日本百名山

毛木平から三宝山、甲武信ヶ岳・1泊2日テント泊

甲武信ヶ岳・三宝山・三宝山

こんにちは。

今回は、毛木平から甲武信ヶ岳の山行です。

途中、埼玉県の最高峰である三宝山を登り、また下山は千曲川信濃川、日本で一番長い川!)の源流を下るというコースを歩いてきましたよ!

山のカテゴリ

秩父・武蔵・多摩

 

主な山の基本情報

甲武信ヶ岳(こぶしがたけ)

甲州(甲斐国)武州(武蔵国)信州(信濃国)の名前からそれぞれ一字をとった山。日本百名山山梨百名山信州百名山新・花の百名山ですね。

三宝山(さんぽうやま/さんぽうざん)

標高2483.5mの埼玉県最高峰の山。

今回のコースと地図

1日目:毛木平(標高1433m)→十文字小屋(標高1970m)

2日目:十文字小屋→三宝山(標高2483.5m)→甲武信ヶ岳(標高2475m)→千曲川源流→毛木平

  • 技術度 :
  • 体力度 :

1000m以上登る山!準備は万全で行きましょう。

  • 景観  :

甲武信ヶ岳山頂からは、日本百名山の43座が見えるそうです!(今回は確認してませんけど)

  • アクセス:
  • 混雑度 :

東京からマイカーでは、中央自動車道長坂ICから毛木平へのアクセスです。

  • 標準コースタイム:9時間45分
  • 最小標高: 1433m
  • 最大標高: 2483.5m

 

登山記録

天気は晴れ。

今日は山の先輩たちと、甲武信ヶ岳に登りにきました。

行程としては、1日目が毛木平(もうきだいら)から十文字小屋まで。

2日目が十文字小屋から三宝山を経て甲武信ヶ岳、そして千曲川源流から毛木平へと帰る予定です。

毛木平からは、五里観音八丁坂八丁坂ノ頭と越えて、2時間くらいで十文字小屋

十文字小屋ではあいかわらずの宴会で、あんまり記憶がありません。。

そして一夜明けての翌日です。

 

甲武信ヶ岳・三宝山・十文字小屋から大山に向かう途中での朝日

 

まずは大山向かって歩きます。

写真はこちら三宝山(さんぽうやま)ですね。

甲武信ヶ岳はその後ろです。

 

甲武信ヶ岳・三宝山・朝日の三宝山

 

はい、あっさり着きました、大山です。

次は三宝山に向かいましょう。

 

甲武信ヶ岳・三宝山・大山

 

おお、この稜線を歩くのね。

な~んて余裕だったのもここまでで、このあとは結構なアップダウンが続きました。。

 

甲武信ヶ岳・三宝山・大山から三宝山へ

 

いつの間にか、武信白岩山通り過ぎ、こちらは尻岩になりますね。

ほんと、この山の先輩たちは強すぎて。

前日浴びるようにお酒飲んでいるのに、すごい速さで歩くんです。

ついて行くのに精一杯で、写真ほとんど撮ってません。。

 

甲武信ヶ岳・三宝山・尻岩

 

尻岩からは、45分くらい歩いて行って。

三宝山に到着しました!

ちなみにこの三宝山、埼玉県の最高峰。

今までいろんな都道府県に行ってきましたが、その県ごとの最高峰はわかりません。

意識してたと言えば、東京都最高峰の雲取山と、神奈川最高峰の蛭ヶ岳くらい。

百名山、登るほかにもこちらも目指してみようかな。

神奈川県最高峰・蛭ヶ岳

青根から蛭ヶ岳・日帰り

栃木県、群馬県最高峰・日光白根山

菅沼から日光白根山・日帰り

 

甲武信ヶ岳・三宝山・三宝山山頂

 

三宝山からも45分。

今日の目的地、百名山の甲武信ヶ岳に到着しました!

 

甲武信ヶ岳・三宝山・甲武信ヶ岳山頂

 

う~ん、すばらしい景色です!43座、わかるかな?

と言うことで、一生懸命探しましたが、わたしがなんとかわかったのは、左奥にある金峰山とそこから右の瑞牆山

それと、一番右奥にある八ヶ岳くらい。

まだまだ登ってない山ばかり、パッと山見て名前をわかりたい。

 

甲武信ヶ岳・三宝山・甲武信ヶ岳から見る金峰山、瑞牆山、八ヶ岳

 

そして、これはわかるよ富士山ですよ!

今日はきれいに見えました。

 

甲武信ヶ岳・三宝山・甲武信ヶ岳から富士山

 

山頂最後の写真はこちら。

奥秩父の山々の上に、甲武信ヶ岳の山影が。

ちなみに。

今回の山行、メインは甲武信ヶ岳、なんですが。

なんですが!

実は途中の三宝山のほうが標高高いみたいです。

ちょっとさみしい感じですね。。

 

甲武信ヶ岳・三宝山・甲武信ヶ岳の影と奥秩父の山々

 

甲武信ヶ岳から毛木平への下山は、来た道をピストン、ではなくて。

千曲川源流を通っての、毛木平への下山です。

千曲川は、みなさんが知ってる名前で言えば信濃川

そう、日本で一番長い川!

 

甲武信ヶ岳・三宝山・千曲川源流

 

大きい標識ありましたが、ほんとの源流どれかしら?

これかこれかと写真を撮りまくりました。

 

甲武信ヶ岳・三宝山・千曲川源流?

 

こちらにはコップがありました。

千曲川源流の水をどうぞと。そういうことでありますか?

日本一の川の水!それはおいしくいただきました。

 

甲武信ヶ岳・三宝山・千曲川源流にあるコップ

 

千曲川源流遊歩道を歩きましょう。

こちらの場所はナメ滝ですね。

 

甲武信ヶ岳・三宝山・千曲川源流遊歩道、ナメ滝

 

そしてそこからさらに1時間とちょっと。毛木平に到着です。

これにて山行終了なのです。

今日も一日、お疲れ様でした!

まとめ

今回は三宝山甲武信ヶ岳の山行でした。

樹林帯が多かったからか、飲みすぎたからか(それはないはず)。

それともついて行くのが精一杯だったからか、ほとんど記憶がありません。。

ちなみに、以前西沢渓谷からも登っているので、こちらもお時間あるときあわせてどうぞ。

勝手に採点

わたし勝手に今回の山行を採点しました!

  • 満足度 :

十文字小屋までの写真がないのは本当ショック!次回はきっちり写真を撮って、思い出たくさん作ります!

 

甲武信ヶ岳・三宝山・甲武信ヶ岳山頂

 

以上、本日の山行記録でした。

ではまた!

ABOUT ME
kara
kara
karaです。山が好き!な週末だけの山登る人。日本百名山を中心に、いろんな山を楽しんでます。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

ブログランキングに参加しています。

ぽんこつブログではありますが、ポチっと応援お願いできればと!

こんな記事も読まれています