日本二百名山

一の鳥居から武甲山・日帰り

武甲山

こんにちは。

今回は武甲山・日帰りの記録です。

狼信仰と石灰岩の山ですね、ちょっと行ってきましたよ。

山のカテゴリ

秩父・武蔵・多摩

 

主な山の基本情報

武甲山(ぶこうさん)

標高1304mの日本二百名山。花の百名山にも選ばれています。

今回のコースと地図

一の鳥居(標高520m)から不動滝を経て武甲山(標高1304m)へ。その後、小持山(標高1273m)大持山(標高1294m)を縦走し、一の鳥居へ戻るコースです。

  • 技術度 :
  • 体力度 :

標高は1304mと高くないものの、しっかり1000m近く登る山。

  • 景観  :

基本樹林帯になりますね。たまに木々の間から、秩父の街並み見えますよ。

  • アクセス:
  • 混雑度 :

東京からマイカーでは、圏央道・青梅ICで下り、下道で一の鳥居までアクセスします。

  • 標準コースタイム:5時間35分
  • コースの距離:13.1km
  • 最小標高: 375m
  • 最大標高: 1324m
  • 累積標高(登り):1290m
  • 累積標高(下り):1414m

 

登山記録

天気は晴れ。

今日は武甲山に来てみました。

スタートはこちら一の鳥居。標高520mからのスタートです。

 

武甲山・一の鳥居

 

こちらの神社、オオカミ信仰があるそうで。

狛犬の場所にはオオカミの像がありました。

 

武甲山・オオカミの像

 

しばらく歩いて進んで行くと。

武甲山登山道のマップがありました。

まずは表参道コースを行きましょう。

 

武甲山・武甲山登山道マップ

 

ではい、表参道を1時間30分くらいですかね、登って行くと。

御嶽神社に到着です。

途中ずっと林道だったからか、一枚も写真、撮ってません。。

次行った時は忘れないよう撮ってこよう。

 

武甲山・御嶽神社

 

御嶽神社の狛犬の場所にも、やっぱりオオカミいましたね。

 

武甲山・御嶽神社のオオカミ

 

御嶽神社からは、10分もかからず武甲山山頂に着きました。

方位盤もありますね。

 

武甲山・山頂の方位盤

 

武甲山の山頂標識こちらです。

 

武甲山・山頂標識

 

武甲山山頂、フェンスに囲まれてます。

フェンス越しには秩父の街が見えてます。

 

武甲山・武甲山山頂からの秩父の街

 

でっかい工場ありますね。車でくる途中にもありました。

工場マニアにはたまらないシチュエーション、なんですかね。

 

武甲山・頂上からの工場

 

場所は変わって小持山

武甲山から縦走して来ました。

それにしても今回は、ほんとに写真を撮ってません。

 

武甲山・小持山

 

小持山からの展望こちら。

 

武甲山・小持山の展望

 

小持山から大持山に向かう途中。

登山犬に会いました。

飼い主さんをずっと見てて、全然こちら、見てくれません。

 

武甲山・小持山から大持山に向かう途中で会った登山犬

 

大持山近くの絶景ポイント。

 

武甲山・大持山近くの絶景ポイント

 

こちらは雨乞岩近くです。

 

武甲山・大持山、雨乞岩

 

そして大持山に到着しました。

 

武甲山・大持山

 

大持山からは、妻坂峠を越えて行き、一の鳥居へ戻りましょう。

とちょっと待って、何かいますね。

 

武甲山・妻坂峠を越えたところにある標識

 

アップで撮ってみましたよ。この鳥なんて名前でしょう?

 

武甲山・妻坂峠近くの鳥、名前知らず

 

そしてそこから歩き続けて、一の鳥居まで戻って来ました。

 

武甲山・一の鳥居

 

アップでオオカミを撮ってみました。

ちょっとリアルで怖いです。

 

武甲山・一の鳥居のオオカミ、ちょっと怖い

 

山から下山した後は、武甲温泉やって来ました。

 

武甲温泉

 

お風呂でさっぱりした後は、のんびり車で帰りましょう。

こちらの写真は車で家に帰る途中、窓から見えた武甲山

二百名山だってのに、かなり削られちゃってます。

 

窓から見えた武甲山、かなり削られてます

 

何はともあれ登山終了、今日も一日お疲れ様でした!

まとめ

今回は武甲山小持山大持山縦走の山行でした。

樹林帯と変わらない景色が多かったので、全然写真を撮ってませんね。

次回武甲山来た時は、しっかり記録(写真)、撮りましょう。

勝手に採点

わたし勝手に今回の山行を採点しました!

  • 満足度 :

登り甲斐ある山ですね。次回はのんびり歩きたい。

 

武甲山

 

今回の山行の補足情報まとめてみました。

よろしければ参考までにどうぞ。

温泉

武甲温泉

 

以上、本日の山行記録でした。

ではまた!

こんな記事も読まれています