日本百名山

奇跡!?奇石の空木岳・駒ヶ根高原スキー場から紅葉の空木岳を登る(後編)

空木岳・朝日と紅葉

こんにちは。

秋には紅葉を追い求め、冬には雪を渇望す。常になにかを求め続ける男、kara(@karalog2018)です。

今回のお山は前回から引き続き、10月初旬に登った中央アルプス・空木岳のお話(後編)です。

前回は1日目の駒ヶ根高原スキー場から長い樹林帯を越えて空木岳を登頂したお話で、今回は2日目、その続きです。

そうそう!

今回の件とは別件ですが、「ナースときどき女子」さんのサイトでうちのブログが紹介されました!ありがとうございます!

(リンクをクリックすると対象サイトに飛んでいきます。是非見てみてください!)

今回のコースと地図

1日目:駒ヶ根高原スキー場駐車場→池山林道終点→駒峰ヒュッテ、空木岳ピストン
2日目:駒峰ヒュッテ→池山林道終点→駒ヶ根高原スキー場駐車場

登山記録

Day 2

05:22 空木駒峰(うつぎこまほう)ヒュッテ

はい、と言うことでね、ブログの方を開始したいと思います。

時刻は朝の5時22分。おはようございますですね。

今日も良い日になる予感。駒峰ヒュッテからスタートしましょう!

 

空木岳・夜明けの駒峰ヒュッテ 空木岳・夜明けの駒峰ヒュッテ2

 

今日の予定は駒ヶ根高原スキー場への下山のみ。

木曽駒ヶ岳は行きません(ほんとうは行きたいけど10時間以上かかりますからね、、次回以降のお楽しみと言うことで)。

時間たっぷり余っているのでここからご来光拝んじゃいますかw

 

空木岳・モルゲンロートな空木岳

 

空木岳、頂上手前でスタンバイ。

下の写真の登山者たちは、木曽駒ヶ岳まで行くのかな?

お気をつけていってらっしゃい!うらやましいかぎりです~。

 

空木岳・山頂へ向かう人たち

 

05:50 駒峰ヒュッテ・日の出

きた来たきた~♪ご来光

雲多めですかね?だがそれも良い!

いつだってご来光は最高なのさッ!

 

空木岳・駒峰ヒュッテ、ご来光

 

朝日に染まる、空木岳

山頂でご来光見てる方たちもいらっしゃいますね~。

さっきの人たちもいるのかな?

 

空木岳・山頂からご来光を楽しむ

 

光条シャキーン!

やりすぎですかね?(笑)

ついついやってしまうのです・・・。

 

空木岳・駒峰ヒュッテからのご来光

 

コチラは朝日に染まる木曽御嶽山(右奥の山)。

御嶽山はいつかまた登りたい。

御嶽山・剣ヶ峰
御岳ロープウェイから木曽御嶽山(剣ヶ峰・摩利支天山)・日帰りこんにちは。 今回もだいぶ更新が滞っておりましたが、7月前半、梅雨真っ只中に登った御嶽山の山行です。 御嶽山は、2014年9...

 

空木岳・朝日に染まる木曽御嶽山

 

06:11 下山開始・駒石へ

ご来光見れたし下山しますか~。

実は「ちょっとした事件」ありましたがこれは最後に。

 

空木岳・空木平カール

 

雲海!雲海!雲海ですよ!

 

空木岳・雲海

 

朝日に染まる、木曽駒ヶ岳へ続く稜線。

今まさにあそこを歩いている人たちいるんだろうな~。

厳冬期・木曽駒ヶ岳
厳冬期・千畳敷から木曽駒ヶ岳・日帰りこんにちは。 今回は厳冬期の中央アルプス・木曽駒ヶ岳の山行です。 先日、赤城山の"駒ヶ岳"に登ってきたので、(天気も良いし)...

 

空木岳・朝日に染まる、木曽駒ヶ岳へと続く稜線

 

朝日に染まる空木平カール

前回、「紅葉あまり色づいてない、残念」みたいなこと言っちゃいましたが、イヤイヤイヤイヤ!前言撤回させてください!

朝日に染まった紅葉が、ほんとうに、ほんとうに美しすぎるッ!

真っ赤!真っ赤!真っ赤っか!!

奇跡の紅葉いまここに!!!

 

空木岳・朝日に染まる空木平カール

 

木曽駒ヶ岳、美しい~!!

 

空木岳・絶景な木曽駒ヶ岳

 

言葉にできない。美しすぎる。。

 

空木岳・空木平と雲海と 空木岳・空木平と雲海と、光線

 

何度も似たような写真撮っちゃいます(笑)

のちに同行者のhirooneさんに、「おまえはあれか?ニワトリか?三歩あるいたら写真撮ったの忘れちゃうのか?」と言われるようになる瞬間の誕生です(笑)。

※もっと前から言われてたような、、気もしているケドそう言うことにしておきましょう(苦笑)

 

空木岳・雲海と木曽駒ヶ岳

 

あ~も~、なんだこれ、ブログ書いてても感動がよみがえる。

写真技術がもっと凄ければ、もっともっとすばらしい瞬間お伝えできたのですが、、

今の精一杯がこれらです。

(精進します!)

 

空木岳・駒石へ

 

名残惜しいとはまさにこのことか!

 

空木岳・駒石へ2

 

振り返った空木岳も、最高じゃないかッ!

 

空木岳・空木岳山頂を振り返る

 

雲海と朝日、最強の組み合わせじゃありません?

ぼくのかんがえたさいきょうのくみあわせ。

山、雲海、朝日、紅葉!

 

空木岳・雲海

 

駒石だ~。

ステキだ~。

(これブログになってます?文章書くのを放棄してます(笑))

 

空木岳・駒石と雲海と

 

登りも下りも通らなかった空木平避難小屋

幽霊のウサワもチラホラでてる、いつか行ってみたい避難小屋。

あそこも昨日はたくさん人がいたんだろうな~。

 

空木岳・空木平避難小屋

 

太陽!雲海!駒石とな!

 

空木岳・朝日に染まる駒石

 

06:38 駒石

ここでちょっぴり小休憩し、余韻に浸るわたしたち。

わかってるんです、もうちょっと時間がたてばこの奇跡の時間が終わることを。

太陽高くあがって色づき変わるしそもそも樹林帯に突入します(長いなが~いあの樹林帯)。

余韻に浸ったっていいじゃない(だれに言っているの?)。

 

空木岳・巨大な駒石

 

先に進まにゃ帰れません。

と言うことで、後ろ髪ひかれながらも空木平を後にします。

 

空木岳・名残惜しい、空木平は絶景でした。

 

06:57 空木平避難小屋との分岐

ついにここまで来ちゃいましたか~。これから樹林帯に突入です。

うしろでハシャいでる男(hiroone)1名いますが気にせず下山を開始しましょう。

 

空木岳・空木平避難小屋との分岐(はしゃぐhiroone)

 

樹林帯はガスってました。あれだね、雲海のちょうど中に入ったのかな。

写真は急坂、ヤセ尾根あたりです。

 

空木岳・急坂、ヤセ尾根下山中

 

小地獄・大地獄気を付けながら、ぐんぐん下ってまいります。

 

空木岳・急坂、ヤセ尾根下山中2

 

09:25 空木岳登山口(池山林道終点)

池山またまたスルーして、2時間30分で林道終点。

くだりはさすがにあっという間。

もくもくとひたすら下山しました。

 

空木岳・空木岳登山口(池山林道終点)

 

09:55 駒ヶ根高原スキー場・駐車場

林道終点で終わりじゃない(通行止めめ~!)。

駒ヶ根高原スキー場(駐車場)まで引き続き樹林帯下って行って。

 

空木岳・駒ヶ根高原スキー場・駐車場

 

空木平から)3時間くらいで下山が完了!

すばらしかった空木岳山行も、これにて終了おしまいです!

 

まとめ

今回は前回から引き続き、中央アルプス・空木岳のお話でした。

1日目は紅葉ちょっと足りないんじゃない?なんて偉そうなこと言っちゃいましたが、見事にそれを裏切ってくれました!

中央アルプス・空木岳、最高の、最高の山でしたッ!

ちょっと樹林帯長いけど、ツンデレ、と言いますか、そのあとの景色は絶景なんで!

是非とも未踏ならチャレンジしてほしい!

勝手に採点

わたし勝手に今回の山行を採点しました!

  • 満足度 :

奇跡の紅葉、見れました!(ご馳走様です!)

 

空木岳・朝日に染まる空木平カール

 

余談(ちょっとした事件のお話です)

ちなみにここから余談です。「ちょっとした事件」ってやつのお話ですが(あまり楽しくない)。

実はわたくし今回の山行で、駒峰ヒュッテで、シュラフなくしました(涙)

ザックの前にシュラフを置いて、上に小物(目印)も置いていたのですが、山頂から下山したらなくなっていた。。

正確には、ザックの前にシュラフはあるが、わたしのシュラフじゃないやつがある

わたしが持っていたのは長年愛用の「ダウンハガー800 #3」です。

目の前にあるのは「アルパインダウンハガー800 #3」

うわビミョー!ちょっと違うのになっちゃった!だれか間違えて持ってちゃった?

結局探し回りましたがどこにもシュラフはなく。泣く泣く余った目の前にある「アルパインダウンハガー800 #3」で就寝しました。。

ま、これはあれです。教訓ですね。キチンと名前、書いておけと

当たり前っちゃ~当たり前なんですが、いつもテント張っていて、まさか山小屋がこんな混雑・カオスな状態になるとは思ってなくて。。

完全に油断しました。なにはともあれこのわたしの教訓を、みなさん活かして頂ければと!

 

と言うことで、余談はおしまい。お話もおしまい。

以上、本日の山行記録でした。

ではまた!

こんな記事も読まれています