日本百名山

室堂から立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)・日帰り(後編)

立山

こんにちは。

今回は2016年9月の立山縦走の山行(後編)です。

前回をまだ見ていない方はこちらからどうぞ!

今回のコースと地図

室堂から一の越山荘を経て雄山(標高3003m)大汝山(標高3015m)富士ノ折立(標高2999m)真砂岳(標高2861m)別山(標高2874m)へ。その後剱御前小舎から雷鳥沢を経て室堂へ至る立山縦走コースです。

 

登山記録

前回立山・雄山登頂したわたし。

次は大汝山に向かいます。

 

立山・山崎カール

 

雄山から大汝山は20分くらいの道のりです。

 

立山・雄山から大汝山は20分くらいの道のり

 

山崎カールをぐるっと囲む、山の稜線を歩きます。

おっ?一番高い、あの岩々したところ大汝山ですかね?

 

立山・山崎カールの稜線を歩きます

 

山頂標識見えました。やっぱりあそこが大汝山のようです。

 

立山・大汝山山頂まであと少し

 

はい、大汝山山頂到着です。

ちなみにこちらの大汝山富山県の最高峰

 

立山・大汝山山頂

 

次に目指すは富士ノ折立

こちらの尾根を行きましょう。

 

立山・大汝山から富士ノ折立への稜線

 

大汝山から富士ノ折立へ向かう途中。

大汝休憩所がありました。この休憩所、山と高原地図には乗ってませんよね?

 

立山・大汝休憩所

 

大汝休憩所後にして、稜線・尾根づたいを歩いていくと。

なにかすごいの現れました。

 

立山・富士ノ折立

 

こちらのすごいの登っていくと。

どうやらここが、富士ノ折立

 

立山・富士ノ折立山頂

 

富士ノ折立から、御前沢氷河黒部湖見えました。

朝、黒部ダムから見えていた山の上にわたし今、来たんですね。

 

富士ノ折立からの御前沢氷河と黒部湖

 

雄山、大汝山、富士ノ折立と、立山制覇完了です。

時間は現在お昼前。

トロリーバス終電まで時間もまだまだあることですし、真砂岳にちょっと足を延ばしてみましょう。

 

立山・富士ノ折立から真砂岳へ向かいましょう

 

真砂岳への稜線は、先ほどまでの岩々した稜線からうって変わって、その名の通り砂っぽい。

 

立山・富士ノ折立から真砂岳に向かう稜線

 

富士ノ折立から30分くらいですかね、砂っぽい稜線歩いていくと。

真砂岳に到着です。

 

立山・真砂岳山頂

 

ここまで歩いて来たのなら、別山行って帰りましょう。

って、別山方面に見えている、頭一つ出てる山、あれもしかして剱岳

 

立山・真砂山から別山へ至る道

 

別山そのまま向かう前に。ちょっと寄り道、内蔵助山荘

トイレを借りに来ましたよ。

 

立山・内蔵助山荘

 

内蔵助山荘で休憩も合わせて済ませた後は。

今度こそ別山向かいましょう。

 

立山・内蔵助山荘から別山

 

別山までの稜線歩き。

気にしないようにしていたのですが、真砂山あたりからだんだん雲が出てきてますね。。

 

立山・別山への稜線

 

1時間くらい、歩いたでしょうか。

別山山頂、到着です。

 

立山・別山山頂

 

天気はどうかと言いますと。

景色が全然見えません。雲の中に入ってます。

 

立山・別山山頂・雲の中

 

本当に何も見えません。仕方がないので、サクッと次に向かいましょう。

剱御前小舎に向かいます。

 

立山・別山から剱御前小舎

 

途中で見えた、剱岳。残念ながら隠れてます。。

 

立山・剱岳

 

そしてはい、剱御前小舎に到着です。

本当、ここまで来ると剱岳に行きたいところです。

剱岳、山に登り始めた年・1年目に行ったきり。

景色堪能したと言うよりは、なんとか登った感じだったので。今度はじっくり、楽しみながら登りたい。

 

立山・剱御前小舎

 

剱御前小舎からは。雷鳥沢に下ります。

ここの下り、後半戦だったからか、結構だるい下りでした。。

 

立山・剱御前小舎から雷鳥沢

 

雷鳥沢の下まで下って来れました。

平らな道は楽チンです。

 

立山・雷鳥沢

 

こちらは雷鳥沢のキャンプ場。

ここで一泊楽しそう。

 

立山・雷鳥沢キャンプ場

 

雷鳥沢からの山崎カール

雲で隠れて見えないですが、あそこの稜線歩いてきました。

 

立山・雷鳥沢からの山崎カール

 

次に向かうは。スタート地点の室堂です。

雷鳥沢から登りです。結構ここもキツイんです。

昔の、剱岳帰りのこの雷鳥沢からの登り、相当キツかった。。

 

立山・雷鳥沢から登って室堂に向かう

 

途中にあった地獄谷。ちょっと怖い雰囲気です。

 

立山・地獄谷

 

雷鳥荘を通りすぎ。

 

立山・雷鳥荘

 

室堂向かって歩きます。

 

立山・雷鳥沢から室堂までの道

 

山崎カール、完全に雲に隠れてしまいました。。

 

立山・山崎カール

 

ミクリガ池に到着です。

ここまで来ると、登山客じゃない一般客も多いです。

 

立山・ミクリガ池

 

ミクリガ池からさらに前へと進んでいって。

室堂ついに到着です!

 

立山・室堂

 

中部山岳国立公園・立山

ようやく写真が撮れました。いつも誰かしら写真撮ってるんですよね、これ。

 

立山・中部山岳国立公園・立山

 

室堂からは、トロリーバスで大観峰

 

立山・室堂からトロリーバスで大観峰

 

大観峰からは、ロープウェイで黒部平

 

立山・大観峰からロープウェイで黒部平

 

黒部平からは、ケーブルカーで黒部湖へ。

 

立山・黒部平からケーブルカーで黒部湖

 

黒部湖からは、黒部ダムを歩いて渡ります。

 

立山・黒部湖から歩いて黒部ダムを渡ります

 

黒部ダムの大放水。

朝からずっと放水してるんですかね?よく水が持つもんだ。

 

立山・黒部ダムの大放水

 

扇沢行きのトロリーバス乗り場に向かいます。

こちらは途中にあった、売店です。お土産買って帰りましょう。

 

立山・黒部ダム駅売店

 

雷鳥のたまご、ゲットだぜ!

 

立山・黒部ダム駅売店・雷鳥のたまご

 

トロリーバスに乗って、扇沢についた後は。

やっぱりきましたお風呂です。

こちらは剱岳の時にも利用した、湯けむり屋敷・薬師の湯

 

湯けむり屋敷・薬師の湯

 

スッキリさっぱりした後は、東京に向かって帰りましょう。

家に着くまでが登山です!

まとめ

今回は立山縦走(後編)のお話でした。

浄土山も行って立山三山縦走したいところでしたが、交通機関の時間も加味して今回は立山真砂岳別山縦走で終わりです。

次回の楽しみに、と言うことで。

でも本音を言うと、結構交通費かかってるんでやるなら日帰りじゃなくて泊まりじゃないと勿体無い。。

勝手に採点

わたし勝手に今回の山行を採点しました!

  • 満足度 :

次回は立山三山縦走、もしくは剱岳に行きましょう!

 

立山

 

今回の山行の補足情報まとめてみました。

よろしければ参考までにどうぞ。

温泉

湯けむり屋敷・薬師の湯

 

以上、本日の山行記録でした。

ではまた!

ABOUT ME
kara
kara
karaです。登山歴5年の山登る人。週末は日本百名山を中心に、どこかの山を登っています。