日本百名山

南八ヶ岳縦走・日帰り

南八ヶ岳・硫黄岳からの横岳、赤岳、中岳、阿弥陀岳

こんにちは。

突然ですが、わたし、八ヶ岳大好きです。

と、告白からのスタートですが、今回は、ほんと何回行っているの?と言う南八ヶ岳縦走のお話です!

山のカテゴリ

八ヶ岳

 

主な山の基本情報

阿弥陀岳(あみだだけ)

標高2805mの八ヶ岳No3の標高の山。冬山では事故が多い山ですね、気を付けてください。

中岳(なかだけ)

標高2700mの阿弥陀岳赤岳の間にあるちょっと存在感の薄い山。

赤岳(あかだけ)

標高2899mの八ヶ岳No1の標高の山。新日本百名山山梨百名山信州百名山一等三角点百名山に選ばれています。

横岳(よこだけ)

名前は横で標高高くなさそうですが、標高2829mの、八ヶ岳で2番目に高い山

硫黄岳(いおうだけ)

赤岳横岳とは異なった風貌の、標高2760mの山。信州百名山です。

今回のコースと地図

美濃戸山荘から行者小屋へ向かい、阿弥陀岳(標高2805m)、中岳(標高2700m)を経て赤岳(標高2899m)へ。その後、横岳(標高2829m)硫黄岳(標高2760m)を縦走し、赤岳鉱泉美濃戸山荘へと下る周回コースです。

  • 技術度 :
  • 体力度 :

しっかり登り、しっかり歩く。準備はしっかり万全に。

  • 景観  :

南八ヶ岳を満喫できる、すばらしい景観です。

  • アクセス:
  • 混雑度 :

東京からマイカーでは、中央自動車道・諏訪ICからのアクセスですね。

  • 標準コースタイム:10時間40分
  • 最小標高: 1679m
  • 最大標高: 2899m

 

登山記録

天気は晴れ。今日はソロで南八ヶ岳にやってきました。

写真は車の中からの八ヶ岳

モルゲンロートがすばらしい。

あ、ちなみに、ちゃんと車を停車して写真撮りましたから!

 

南八ヶ岳・八ヶ岳のモルゲンロート

 

今日は八ヶ岳山荘からのスタートです。

美濃戸山荘まで車で行ったほうが楽なのはわかっているのですが、うちの車、最低地場高がそんなに高くないので、下擦らないかと心配なんです。

なので今日は時間はかかりますが、歩いて美濃戸山荘向かいます。

 

南八ヶ岳・八ヶ岳山荘

 

八ヶ岳山荘から美濃戸山荘までは歩くとだいたい40~50分。

行きは良いんですけどね、帰りがやっぱりしんどいですね。。

ちなみに、うちの車の最低地上高は145mm。

後日ここ車で通りましたが、なんとか無事に美濃戸山荘たどり着けました。

ただやっぱり状況によっては擦ってしまうので、不安な方は歩きでどうぞ。

 

南八ヶ岳・美濃戸山荘

 

こちらもおなじみ、南沢北沢の分岐にある、八ヶ岳の標識ですね。

いつも来ると、必ず写真を撮っちゃいます。

 

南八ヶ岳・南沢と北沢の分岐にある八ヶ岳の標識

 

今回も、行きは南沢をチョイスです。

だいたいいつも、行きは南沢、帰りは北沢を選んでます。

理由はとくにはないのですが、しいて言うなら、北沢に向かう道がはじめはだらだら車道だから。

 

南八ヶ岳・南沢

 

南沢の樹林帯、樹林帯をぬけたあとはひらけた河原を歩いて行って、はいこちら、行者小屋に到着しました。

ここまでくると、やっと八ヶ岳来た!って感じがしてきます。

 

南八ヶ岳・行者小屋

 

行者小屋前からの赤岳中岳

わたし南八ヶ岳って実は、テン泊やったことないんです。

いつも日帰り、もしくは冬に小屋泊のみなので、テント担いで来てみたい。

でもどうせやるなら天狗岳からこっちまで、一気に縦走してみたい。

 

南八ヶ岳・行者小屋からの赤岳、中岳

 

こちらは阿弥陀岳向かっている途中、中岳のコルで振り返ったら見えた富士山です。

もうちょっと顔出して!!

 

南八ヶ岳・中岳のコルからの富士山

 

こちらは麓に行者小屋。奥には硫黄岳横岳見えますね。

今日は非常に展望良いです。

 

南八ヶ岳・中岳のコルあたりからの行者小屋、硫黄岳、横岳

 

阿弥陀岳、ドーーン!

 

南八ヶ岳・阿弥陀岳

 

阿弥陀岳からの中岳赤岳、ドドーーン!!

 

南八ヶ岳・阿弥陀岳からの中岳、赤岳

 

いやぁ、八ヶ岳って本当、いいもんですね(水野晴郎風)。

と言うことで、こちらが阿弥陀岳山頂でございます。

今回の南八ヶ岳縦走登山の中では、一番アスレチックな山ですね。

 

南八ヶ岳・阿弥陀岳山頂

 

阿弥陀岳山頂はこんな風になってます。

遠くに見えているのは霧ヶ峰とか美ヶ原あたりかな?

 

南八ヶ岳・阿弥陀岳山頂からの霧ヶ峰、美ヶ原

 

阿弥陀岳のお次は八ヶ岳最高峰の赤岳です。

とその前に!

阿弥陀岳赤岳の間にはこちら中岳ありますよ!

いつもさっと通り過ぎちゃう山なので、今日は写真をしっかり撮りました。

 

南八ヶ岳・中岳

 

中岳からの阿弥陀岳

 

南八ヶ岳・中岳からの阿弥陀岳

 

こちらは中岳からの赤岳ですね。

存在感がハンパない。

にしても、写真は見事に逆光です。。

 

南八ヶ岳・中岳からの赤岳

 

中岳から赤岳山頂は、近くに見えるがなかなかつかない。

今日一番のキツイところ。ここががんばりどころです。

そしてなんとかたどり着いたこちらは、八ヶ岳最高峰の、赤岳山頂になりますね!

 

南八ヶ岳・赤岳山頂

 

赤岳頂上山荘こちら。

ここもいつか泊まってみたいのです。

冬来た時はすでに店じまい、小屋の営業終わってました。。

 

南八ヶ岳・赤岳頂上山荘

 

赤岳から見えた、これから行く横岳硫黄岳

さらに先には北八ヶ岳の山々が。

硫黄岳の先に見えているのは天狗岳ですかね?

更に先には蓼科山とかありますね。ここから少しは見えるのかしら。

 

南八ヶ岳・赤岳からの横岳、硫黄岳と北八ヶ岳の山々

 

横岳に向かうため、一旦山頂を下ります。

こちらは少し下ったところにある、赤岳展望荘になりますね。

ちなみに。ここの下りは結構急です。

冬山のときはほんとに怖いので、注意して下って行きましょう。

 

南八ヶ岳・赤岳展望荘と赤岳

 

それでは引き続き、横岳向かって行きましょう。

赤岳を越えてしまえば、多少のアップダウンはありますが、急登はそんなにありません。

八ヶ岳の荒々しい稜線を楽しみながら歩きましょう。

 

南八ヶ岳・赤岳から横岳へ

 

こちらは横岳の途中から撮った赤岳中岳

ずっとこんな景色が見えてます。

自分が歩いてきた道が見えるってほんとおもしろい。

 

南八ヶ岳・横岳の途中から見えた赤岳、中岳

 

こちらは横岳の、石尊大権現を祭る石尊峰(せきそんほう)

 

南八ヶ岳・横岳、石尊大権現を祭る石尊峰

 

今までなんにも気にしてなかったのですが、横岳って、石尊峰以外にもたくさんの名前のある峰があるそうです。

赤岳側から、二十三夜峰日ノ岳鉾岳(ほこたけ)に、先ほどの石尊峰(せきそんほう)三叉峰(さんしゃほう)無名峰。あとは横岳最高峰の、奥ノ院があるみたい。

 

南八ヶ岳・数々の峰を越え横岳を歩く

 

横岳からの赤岳パシャリ。

あまりに見事な景色なもので、何度も写真を撮っちゃいます。

 

南八ヶ岳・横岳からの赤岳

 

横岳山頂標識も忘れずパシャリ。

 

南八ヶ岳・横岳山頂標識

 

それではお次は硫黄岳

ここからは荒々しいイメージとはうって変わって、ゆるやかな砂の稜線歩きがはじまります。

 

南八ヶ岳・横岳から硫黄岳へ

 

硫黄岳山荘通り過ぎ。

 

南八ヶ岳・硫黄岳山荘

 

ケルンを頼りに登りましょう。

 

南八ヶ岳・ケルンをたよりに硫黄岳登りましょう

 

硫黄岳の火口は大迫力!

 

南八ヶ岳・硫黄岳の火口

 

火口の下はこんな風になってます。

 

南八ヶ岳・硫黄岳の火口の下

 

そしてこちらは硫黄岳山頂。

岩がゴロゴロした広い山頂です。

 

南八ヶ岳・硫黄岳山頂

 

硫黄岳からの横岳赤岳中岳阿弥陀岳

歩いた山ぜ~んぶ見えますね!

 

南八ヶ岳・硫黄岳からの横岳、赤岳、中岳、阿弥陀岳

 

硫黄岳の山頂標識。

 

南八ヶ岳・硫黄岳の山頂標識

 

次に目指すは赤岳鉱泉

赤石の頭に向かって歩きましょう。

 

南八ヶ岳・硫黄岳から赤石の頭へ

 

なんども見ちゃう、この景色。

 

南八ヶ岳・硫黄岳からの横岳、赤岳、中岳、阿弥陀岳、何度も見ちゃう

 

そしてその後は、再び樹林帯に入ります。

ひたすら下って、こちらは赤岳鉱泉になりますね。

 

南八ヶ岳・赤岳鉱泉

 

赤岳鉱泉からは、北沢えんえん歩いて行って、無事に下山とあいなりました。

今日も一日お疲れ様、でした!

まとめ

今回は南八ヶ岳の山行でした。

最後まではっきり赤岳見えたのは、思い返してみると今回の山行だけだったかも。

次回は違うルートから、八ヶ岳歩いて見ようかな。

勝手に採点

わたし勝手に今回の山行を採点しました!

  • 満足度 :

景色はほんと最高です!でもアブはたくさん飛んでます。虫対策、しっかりと。

 

南八ヶ岳・硫黄岳からの横岳、赤岳、中岳、阿弥陀岳

 

以上、本日の山行記録でした。

ではまた!

ABOUT ME
kara
kara
karaです。山が好き!な週末だけの山登る人。日本百名山を中心に、いろんな山を楽しんでます。