日本百名山

残雪期・室堂から立山・1泊2日テント泊(雄山編)

残雪期・立山(雄山)

こんにちは。

今回は前回から引き続き、令和最初の登山立山の山行のお話です。

前回は室堂から雷鳥沢キャンプ場へと向かい、その後奥大日岳を登ったお話。

今回はキャンプ場から称名川(しょうみょうがわ)沿いを歩いて雄山を目指すお話です。

この日は快晴と言うこともあって、雷鳥平からは見事な立山(雄山、大汝山、富士ノ折立)眺めることができ、一ノ越雄山からは、槍ヶ岳穂高笠ヶ岳まで大パノラマを楽しめました。

百聞は一見にしかず(ちょっと違う?)、それではお話はじまりはじまり〜。

山のカテゴリ

北アルプス

 

主な山の基本情報

立山(たてやま)

雄山(おやま、標高3003m)大汝山(おおなんじやま、標高3015m)富士ノ折立(ふじのおりたて、標高2999m)の3つの山の総称ですね。日本百名山新日本百名山花の百名山一等三角点百名山に選ばれています。

今回のコースと地図

雷鳥沢キャンプ場から一ノ越山荘を経て雄山(標高3003m)へ。下山は雄山から一ノ越山荘を経て室堂(標高2420m)へと下るコースです。

  • 技術度 :
  • 体力度 :

バスやロープウェイの終電時刻があるので、余裕を持った計画を。

立山黒部アルペンルート・時刻表(クリックすると別サイトが開きます)

  • 景観  :

北アルプスの山々が、どこまでも広がっています。

  • アクセス:
  • 混雑度 :

東京からマイカーでは、中央自動車道と長野道を使い安曇野ICへ。その後下道で黒部ダム・扇沢へのアクセスです(長野県側からのアクセスです)。

  • 標準コースタイム:9時間55分
  • 最小標高: 2270m
  • 最大標高: 2989m

 

登山記録

2日目

06:30 雷鳥沢キャンプ場

おはようございます。

時刻はただいま朝の6時30分。だいぶ明るくなってきました。

別山真砂岳を登り、そのまま富士ノ折立大汝山雄山へと登る方たちは、すでに支度を終えた頃。

わたしたち(わたくしkarahirooneです)はと言いますと、今日は雄山だけを登る予定。

雄山登ったら名残惜しいですが室堂へ。扇沢へと下山します。

ほんとうはもっともっと連泊し、立山の山々満喫したい!

ですがそれは次回へお預け。テントをかたずけ、出発の準備をはじめましょう。

 

残雪期・立山(雄山)・雷鳥沢キャンプ場

 

ちなみに。テントをかたずけるときに大変だったのが、竹ペグの回収です。

昨日テント設営するとき雪がけっこうグズグズで、これは簡単にペグが取れてしまうのでは?と深く深~く埋めた結果・・・。

雪が凍って、全然ペグがとれません(汗)

雪がほんとにカッチコチ、スコップやピッケルでガンガン削って、なんとか回収できました(疲)。

 

残雪期・立山(雄山)・雷鳥沢キャンプ場その2

 

もっと太陽上がってきてから、雪が溶けてから(ペグ)回収するとか、なにか方法考えなきゃですね(深く埋めすぎない、と言うのもありますが)。

理想は「テント張ったままどこかに登って、雪が溶けてきてから下山&テントを回収」、とかでしょうかね。

ですがわたしたち、雄山登ってまたキャンプ場に下りてきて、そしてまた雷鳥沢登り返すというのはキツかったので、はじめからテント背負って雄山登ります。

kara
kara
同じようなルート通るのはなるべく避けたいタイプ。なのでピストンではなく周回ルートを好きですわたし。

 

残雪期・立山(雄山)・雷鳥沢キャンプ場の雪だるま

 

07:58 雷鳥沢キャンプ場

閑話休題。

けっこう時間かかりましたが、ようやくテント撤収完了です。

それでは行かん!いざ立山(雄山)へ!

 

残雪期・立山(雄山)・雷鳥沢キャンプ場からの立山

 

雷鳥沢キャンプ場から雄山へと向かうルートはいくつかありますが、今回わたしたちが選んだのは称名川(しょうみょうがわ)沿いに一ノ越雄山と目指すルート。

無雪期、夏山などではほんとうに称名川沿いを歩いて行くルートみたいなのですが、川は今は雪の下。

ただただ広い、それはそれは真っ白な道歩きます。

ちなみにこの称名川の下流には、称名滝(しょうみょうだき)という日本一の落差(350m)を誇る滝があるそうです。日本の滝百選日本の音風景100選日本三大名瀑などにも選定されているそうなので、いつかコチラも行きたいですね。

 

残雪期・立山(雄山)・雷鳥沢キャンプ場からの浄土山

 

左に立山、右に浄土山と、眺めながら、一ノ越目指して歩きます。

しばらく歩くと、山崎カールの下あたりかな?こんもりした丘が見えてきました。

この丘、脇(右下)を通って行くこともできますが、立山がより間近に見えそうだ、と言うことで、丘の上から進んでみます。

 

残雪期・立山(雄山)・雷鳥沢キャンプ場から一ノ越へ 残雪期・立山(雄山)・快晴の立山 残雪期・立山(雄山)・絶景の立山

 

みなさん(他の登山客)、別山経由で登ったのかな?

それとも雷鳥荘の方から登ったのかな?

いずれにしても、全然人が歩いていません。

もしやここは雪崩が多い?

状況しっかり見定めながら、慎重に進んで行きましょう。

にしても、こんなところにもシュプールが。

バックカントリーってほんとにスゴイ、どんなところからでも滑れるものだな~。

 

残雪期・立山(雄山)・シュプール 残雪期・立山(雄山)・一ノ越までつづくトレース

 

荷物なかなか重いので、休み休み登ります。

と言うことで、来た道ちょっと見てみましょう!

左に見えるは、昨日登った奥大日岳かな、右端見えるは別山かしらん。

 

残雪期・立山(雄山)・雷鳥沢、別山を背に

 

進行方向正面に見えるのは、浄土山の脇を通って、一ノ越へと向かう人たち。

 

残雪期・立山(雄山)・室堂から一ノ越へと向かう人たち

 

立山浄土山が交わるあたりから、傾斜がどんどんキツくなる。

天気もビックリするほど快晴なので、汗が出る出る止まらない。

ひさびさに山で半袖になりました。

5月の立山めっちゃ暑い!!

とは言え、夜や天候悪化の際などは極寒なので、当たり前ですが防寒対策はしっかりしましょう。

 

残雪期・立山(雄山)・一ノ越は急坂

 

急坂から後ろ振り返って見た景色。

奥大日岳良い天気!

今日登った人最高だろうな~(うらやましい!)

 

残雪期・立山(雄山)・一ノ越は急坂その2

 

09:45 一ノ越山荘

えっちらおっちら重い荷物を背負いながら、なんとか一ノ越到着しました!

ほんと最後の急登つかれましたが、称名川のこのルート、景色はこの旅一番でしてお気に入りになりました!

 

残雪期・立山(雄山)・一ノ越山荘

 

休憩がてら、写真をパシャリ。

コチラは一ノ越からの景観です。

右にあるのが龍王岳かな。そこから笠ヶ岳槍ヶ岳穂高岳と。

さらには常念岳大天井岳燕岳など北アルプスの名峰並びます。

 

残雪期・立山(雄山)・一ノ越からの北アルプスの山々

 

体力回復OKです!

荷物をコチラにデポして行って、それでは雄山へいざ参らん!

 

残雪期・立山(雄山)・一ノ越から雄山へ

 

岩々、ときどき雪の道、頂上目指して登りましょう。

バックには、龍王岳浄土山

コチラは二山とも登ってないので次回来た時登りに行こう。

 

残雪期・立山(雄山)・雄山から浄土山、龍王岳

 

何度も見ちゃうこの景観。

槍ヶ岳(2枚目)も尖ってますけど笠ヶ岳(3枚目)もなかなかですね。

 

残雪期・立山(雄山)・雄山からの北アルプス 残雪期・立山(雄山)・雄山からの槍ヶ岳 残雪期・立山(雄山)・雄山からの笠ヶ岳

 

途中の社(やしろ)でひと休み。

いや~ほんとに晴れて良かった!

 

残雪期・立山(雄山)・雄山、ひと休み

 

奥大日岳室堂平

1枚目の小屋は室堂山荘かな。2枚目のアップは室堂ターミナル

 

残雪期・立山(雄山)・雄山からの室堂平、奥大日岳 残雪期・立山(雄山)・雄山からの室堂

 

休憩済んだらラストアタック!

雄山神社も見えてきたのであとちょっとで山頂ですね!

 

残雪期・立山(雄山)・雄山ラストアタック! 残雪期・立山(雄山)・雄山ラストアタック!!

 

ハイ!

雄山山頂、到着しました!

人がたくさん登ってますね~。やはり立山人気の山です!

(昨日の奥大日岳山頂は誰もいなかったので対象的でおもしろい)

 

残雪期・立山(雄山)・雄山神社

 

雄山神社はさすがに営業していませんね。

そしてビックリしたのがこの鳥居です。ここまで雪に埋もれるなんて(笑)

 

残雪期・立山(雄山)・雄山神社と雪だるま

 

11:24 雄山山頂

さらにさらにビックリ!したのが、なんと雄山山頂無料で行ける

夏に登って来たときは、登拝料500円かかりました。

けれど積雪期は無料みたいで、なんとも得した気分です。

(あまり喧伝しないほうが良いのかしら?なんてことも思ったりしなかったり)

なにはともあれ、雄山登頂完了です!

いや~、ほんとに良い山ですねッ!

 

残雪期・立山(雄山)・雄山山頂

 

コチラは雄山山頂からの大汝山富士ノ折立方面ですね。

今回はコチラ、歩いてませんが滑落に注意!とのことです。

 

残雪期・立山(雄山)・雄山山頂からの大汝山、富士ノ折立

 

雄山山頂からの雄山神社

右奥は八ヶ岳かな?南アルプスとか富士山も見えますね。

 

残雪期・立山(雄山)・雄山山頂からの展望

 

一等三角点「立山」です。

一等三角点百名山なんて言うのもありまして、数えてみたら、今まで20座登っていました。

kara
kara
ちなみに、一等三角点の点名って、必ずしもその山の名前と言うわけじゃないので、いろいろ調べてみるとおもしろいです!

 

残雪期・立山(雄山)・一等三角点「立山」

 

帰りのバスの時間もあるので名残惜しいですが、下山をしましょう。

ここは雄山途中の社です。

記念に雪だるま⛄をご奉納。

 

残雪期・立山(雄山)・下山中に雪だるま

 

12:10 一ノ越山荘

下りは早いですね。あっと言う間に一ノ越

あとは室堂行くだけなので、ここでちょっと長めの休憩しました。

 

残雪期・立山(雄山)・一ノ越山荘へ下山

 

13:32 一ノ越山荘

ご飯を食べたり景色を見たり、まったり時間を過ごしたら、そろそろ室堂帰りましょうか。

 

残雪期・立山(雄山)・一ノ越から室堂へ

 

圧巻の立山景観。

大日尾根は雲出てきました。昨日もほんとそうでしたけど、お昼過ぎると(雲)出やすいのかな?

 

残雪期・立山(雄山)・圧巻の立山景観

 

テッカテカの浄土山見ながら下山中。

 

残雪期・立山(雄山)・浄土山

 

ここも滑れるんだね、浄土山とBCスキーヤー。

サーっとわれわれ追い越して、颯爽と滑り下りてく(カッコいい~)。

 

残雪期・立山(雄山)・浄土山とBCスキーヤー

 

室堂山荘奥大日岳

いや~なんか絵になるなぁ(語彙力)。

 

残雪期・立山(雄山)・室堂山荘と奥大日岳

 

一ノ越へと向かう登山者。

ほんとこの先最高ですから!立山どんどん楽しんでください!

 

残雪期・立山(雄山)・一ノ越へと向かう登山者

 

一ノ越から下りきると、そこには広~い真っ白な室堂平

 

残雪期・立山(雄山)・室堂平からの景観

 

昨日登った場所だからかな、やけに奥大日岳がカッコいい。

どこぞの山ヤ(〇歩)が言ってましたが、「遠く見たずっとキレイなるんだ頂上まで登った!」はほんとですね。

 

残雪期・立山(雄山)・奥大日岳

 

室堂駅についてしまう。

ああ、名残惜しい、帰りたくない。。

 

残雪期・立山(雄山)・室堂駅へ

 

14:18 室堂

未練たらたらですが帰らなきゃ!

ええいままよ!と室堂駅へ。

 

残雪期・立山(雄山)・室堂駅

 

室堂駅からは、14時25分の大観峰(だいかんぼう)行きのトロリーバスに乗って(めっちゃ混んでた!)、そのあとこちらのロープウェイめっちゃ混んでた!)。

ココもほんとに絶景で、前に見えてる黒部湖と、赤沢岳(ロープウェイの真後ろ)、針ノ木岳(右端)見えてて最高ですね!

ロープウェイの途中からは、鹿島槍ヶ岳唐松岳なんかも見えちゃって、テンション上がりまくりの下山です。

 

残雪期・立山(雄山)・ロープウェイと黒部湖

 

ロープウェイ降りたら黒部平で、お次はケーブルカー乗って黒部湖です(めっちゃ混んでた!)。

コチラは黒部湖駅降りたあとの、黒部ダムからの景観ですね。

ほんと天気に恵まれました。ありがとう立山!最高でした!

 

残雪期・立山(雄山)・黒部ダムからの立山連峰

 

コチラも黒部ダムからの景観ですネ。

迫力あるね~、黒部別山

 

残雪期・立山(雄山)・黒部別山

 

コチラ黒部湖の奥に見えるは、二百名山・赤牛岳です!

いつかここにも行かなきゃな~(日本二百名山やるならば。やるなら、ですよ?)

 

残雪期・立山(雄山)・黒部湖と赤牛岳

 

ココはやられた。

もう登りはないものと、思っていたところの急登でした。。

赤沢岳真下の、黒部ダム駅に向かう階段。

ひーひー言いながら登りましたよ!!(逆ギレ)

 

残雪期・立山(雄山)・最後の急登

 

16:22 扇沢

黒部ダムから電気バスに乗って(トロリーバスじゃないのね)、扇沢へと無事到着(めっちゃ混んでた!)。

2時間かかった計算ですね、、

なんにせよ下りれたから良しとしよう。

 

残雪期・立山(雄山)・扇沢

 

これから運転して東京さ帰る。帰るまでが登山です!

なにはともあれ、今日も一日、お疲れ様でした!

まとめ

前回・今回は、2回にわたっての令和最初の登山、残雪期・立山山行でした。

いや~立山最高ですね!(語彙力)

緑も良いけど白も良い!

次は紅葉かな?楽しみでならん!

ちょっとまとめがおろそかですけど行ってみてください!圧巻ですから!!

勝手に採点

わたし勝手に今回の山行を採点しました!

  • 満足度 :

下りて早速立山ロス。来年もこの時期是非来てみよう!

 

残雪期・立山(雄山)・立山を満喫!

 

以上、本日の山行記録でした。

ではまた!

ABOUT ME
kara
kara
karaです。登山歴5年の山登る人。週末は日本百名山を中心に、どこかの山を登っています。