日本百名山

毛木平、千曲川源流遊歩道から甲武信ガ岳・日帰り

こんにちは。

またまたやって来ました甲武信ヶ岳

3回目となる今回は、毛木平から千曲川源流遊歩道を使って甲武信ヶ岳をピストンです!

前回が徳ちゃん新道歩くコースで(長かった!)、その前がテン泊装備で毛木平から十文字峠を経由しての甲武信ヶ岳(重かった!)。

正直修行の山というイメージしかないのですが、今回の山行はどうなることやら。

なにはともあれ、今日も元気に行ってみましょう!

山のカテゴリ

秩父・武蔵・多摩

 

主な山の基本情報

甲武信ヶ岳(こぶしがたけ)

甲州(甲斐国)武州(武蔵国)信州(信濃国)の名前からそれぞれ一字をとった山。日本百名山山梨百名山信州百名山新・花の百名山ですね。

今回のコースと地図

毛木平から千曲川源流遊歩道を経て、甲武信ヶ岳(標高2475m)甲武信小屋へ至るピストンコースです。

  • 技術度 :
  • 体力度 :

コースタイムは7時間45分。1000m以上登る(あ、そうなんだ)山ですね。

  • 景観  :

山頂からは、金峰山国師ヶ岳などの奥秩父の山々が!

  • アクセス:
  • 混雑度 :

東京からは、中央自動車道・長坂ICで高速を下り、毛木平の駐車場へアクセスですね。

  • 標準コースタイム:7時間45分
  • コースの距離:17.7km
  • 最小標高: 1472m
  • 最大標高: 2476m
  • 累積標高(登り):1179m
  • 累積標高(下り):1177m

 

登山記録

06:43 毛木平

おはようございます。

今日は11月初旬です。もう晩秋と言っていい時期ですね。

紅葉も終わりはじめて、雪がちらほら降り積もるころ。

行ける山も限られてきて、わたしたちもどこに行こうかと悩んだ末の、やってきました甲武信ヶ岳

ということで、今日はこちら、毛木平からスタートです。

 

甲武信ヶ岳・毛木平駐車場

 

前回徳ちゃん新道登ってきたんですが、いや~それはそれは長かった!

今回は千曲川源流遊歩道のコースです。

下りで使ったことはありますが、登りで使えばどんな景色が見えるのかしら。

 

甲武信ヶ岳・毛木平登山口

 

しばらくは、車が通れる整備された道。

林道終点すぎてからも、なだらかな道が続きます。

 

甲武信ヶ岳・千曲川源流遊歩道・なだらかな道を行く

 

前に見えるは十文字山とか大山ですかね?

あちらも以前歩いたところ(記憶がかなり曖昧ですが)。

あの頃はテン泊装備に慣れていなくて、けっこうキツイ山行でした。

十文字峠からの甲武信ヶ岳のお話

毛木平から三宝山、甲武信ヶ岳・1泊2日テント泊

 

甲武信ヶ岳・千曲川源流遊歩道・十文字峠、十文字山方面

 

07:05 大山祇神社

大山祇神社に到着です。

今日も無事に登れますように!

 

甲武信ヶ岳・千曲川源流遊歩道・大山祇神社

 

さらに道を進んで行くと、千曲川信濃川ですね)がだいぶ、近づきました。

川沿い歩いて行きましょう。

 

甲武信ヶ岳・千曲川源流遊歩道・川沿いを歩く

 

途中にあったなぞの洞窟。

けっこう目立っていたのですが、特に山と高原地図にも情報なくて。

なんだかクマが住んでそう。

ちょっと気になる場所でした。

 

甲武信ヶ岳・千曲川源流遊歩道・なぞの洞窟

 

07:20 慰霊碑

山津波でなくなった方のための慰霊碑ですね。

どうか安らかにお眠りください。

 

甲武信ヶ岳・千曲川源流遊歩道・慰霊碑

 

慰霊碑から、さらに道を進んで行くと、手作り感まんさいな木の階段が。

折れたり、濡れててすべったりしないかちょっと不安です。

 

甲武信ヶ岳・千曲川源流遊歩道・木の階段を越えて

 

ちなみに今回の登山はボッチではない!

人と歩くのって楽しいですねっ!(今回の同席者、と言ってもたいてい一緒ですが、hirooneさんです)

 

甲武信ヶ岳・千曲川源流遊歩道・ボッチではない!

 

なだらかな道をひたすら進むと、滝らしきものが見えてきました!

 

甲武信ヶ岳・千曲川源流遊歩道・ナメ滝見えた!

 

08:14 ナメ滝

ナメ滝到着しましたよ!

にしてもナメ滝、いろんな場所にありますね。

前回行った高妻山(たかつまやま)や、ほかにもどこかにあったような?

 

甲武信ヶ岳・千曲川源流遊歩道・ナメ滝

 

千曲川源流遊歩道

ナメ滝すぎても道は続く。

 

甲武信ヶ岳・千曲川源流遊歩道・道は続く

 

だいぶ陽もあがってきたのか、日が差し込んでいい感じ。

幻想的な感じです。

 

甲武信ヶ岳・千曲川源流遊歩道・日が差し込んで幻想的に

 

橋を渡って行きましょう。

と言うかふと今気がつきましたが、最近わたし、沢好いている。

皇海山(すかいさん)不動沢に、高妻山大洞沢

皇海山に至っては、渡良瀬川源流と言う源流つながり。

 

甲武信ヶ岳・千曲川源流遊歩道・橋を渡る

 

いや~、いいわ~。いやされるわ~。

この雰囲気は大好きです!!

 

甲武信ヶ岳・千曲川源流遊歩道・幻想的な道を行く

 

幻想的でもあり、厳かでもある。

そんな景色がここにはありました。

 

甲武信ヶ岳・千曲川源流遊歩道・幻想的な風景

 

甲武信ガ岳の看板です。

」ではなくて「」なんですね。

なにかこだわり感じます(こう言うの好きです)。

 

甲武信ヶ岳・千曲川源流遊歩道・甲武信ガ岳

 

だんだん水量少なくなって。

けっこう上まで来たんですかね~。

 

甲武信ヶ岳・千曲川源流遊歩道・水源近づいてきた?

 

おっ?

なんだか人だかり。

どうやらこちらが千曲川(信濃川)水源

 

甲武信ヶ岳・千曲川源流遊歩道・信濃川水源到着

 

09:22 千曲川・信濃川水源

そうそうこんな場所だった。

千曲川・信濃川水源地標もありました!

 

甲武信ヶ岳・千曲川源流遊歩道・信濃川水源地標

 

水源地標から少し下って行った先には、青いマグカップが置いてあります。

ここが千曲川(信濃川)の水源でしょう(たぶん)。

 

甲武信ヶ岳・千曲川源流遊歩道・信濃川水源

 

前にここに来た時も、青いカップがありました。

何世代目のカップかな?もしかして前と同じやつ?

そうそう、カップで気になること1点。

なんとひびが入ってます!

千曲川源流の水を入れてもひびから水があふれ出す。。

 

甲武信ヶ岳・千曲川源流遊歩道・信濃川水源にあるコップ、ひびが。。

 

千曲川源流はこんな場所。

ここが源流だよって言われないと、まったくわかる気がしない。

 

甲武信ヶ岳・千曲川源流遊歩道・千曲川源流はこんな場所です

 

千曲川(信濃川)水源まんきつしたら、甲武信ヶ岳に登りましょう!

ここが今日一番のがんばりどころ!

急登登って行きましょう!

 

甲武信ヶ岳・千曲川源流遊歩道・信濃川水源地標から甲武信ヶ岳山頂へ

 

09:48 甲武信ヶ岳・国師ヶ岳分岐

急登登っていった先には、甲武信ガ岳国師ヶ岳の分岐がありました。

国師ヶ岳はまだ未登。

花の百名山山梨百名山に選ばれている山だそうです。

 

甲武信ヶ岳・甲武信ガ岳と国師ヶ岳の分岐

 

甲武信ガ岳へと進みましょう。

ここも「」ですね主張が強い。

 

甲武信ヶ岳・甲武信ガ岳へと稜線を進む

 

尾根をしばらく歩いていくと、甲武信ガ岳山頂見えてきました!

 

甲武信ヶ岳・甲武信ガ岳山頂あとちょっと!

 

10:07 甲武信岳山頂

甲武信ガ岳山頂到着です!

あいにくちょっと雲が多い。

 

甲武信ヶ岳・甲武信ヶ岳山頂

 

甲武信ガ岳山頂からの木賊山(とくさやま)

木賊山との麓には、甲武信小屋がありますね。

今からちょっと行ってみましょう!

 

甲武信ヶ岳・甲武信ガ岳山頂からの木賊山(とくさやま)

 

10:22 甲武信小屋

山頂から下って10分ちょっと。

甲武信小屋に到着です!

 

甲武信ヶ岳・甲武信小屋

 

アジのある甲武信小屋の看板を、記念に一枚撮っときましょう。

(前回も同じ構図で撮っていますが。。)

 

甲武信ヶ岳・甲武信小屋の看板

 

わたしはやりたいことがあるので、ちょっくら木賊山に登りに行きます。

 

甲武信ヶ岳・甲武信小屋から木賊山へ

 

やりたいことは、これでした!

木賊山から甲武信ガ岳

この画を一枚撮りたかったの!

前回この画を撮り忘れてて、くやしい思いをしたのですよ。。

 

甲武信ヶ岳・木賊山からの甲武信ガ岳

 

木賊山山頂には登っていません。

途中の砂場?のところから、さっきの写真を撮って満足。

下のこちらの写真も、木賊山からの甲武信ガ岳になりますね。

もう少し甲武信小屋に近いところから甲武信ガ岳を撮った一枚。

はじめてちゃんと、甲武信ガ岳を見た気がします。

 

甲武信ヶ岳・木賊山からの甲武信ガ岳2

 

写真も撮れて大満足!

木賊山から甲武信小屋へと再び戻り、そこでご飯休憩とりましょう。

下の写真は、食事のあとのコーヒータイム。

千曲川(信濃川)源流の水をつかった、贅沢なコーヒーいただきました!

 

甲武信ヶ岳・甲武信小屋で千曲川源流の水をつかったコーヒーをいただく

 

11:25 甲武信小屋・再出発

それでは甲武信ガ岳山頂へと戻りましょうかね。

がんばって登って行きましょう。

 

甲武信ヶ岳・甲武信小屋再出発、甲武信ヶ岳山頂へ

 

11:39 甲武信岳山頂

再びの甲武信ガ岳の山頂です。

青空ちょっとふえてきたかな?

 

甲武信ヶ岳・再びの甲武信ガ岳山頂

 

甲武信ガ岳山頂からの景色です。

中央の山は北奥千丈岳国師ヶ岳

右に進めば朝日岳に、金峰山飯森山瑞牆山と、奥秩父の山続きます。

 

甲武信ヶ岳・甲武信ガ岳山頂からの奥秩父の山々

 

それでは下山を開始しましょう。

まずは千曲川・信濃川水源地標へ戻ります。

 

甲武信ヶ岳・甲武信ガ岳山頂から信濃川水源地標へ

 

12:07 千曲川・信濃川水源地標

あっと言う間に水源地標

ひたすら下る感じです。

 

甲武信ヶ岳・再びの信濃川水源地標

 

千曲川源流遊歩道を使って毛木平へ帰りましょう。

と、その前に。

千曲川・信濃川源流を写真にパシャリ。

ここから千曲川(信濃川)がはじまります。

すこしだけしか水がないけど、この水がだんだん増えていって、日本一長い川になる(全長367キロメートル!)。

なんとも不思議な感じです。

 

甲武信ヶ岳・千曲川源流遊歩道・千曲川(信濃川)はここからはじまる

 

千曲川に沿って下りましょう。

ここから先はなだらかな道。

 

甲武信ヶ岳・千曲川源流遊歩道・川沿いを下って行きましょう

 

途中にあった大きな岩です。

みんな写真のこれやりますよね。

大きな岩にはつっかえ棒。

岩の上にはケルンをつくる。

ニヤニヤしながら通り過ぎます。

 

甲武信ヶ岳・千曲川源流遊歩道・みんなこれやるよね

 

こちらは千曲川源流遊歩道に咲いていた、名前を知らない不思議な花です。

タンポポよりも大きくて、毛木平のけっこう近くに大量にさいてる場所がありました。

なんて言うなの花なのか、時間があったら調べて見よう。

 

甲武信ヶ岳・千曲川源流遊歩道・咲いている名も知らぬ花

 

14:00 毛木平

景色に見とれ、あれよあれよと言ってる間に毛木平に着いちゃいました。

千曲川源流遊歩道はいい道ですね。ほんと歩きやすい登山道。

 

甲武信ヶ岳・毛木平

 

なにはともあれ無事下山。

今日も一日、お疲れ様でした!

まとめ

今回は3度目の正直、ちゃんと写真が撮れました!の甲武信ガ岳の山行でした。

繰り返しにはなりますが、徳ちゃん十文字峠千曲川源流遊歩道とあるなら、千曲川源流遊歩道がおすすめです!

難易度的にも景色的にも一番ちょうどいい感じ!

勝手に採点

わたし勝手に今回の山行を採点しました!

  • 満足度 :

千曲川源流遊歩道は幻想的で、いつまでも歩いていれる場所!

 

甲武信ヶ岳・千曲川源流

 

以上、本日の山行記録でした。

ではまた!

ABOUT ME
kara
kara
karaです。山が好き!な週末だけの山登る人。日本百名山を中心に、いろんな山を楽しんでます。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

ブログランキングに参加しています。

ぽんこつブログではありますが、ポチっと応援お願いできればと!

こんな記事も読まれています