日本百名山

積雪期・千畳敷から木曽駒ヶ岳・日帰り

こんにちは。

今回は積雪期の中央アルプス・木曽駒ヶ岳日帰りの山行です。

木曽駒ケ岳は2回目で前回は夏山登ってきました。

夏山は夏山ですばらしかったのですが、冬山はちょっと、なんだこれ。

すばらしすぎる、すごいです。

夏しか行ったことない方は、ぜひとも冬にもおいでませ。

山のカテゴリ

中央アルプス

 

主な山の基本情報

木曽駒ヶ岳(きそこまがたけ)

中央アルプスの最高峰、標高2956.1mの山。日本百名山新日本百名山花の百名山信州百名山一等三角点百名山。名前の由来はなんでも雪形が駒(馬)の形に見えるから、だそうです。

今回のコースと地図

千畳敷(標高2612m)から八丁坂乗越浄土を経て中岳(標高2925m)木曽駒ヶ岳(標高2956.1m)に至るピストンコースです。

  • 技術度 :
  • 体力度 :

宝剣岳に行かなければ難易度はそこまで高くありません。

ただし雪崩に注意してくださいね。

  • 景観  :

3000m級のアルプスは別世界ですね!

  • アクセス:
  • 混雑度 :

今回は中央高速自動車道でトラブルのため星1つですが、通常は星3つくらいですかね。

  • 標準コースタイム:4時間
  • コースの距離:3.7km
  • 最小標高: 2617m
  • 最大標高: 2958m
  • 累積標高(登り):460m
  • 累積標高(下り):458m

 

登山記録

天気は曇りのち晴れ。

2度目の登山となる、木曽駒ヶ岳

前回は夏山で、今回は冬山の木曽駒ヶ岳にチャレンジです。

気合十分行きましょう!

 

と思ったら、中央高速自動車道の諏訪↔︎伊北間が凍結のため通行止に。

初めて見ましたよ、高速道路のここで出よ

 

木曽駒ケ岳・中央自動車道・諏訪↔︎伊北間凍結のため「ここで出よ」

 

強制的に諏訪で高速を降ろされ、下道で駒ヶ根に向かうことに。

ロープウェイ、間に合うかしら。。

 

木曽駒ケ岳・下道で駒ヶ根に向かう

 

なんでも伊北から駒ヶ根までは高速動いているとのことなので、山道を走り伊北に向かいます。

途中、チェーンとりつけている車や、坂道うまく登れない車いましたけど大丈夫ですかね。

 

木曽駒ケ岳・山道で伊北に向かいます

 

もうすぐ伊北ICに到着です!

まだ中央自動車道、伊北諏訪間は動いていないようです。

帰りは動いていますように。

 

木曽駒ケ岳・伊北IC

 

伊北からの高速はスイスイと進み、なんとか駒ヶ根菅の台バスセンターに到着です。

ついたーっ。

 

木曽駒ケ岳・菅の台バスセンター・チケット売り場

 

登山の準備をして、チケットを買って。

バス乗り場に移動しましょう。

 

木曽駒ケ岳・菅の台バスセンター・バス乗り場

 

山の上の方が真っ白です。

今日の天気は大丈夫かなあ。

なんて考えていたら、しらび平行きのバスがやってきました。

 

木曽駒ケ岳・しらび平行きのバス

 

しらび平まではマイカー規制あるのでバスなんです。

ハイシーズン、紅葉の季節なんかはバスとかロープウェイ2時間待ちなんてざららしいですが、今日は普通に座れました。

 

木曽駒ケ岳・しらび平・千畳敷駅の往復チケット

 

30分ちょっとでしらび平に到着です。

ここからは今度はロープウェイに乗るんです。

 

木曽駒ケ岳・しらび平駅

 

ロープウェイが発車するようです。

向かいましょう!

 

木曽駒ケ岳・しらび平駅のロープウェイ乗り場へGo

 

ロープウェイ乗り場の前にはこんなものが。

ちなみにしらび平の標高は1662m、千畳敷が2612m。

ロープウェイ、7分30秒で950mも上がるんですね。

 

木曽駒ケ岳・しらび平からロープウェイ、7分30秒で950mも上がります

 

ロープウェイ、到着です。

乗っている人はホテル千畳敷に泊まった人たちでしょうか。

うらやましいです。

 

木曽駒ケ岳・しらび平にロープウェイ到着

 

ロープウェイで上がります。

ロープウェイの柱が真っ赤で白い山肌に映えますね。

 

木曽駒ケ岳・ロープウェイの真っ赤な柱が雪山に映える

 

お、千畳敷駅、見えました!

 

木曽駒ケ岳・ロープウェイ千畳敷駅

 

標高2612m

日本最高所駅 千畳敷

あ、そうなんだ。

気温は3℃と意外に暖かいですね。

 

木曽駒ケ岳・標高2612m 日本最高所駅 千畳敷

 

ロープウェイの千畳敷駅から出ると。

目の前には、千畳敷カールがありました!

そして嬉しい誤算、晴天です!

雲の上に出てきたんですね!

 

木曽駒ケ岳・千畳敷カール

 

それでは準備と行きましょう。

アイゼンを装着して、ピッケルを準備して。

準備ができたら、登山口へと向かいましょう。

 

木曽駒ケ岳・千畳敷駅から登山口に向かいます

 

武尊山から1ヶ月ぶりくらいの、久々の登山です。

アイゼンとザックが重く感じます。

 

木曽駒ケ岳・千畳敷駅から登山口に向かいます2

 

千畳敷駅の裏側にぐるっと回ってきました。

写真を撮っている人がいますね。

どれどれ、見てみましょう。

 

木曽駒ケ岳・千畳敷駅裏側

 

はい、ドーン!

千畳敷カールからの雲海南アルプスご覧あれ!!

 

木曽駒ケ岳・千畳敷カールからの雲海と南アルプス

 

こんなに綺麗な雲海は久々だよと言うお話を聞いて。

なんだか得した気分です。

いつまでも見とれている訳にも行かないので、山登りを始めましょう。

と言うことで、登山道・スタート地点です。

 

雪崩多発地帯

急に現実に引き戻されました。

気を引き締めて進みましょう。

 

木曽駒ケ岳・木曽駒ヶ岳登山道

 

千畳敷からはまずは剣ヶ池の方に下ります。

夏山で使えるルートの一つは雪崩の危険があるので通行止めなんだそうです。

と言うことで行きましょう!

 

話は変わりますが、この写真、千畳敷カールと言えばと言う絵が撮れてますね。

 

木曽駒ケ岳・千畳敷カールと言えばと言う写真

 

見た目はすぐに着きそうなんですが。

なかなか千畳敷カールのてっぺん(乗越浄土)にたどり着かない。

後ろを振り返ると相方。

わたしも相方も早速息が切れてきました。

がんばろうー。

 

木曽駒ケ岳・千畳敷カールを上る

 

千畳敷カール八丁坂を登ります。

あの岩と岩の間を抜ければ、きっとてっぺん見えるはず!

 

木曽駒ケ岳・千畳敷カール・八丁坂

 

岩の間をすり抜けて、てっぺん見えたと思ったら。

そうは問屋が卸さないようです。

道は続くよどこまでも。

 

木曽駒ケ岳・千畳敷カール・八丁坂は続きます

 

視界の両脇から岩がなくなりました。

あれ、千畳敷カールのてっぺんじゃね?

 

木曽駒ケ岳・千畳敷カールのてっぺん見えた?

 

はい、今度こそ千畳敷カールのてっぺん・乗越浄土が見えました!

 

木曽駒ケ岳・千畳敷カール・乗越浄土まであと少し

 

乗越浄土に到着です!

看板凍ってて意味をなしていないですね。。

 

木曽駒ケ岳・千畳敷カール・乗越浄土に到着です

 

乗越浄土で座り込む登山者さん。

いや、わかります。

今回の登山でここが一番キツかったですもん。

 

木曽駒ケ岳・千畳敷カール・乗越浄土に座り込む

 

遅れて相方も乗越浄土に到着です。

お疲れさま!

 

木曽駒ケ岳・相方、千畳敷カール・乗越浄土に到着

 

ここで少し一息入れて。

次はちょこっと見えている、青い宝剣山荘に向かいましょう。

 

木曽駒ケ岳・乗越浄土から宝剣山荘に向かいます

 

宝剣山荘に向かう道。

いや、本当良い天気だったんです。

暑いくらい。

 

木曽駒ケ岳・乗越浄土から宝剣山荘に向かいます2

 

宝剣山荘まであとちょっと。

 

木曽駒ケ岳・宝剣山荘あとちょっと

 

宝剣山荘到着です。

宝剣山荘、青いですね。

白馬とか山って、赤い山小屋多い気がするんです。

青い山小屋って珍しいですよね。

 

木曽駒ケ岳・青い山小屋・宝剣山荘

 

次に目指すは天狗荘

こちらは赤い山小屋ですね。

 

木曽駒ケ岳・赤い山小屋・天狗荘

 

天狗荘から宝剣山荘宝剣岳

絵になるなあ。

 

木曽駒ケ岳・天狗荘から宝剣山荘と宝剣岳

 

天狗荘の次に目指すは中岳です。

うへぇ、また登り。

乗越浄土から天狗荘まではほぼフラットだったんです。

 

木曽駒ケ岳・天狗荘から中岳へ向かう道

 

と、中岳に向かう途中にキャンプ場の看板が。

さすがに今日はテントやっている人はいませんでしたね。

 

木曽駒ケ岳・天狗荘近くのキャンプ場

 

中岳を登ります。

左足をあげて、右足をあげて。

ただその繰り返しで登ります。

無心が一番、無心で行きましょう。

 

木曽駒ケ岳・天狗荘から中岳へ向かう道2

 

中岳、山頂、到着です。

ここはベストビューポイントなのか写真撮っている人、多かったですね。

乗越浄土宝剣山荘天狗荘宝剣岳が1枚に収まってますね。

 

木曽駒ケ岳・中岳から乗越浄土、宝剣山荘、天狗荘、宝剣岳

 

遅れて相方到着です。

お疲れさん。

 

木曽駒ケ岳・相方、中岳到着

 

中岳山頂は渋滞気味です。

みんなバテてましたね。

 

木曽駒ケ岳・中岳山頂は渋滞気味

 

中岳からの宝剣岳

いや、なんとも言えないスゴさです。

 

木曽駒ケ岳・中岳からの宝剣岳

 

中岳でぼーっとしちゃいましたが、ここが終わりじゃないんです。

前を向いて行きましょう。

と言うことで、次なる目的地、駒ヶ岳頂上山荘木曽駒ヶ岳をロックオン。

ってせっかく中岳登ったのに、一旦駒ヶ岳頂上山荘まで下るのね。。

 

木曽駒ケ岳・駒ヶ岳頂上山荘と木曽駒ヶ岳をロックオン

 

はい、下りてきましたよ、駒ヶ岳頂上山荘です。

こちらも青い山小屋ですね。

 

木曽駒ケ岳・青い山小屋・駒ヶ岳頂上山荘

 

横から駒ヶ岳頂上山荘、撮ってみました。

木曽駒ヶ岳の山荘、全部埋もれてますネ。

 

木曽駒ケ岳・青い山小屋・駒ヶ岳頂上山荘・埋もれてる

 

では、最後のピーク、木曽駒ヶ岳、行ってみましょう!

 

木曽駒ケ岳・木曽駒ヶ岳に向かう道

 

無心で歩くこと15分。

木曽駒ヶ岳山頂、見えてきました!

 

木曽駒ケ岳・木曽駒ヶ岳山頂見えてきた!

 

はい、木曽駒ヶ岳山頂、到着です!

山頂には伊那木曽の二つの社殿があるとのこと。

こちらは伊那駒ヶ岳神社ですね。

 

木曽駒ケ岳・木曽駒ヶ岳山頂の伊那駒ヶ岳神社

 

山頂標識発見です!

が、凍っていて山の名前が見えません。

 

木曽駒ケ岳・木曽駒ヶ岳の山頂標識

 

ぐるっと山頂標識周りながら木曽駒ヶ岳の名前を探してみますが。。

どうやら先ほどの凍っている面がそのようです。

お、奥にもう一つの社殿が見えますね。

 

木曽駒ケ岳・山頂標識で木曽駒ヶ岳の文字を探す

 

はい、こちらが木曽駒ヶ岳神社です。

埋まってますね。

奥に見える山、遥か遠くに見える山は北アルプスでしょうか?

 

木曽駒ケ岳・山頂の木曽駒ヶ岳神社

 

そしてこちらは、山頂からの宝剣岳

ただただスゴイ。

 

木曽駒ケ岳・山頂からの宝剣岳

 

伊那駒ヶ岳神社を反対側から見てみましょう。

うん、こちら側も埋まってますね。

 

木曽駒ケ岳・伊那駒ヶ岳神社越しの宝剣岳

 

再びの山頂からの宝剣岳

雪?雲?がいい感じにかかってます。

 

木曽駒ケ岳・山頂からの宝剣岳・スゴいことになっている

 

帰りのロープウェイの時間もあることですし、そろそろ下山と行きましょう。

 

木曽駒ケ岳・山頂からの下山

 

名残惜しみながらの下山です。

南アルプスが遥か彼方に見えますね。

 

木曽駒ケ岳・木曽駒ヶ岳からの南アルプス

 

ピストンなので、まずは駒ヶ岳頂上山荘に戻ります。

 

木曽駒ケ岳・山頂から駒ヶ岳頂上山荘へ

 

山頂からの坂を下りきりました。

歩きましょう。

 

木曽駒ケ岳・山頂から駒ヶ岳頂上山荘へ2

 

駒ヶ岳頂上山荘到着です。

うん、こちらから見ると完全に埋もれてますね。

 

木曽駒ケ岳・青い山小屋・駒ヶ岳頂上山荘・埋もれてます

 

と、突然。

「ねえねえ、完全犯罪のシーン再現、やってみようよ。」

と言う相方。

雪山で足跡が被害者のものだけ、そう言うシーンを再現したいらしく。

 

木曽駒ヶ岳殺人事件

足跡は被害者のものだけ!?

 

木曽駒ケ岳・木曽駒ヶ岳殺人事件 足跡は被害者のものだけ!?

 

ちょっと面白いのでほっておいて先に進みましょう。

上から写真撮るから!

と言って中岳登り始めます。

 

木曽駒ケ岳・木曽駒ヶ岳殺人事件 足跡は被害者のものだけ!?・ほっといて中岳上ります

 

相方ちょっと可哀想になってきたんで、OK、写真撮ったよーとわたし。

うん、わたし優しい。

そのまま中岳登ります。

 

木曽駒ケ岳・やさしいわたし、中岳を登る

 

くだらないことしていても疲れるものは疲れます。

中岳登り、あとちょっと!

 

木曽駒ケ岳・中岳登り、あとちょっと

 

はい、再びの中岳山頂、到着です。

 

木曽駒ケ岳・再びの中岳山頂到着です

 

遅れて数分後。

殺人事件被害者、中岳山頂到着です。

 

木曽駒ケ岳・殺人事件被害者、中岳山頂到着

 

中岳からは今度は天狗荘宝剣山荘に戻ります。

ここから殺人事件被害者、死人だからゾンビか?が急に元気になってきます。

うん、今思うと殺人事件再現のあたりからちょっとテンションおかしかったです。

 

木曽駒ケ岳・中岳からは天狗荘、宝剣山荘に戻ります

 

天狗荘ちょっと手前あたり。

急に相方、手を振り始めました。

 

木曽駒ケ岳・天狗荘手前、急に相方手を振り始める

 

宝剣山荘手前にて。

相方、何か言っている?

 

木曽駒ケ岳・宝剣山荘手前にて。相方、何か言っている?

 

いよいよ頭おかしくなったかな?

歳かな?それとも高山病で幻覚でも見えたのか?

と思ったら、宝剣岳山頂にどうやら人がいるようです。

この人とやりとりしてたんですかね。

うん、きっとそうだ、そうに違いない。そうであってくれ。

ちなみに写真はズームで撮ってます。

 

木曽駒ケ岳・宝剣岳山頂

 

相方のことは一旦置いて、宝剣山荘見てみると。

うん、笑えるくらい埋もれてます。

 

木曽駒ケ岳・青い山小屋・宝剣山荘・完全に埋もれてる

 

宝剣山荘横を通って乗越浄土に向かいます。

 

木曽駒ケ岳・宝剣山荘横を通って乗越浄土に向かいます

 

ここからもちょっと宝剣岳山頂、見えました。

良く登ったねえ、あの人。

 

木曽駒ケ岳・宝剣岳山頂2

 

宝剣山荘から乗越浄土はフラットな道なので楽チンです。

 

木曽駒ケ岳・宝剣山荘から乗越浄土はフラットな道なので楽チンです

 

行きはスルーしましたが、宝剣山荘から乗越浄土の間にある小屋をパシャり。

 

木曽駒ケ岳・宝剣山荘から乗越浄土の途中にある小屋

 

そして、乗越浄土到着です。

 

木曽駒ケ岳・再びの乗越浄土

 

乗越浄土からはまた八丁坂千畳敷カールを下って行くんです。

 

木曽駒ケ岳・乗越浄土から千畳敷駅へ

 

ロープウェイ Cable car

またのお越しを

宮田村

これは凍ってないんですね。

 

木曽駒ケ岳・ロープウェイ Cable car またのお越しを 宮田村

 

はい、では気合いを入れて。

最後の下り、八丁坂を行きましょう!

 

木曽駒ケ岳・千畳敷カール・八丁坂を下ります

 

かなり急な坂を下るんです。

上から撮ってもわかりずらいので、下から撮ってみました。

こんな感じです。

 

木曽駒ケ岳・千畳敷カール・八丁坂を下ります・急な下りなんですよ

 

勢いでわたしは下って行きました。

変に慎重に歩くと余計に疲れるんですよね。

お、ロープウェイ千畳敷駅が見えてきました。

 

木曽駒ケ岳・千畳敷カール・八丁坂を下ります・ロープウェイ千畳敷駅見えてきた

 

景色に見とれていると、登りの人とすれ違いました。

今から登りですか。

この時間だと、今日はホテル千畳敷に宿泊ですかね?

うらやましい。

 

木曽駒ケ岳・千畳敷カール・八丁坂を登る人。がんばって!

 

千畳敷カールの一番底まで下ってきました。

大分千畳敷駅、近づいてきましたね。

 

木曽駒ケ岳・千畳敷カールの一番底

 

千畳敷駅から視線をそらし、南アルプスです。

ん?特等席に誰かいますね?

贅沢ー。

 

木曽駒ケ岳・千畳敷カールの特等席から南アルプスを望む

 

そろそろこの千畳敷カールも終わりに近づいてきました。

相方は?と見てみると、まだ坂の途中にいるようです。

がんばれー。

 

木曽駒ケ岳・千畳敷カール見納め

 

千畳敷駅まで後ちょっと。

最後の登り、行きましょう!

 

木曽駒ケ岳・千畳敷駅までの最後の登り

 

そして、千畳敷駅到着です!

 

木曽駒ケ岳・千畳敷駅に帰ってきた!

 

相方来るまで時間があるので、千畳敷駅前の信州駒ヶ岳神社を見に行きましょう。

神社横にトレースありますが、夏山の時はここからまず宝剣岳に登ったんですよね。

 

木曽駒ケ岳・千畳敷駅前の信州駒ヶ岳神社

 

そろそろ相方来る頃でしょうか。

千畳敷駅の中で待つとしましょうかね。

 

木曽駒ケ岳・千畳敷駅

 

千畳敷駅の中には、ホテル千畳敷ありますよ!

神々の山嶺で、カメラマンの深町がエベレストに行く前の高度順応に使っていたところです。

 

木曽駒ケ岳・ホテル千畳敷

 

相方と合流し、ロープウェイを待つ間。

2612Cafeでコーヒーいただきます。

そして。

 

木曽駒ケ岳・2612Cafeのコーヒー

 

ロープウェイの時間になりました。

さらば千畳敷カール

 

木曽駒ケ岳・千畳敷駅・ロープウェイの名前は木蓮

 

千畳敷駅からしらび平までの950mを下ります。

ロープウェイなかったら木曽駒ヶ岳、相当大変な山ですね。

昔の人は本当、どうやって登ったんだろう。

 

木曽駒ケ岳・ロープウェイ・千畳敷駅からしらび平駅へ

 

ロープウェイの中にある見える山々の説明書き。

左手には金峰山乾徳山奥秩父の山々から、南アルプス甲斐駒ヶ岳仙丈ケ岳北岳まで見えるそうです。

 

木曽駒ケ岳・金峰山・乾徳山、奥秩父の山々から南アルプスの甲斐駒ヶ岳・仙丈ケ岳・北岳まで

 

正面からは間ノ岳西農鳥岳富士山塩見岳などが見えますと。

 

木曽駒ケ岳・間ノ岳、西農鳥岳、富士山、塩見岳など

 

最後に右手には、悪沢岳赤石岳聖岳とかが見えますと。

南アルプス勢揃いですね。

 

木曽駒ケ岳・悪沢岳、赤石岳、聖岳など

 

と言うことで、どうぞ!

 

木曽駒ケ岳・ロープウェイ・南アルプス勢揃い

 

これは甲斐駒ヶ岳、これは仙丈ケ岳、と言うことはこれは北岳で、間ノ岳農鳥でとかやってたら、しらび平駅、見えてきました。

 

木曽駒ケ岳・しらび平駅見えてきた

 

はい。しらび平駅、到着です。

 

木曽駒ケ岳・ロープウェイ・しらび平駅

 

ロープウェイの接続を待ってバスが来るとのことなので、バス乗り場に直行です。

並んでますね。

わたしたちもこのバスに乗りますよ!

 

木曽駒ケ岳・しらび平駅から菅の台バスセンターまでのバス

 

しらび平からは、車を止めてある菅の台バスセンターに向かいます。

写真は菅の台バスセンター近くの河原です。

南アルプス見えるこの景色が良かったのでパシャりです。

 

木曽駒ケ岳・菅の台バスセンター近くの河原と南アルプス

 

しらび平から、バスに揺られること30分。

菅の台バスセンターに到着です。

 

木曽駒ケ岳・しらび平からバスに揺られること30分、菅の台バスセンターに到着です

 

朝は天気、どうなることかと不安でしたが、下界も今は快晴ですね。

 

木曽駒ケ岳・菅の台バスセンターも快晴

 

こちらの写真は朝、ついたばかりのほぼ同じ場所の写真。

太陽ってすごい。

こんなに雪が簡単に溶けてしまってますね。

 

木曽駒ケ岳・菅の台バスセンター・朝の写真

 

山登りは終了です。

最後はお風呂にご飯と行きましょう。

まずはお風呂です!

 

木曽駒ケ岳・駒ヶ根のお風呂に向かう

 

こちらは露天こぶしの湯

ロープウェイ、バスのチケットに割引券がついていたので利用させてもらいました。

前回もこちらを利用させてもらったんですよね。

 

露天こぶしの湯 | 駒ヶ根高原アルプスの丘 家族旅行村

 

お風呂のあとはご飯です。

駒ヶ根と言ったら、そう、ソースカツ丼

本当はガロに行ってみたかったのですが、時間が間に合わなくて。

写真はお風呂場からご飯屋さんに向かう途中の木曽駒ヶ岳

下界から見えていたんですね。

 

下界から見た木曽駒ヶ岳

 

はい、そして着きました。

今日のご飯処、明治亭

 

明治亭 駒ヶ根店

 

ソースカツ丼と言ったら、と言うお店です。

前回の木曽駒ヶ岳登山の時も、明治亭に来たんです。

前回は中央アルプス登山口店で、今回は本店駒ヶ根店に来てみました。

 

明治亭のソースロースかつ丼

 

ボリューム満点、もう食べられません。

お店から出てみると、ここからも木曽駒ヶ岳が見えました。

駒ヶ根って木曽駒ヶ岳甲斐駒ヶ岳とか南アルプスも見える、最高のロケーションですね。

 

明治亭 駒ヶ根店から見える木曽駒ヶ岳

 

そして場所は変わって帰りの中央自動車道。

伊北↔︎諏訪間の規制は解除され、空いた道を走ります。

写真は中央自動車道から見えた八ヶ岳

 

中央自動車道から見えた八ヶ岳

 

諏訪ICあたりから八ヶ岳PAあたりまではずっと八ヶ岳が視界に入ります。

今シーズンの雪山最終目標が八ヶ岳・赤岳なので、しっかり目に焼き付けておきましょう。

待ってろよ!赤岳

 

中央自動車道から見えた八ヶ岳2

 

そしてそこからさらに進むと富士山が。

今日の富士はよく見えます。

 

中央自動車道から富士山

 

中央高速、走ります。

夕暮れ時になって来ると、富士山が夕日で赤く染まっていましたね。

 

中央自動車道から富士山・夕焼け

 

富士山も見れてご満悦。

いつもの魔の渋滞ゾーン、大月〜八王子間もさらっと行けて。

無事に帰宅と相成りました。

と言うことで、今日も一日、お疲れ様でした!

まとめ

今回は3月の木曽駒ヶ岳の山行でした。

いや、良かった。1ヶ月ぶりの登山で体力的なところが心配でしたが、それを吹き飛ばすくらいの大絶景。

もっと時間があったらホテル千畳敷に泊まってまったり。なんてのも本当に良いですね。

勝手に採点

わたし勝手に今回の山行を採点しました!

  • 満足度 :

冬山の木曽駒ヶ岳、最高です。

 

冬山の千畳敷カール

今回の山行の補足情報まとめてみました。

よろしければ参考までにどうぞ。

温泉

露天こぶしの湯 | 駒ヶ根高原アルプスの丘 家族旅行村

菅の台バスセンターからすぐ近く。割引券もありますよ。

お食事処

ソースかつ丼 明治亭 駒ヶ根店

ソースカツ丼ボリューム満点!今回はロースかつを食べました!

 

以上、本日の山行記録でした。

ではまた!

こんな記事も読まれています