日本百名山

川苔山、一杯水避難小屋、長沢背稜から雲取山・2泊3日テント泊(後編)

こんにちは。

今回は川苔山、一杯水避難小屋、長沢背稜から雲取山・2泊3日テント泊(後編)です。

前回をまだ見ていない方はこちらからどうぞ!

今回のコースと地図

1日目(一杯水避難小屋):川乗橋(標高430m)→川乗林道→百尋ノ滝→川苔山(標高1363.2m)→日向沢ノ峰→蕎麦粒山(標高1472.8m)→一杯水避難小屋

2日目(雲取山荘):一杯水避難小屋→天目山(三ツドッケ)(標高1576m)→酉谷山(黒ドッケ)(標高1718.3m)→芋ノ木ドッケ(標高1946m)→雲取山荘

3日目(雲取山、鴨沢):雲取山荘→雲取山(標高2017.1m)→奥多摩小屋→堂所→鴨沢

 

登山記録

おはようございます。

時刻は朝の6時30分。雲取山荘からスタートです。

 

川苔山・雲取山・雲取山荘

 

テントを手早く撤収して、早速雲取山頂上向かいましょう。

だいたい30分の道のりです。

 

川苔山・雲取山・雲取山山頂を目指す

 

はい、あっと言う間に到着です。

本日の登りはほぼ終了、あとは基本、下るだけ。

ほんとこの3日間はキツかった、下界の暮らしが恋しいです。

 

川苔山・雲取山・雲取山の山頂標識(埼玉県)

 

こちらの標識も忘れずパシャり。

埼玉県の標識と東京都の標識の2つあるから注意です。

※ちなみに、今回の山行は2016年のものなので、今は山頂標識違います。

 

川苔山・雲取山・雲取山の山頂標識(東京都)

 

こちらは、雲取山頂避難小屋

以前一度だけトイレ使いましたが、二度と使わないと誓うくらいのクオリティ。

あれはかなりヤバイです。

もしかしたら今はきれいになってる?

 

川苔山・雲取山・雲取山頂避難小屋

 

雲取山を制覇です。川苔山から遠かった。

あとはほんとに下るだけ、元気があれば石尾根奥多摩まで歩く予定。

元気がなかったら、、その時考えます。

 

川苔山・雲取山・雲取山山頂からの景色

 

雲取山山頂少し下って、振り返ってのパシャりです。

うんしばらくは、来なくていいや。

と言って翌年ちゃっかり雲取山来ているんですが、その時のお話しがこちら。

雲取山また来ちゃったのお話

小袖乗越から雲取山・1泊2日テント泊

 

川苔山・雲取山・雲取山山頂を振り返って

 

尾根を下って行きましょう。

おっ、ヘリポート手前あたりにテントが見えますね。

奥多摩小屋のテント客ですね。

 

川苔山・雲取山・小雲取山から奥多摩小屋近くのテントを眺める

 

奥多摩小屋を通過中。

 

川苔山・雲取山・奥多摩小屋

 

これってトトロ?

ですよねえ?

 

川苔山・雲取山・奥多摩小屋のトトロ

 

雲取山から七ツ石山あたりまでは、ほんと気持ちの良い尾根が続きます。

で、七ツ石山は行ったかと言いますと、見事に巻いて逃げました。

この時点で奥多摩までの石尾根で帰る計画はないことに。

素直にそのまま下って鴨沢のバス停に向かいましょう。

 

川苔山・雲取山・石尾根経由の奥多摩駅向かわず、鴨沢に向かうことに

 

七ツ石山七ツ石小屋越えてからは、樹林帯をひたすら歩きます。

はじめてこの道来た時は、かなり長く感じましたが今だと普通に感じます。

成長したってことなんでしょうか?

 

川苔山・雲取山・七ツ石山から鴨沢に向かう樹林帯、登り尾根

 

ではい。そのあとは鴨沢のバス停に着いて。

でもバスの時間まではしばらくあるので、いくつか先のバス停まで歩いて行って。

来たバス乗って奥多摩駅に。そしてそのあと電車に乗って、車が停めてある鳩ノ巣駅です。

 

鳩ノ巣駅

 

近くのお風呂に行きましょう。

こちらは奥多摩の風はとのす荘

泊まりじゃなくて、お風呂だけでもOKです。

 

奥多摩の風はとのす荘

 

3日ぶりのお風呂に入って(ばっちい!!、あれ?ばっちいって意味わかります?)。

さっぱりしたらご飯です。

こちらも鳩ノ巣駅のすぐ近く。駐車場真ん前のお店です。

 

そば処 鳩美

 

お風呂も入って、ご飯も食べたら、ひさびさの我が家に帰るとしますか。

まとめ

今回は川苔山一杯水避難小屋長沢背稜から雲取山・1泊2日テント泊(後編)のお話でした。

ほんとにほんとにライオンだ長かった。

もうこれ若い子わからないんですよね、きっと。

そしてずっと和田アキ子だと思ってましたよわたし。

じゃなくて、ほんとに長かった川苔山一杯水避難小屋長沢背稜からの雲取山、これにて山行、終了です!

勝手に採点

わたし勝手に今回の山行を採点しました!

  • 満足度 :

奥多摩大満喫のこのコース、時間あったら是非どうぞ。

 

雲取山荘

 

今回の山行の補足情報まとめてみました。

よろしければ参考までにどうぞ。

温泉

奥多摩の風はとのす荘

お食事処

そば処 鳩美

 

以上、川苔山一杯水避難小屋長沢背稜から雲取山の山行記録でした。

ではまた!

ABOUT ME
kara
kara
karaです。山が好き!な週末だけの山登る人。日本百名山を中心に、いろんな山を楽しんでます。