 

ゆる~い坂を登っていって。

 

恵那山・山頂まであと少し

 

4つ目摂社(五乃宮社 富士社 木花咲開姫大神)を越えて行き。

 

恵那山・五乃宮社 富士社 木花咲開姫大神

 

まだまだありました摂社5つ目。

六乃宮社 葛城社 一言主大神

 

恵那山・六乃宮社 葛城社 一言主大神

 

山頂手前に恵那神社奥宮

こちらは伊邪那岐大神伊邪那美大神を祀っています。

ちなみに摂社は6つだそうで。

わたし2番目からしか見ていません!

なんてこった!戻ろうか!?待て待てその前に調べてみよう!

どこにあるかと調べてみたら、どうやら前宮コースに(1つ目摂社が)あるみたい。

そこは今回通ってないコース。次回以降に持ち越しですかね~。

 

恵那山・恵那神社 本社(奥宮) 伊邪那岐大神 伊邪那美大神

 

11:00 恵那山山頂

そして、そのまま少し歩いていくと、11時ピッタリに恵那山山頂、到着しました!

 

恵那山・恵那山山頂 恵那山・胞山、胞衣山

 

普通の山頂標識のお隣には、わりと新しめなコチラの標識。

ん~なになに?ACHI 7 SUMMITS 阿智セブンサミットとありますね!

なんじゃらほいと調べてみると、東山道・園原ビジターセンターはゝき木館阿智の山を登るイベントでした!

気になった方は、ぜひコチラをご覧ください(外部サイトに飛びます)。

南信州・阿智村にある7つのピークを制覇しよう!阿智セブンサミット2018

 

恵那山・恵那山山頂の阿智セブンサミットの山頂標識

 

そして、さっきから気になっていた展望台。

いろんなブログ・情報を見たので、答えは薄々わかってますが、自分の目で見て確かめましょう。

 

恵那山・山頂の展望台

 

ガスっているのもありますが、木々が邪魔で、な〜んにも見えない。

見る方向が悪いのかなと、いろんな方角見てみても、雲と木しかやっぱり見えない(なんてこった!)。

 

恵那山・山頂展望台からの景色

 

恵那山山頂、展望なしです。

景色を見るのは諦めて、パパッとご飯を済ませて下山としましょう。

下山については、ピストンなので神坂峠

がほんとうの予定だったのですが、違う景色が見たいので広河原の方へ下山です。

そうそう。広河原のコースは標識に、10/10、9/10・・・8/10と残数書いてます。

わかりやすい!

 

恵那山・広河原登山口まで2.8km

 

広河原のコースは、途中にいくつかひらけたところもありますが、基本は樹林帯を下ります。

 

恵那山・広河原のコース、木々の間を進みましょう

 

広河原登山口まで0.3km。

1/10の表示です。

いっきにここまで下りてきました。

ちなみに、なぜか0.3kmきざみでしたが細かいことは気にしない。

 

恵那山・広河原登山口まで0.3km

 

1/10標識過ぎてからは、岩ゴロゴロの道を通ったり、シダが生い茂る道を通ったり、丸太の橋を渡ったり。

 

恵那山・広河原の丸太の橋 恵那山・広河原登山口まであと少し

 

12:23 広河原登山口

そんなこんなで広河原登山口に到着しました!

 

恵那山・広河原登山口

 

広河原登山口に降りてきたほとんどの人は、峰越林道歩いてゲートに向かって行きました。

わたしはみんなと逆方向。廃道通って神坂峠に向かいましょう。

 

恵那山・峰越林道

 

山と高原地図でこの道見てみると、広河原登山口からパノラマ山頂までは2時間と10分。

登りも下りも同じの、コースタイムが書いてあります。

ひたすらフラットな道が続くのか、登って下るのどちらかか。

いずれにしても山道終了。あとは消化試合です。

 

恵那山・廃道を行く

 

な〜んてね、そんなこと考えてた自分が甘かった。。

この廃道はずーっと登り坂でした(なんてこった!)。

 

恵那山・廃道を行く2

 

ほんとに誰も通らないので、道のメンテナンスされていない(廃道だからね)。

岩が落ちてるわ、道が割れてるわ、悲惨な道が続きます(廃道だからね)。

 

恵那山・廃道を行く4

 

広河原登山口から45分。

ひたすら廃道登って行くと。ゲートに辿り着きました。

 

恵那山・廃道を行きゲートに辿り着く

 

ゲートから、さらに登って15分。

富士見台パノラマルート登山口になんとか辿りつきました。

 

恵那山・恵那山登山口・富士見台パノラマルート

 

パノラマルートに復帰して、振り返っての恵那山です。

雲がちょっと多いのですが、なんとかギリギリ見えました。

 

恵那山・パノラマルートからの恵那山

 

13:35 パノラマ山頂

再びのパノラマ山頂神坂峠まであと少し。

 

恵那山・パノラマ山頂からの恵那山

 

富士見台高原見ながら歩き。

 

恵那山・神坂峠

 

13:47 神坂峠

そして下山を完了しました!

広河原からは、ずっと廃道登りっぱなし。下山ってなんだか違和感ありますが、無事に終えたので良しとしますか。

 

恵那山・神坂峠へ下山完了

 

なにはともあれ、山行終了!

今日も一日、お疲れ様でした!

まとめ

今回は中央アルプス最南端恵那山の山行でした。

信仰暑い恵那山ですが、景観は(天気もあって)あまりなかったかもです。

いずれにしても、日本百名山36座目クリアーです!

まだまだ先は長いのです。

勝手に採点

わたし勝手に今回の山行を採点しました!

  • 満足度 :

次登るならば広河原から!神坂峠の周回は、廃道登るのでおすすめしません。

(どうしても行くのなら、広河原スタートとして恵那山登り、神坂峠を通って広河原に下山する周り方をオススメします)

 

恵那山

 

以上、本日の山行記録でした。

ではまた!

こんな記事も読まれています