日本百名山

祓川登山口から苗場山・日帰り

苗場山・苗場山

こんにちは。

今回は新潟県にある日本百名山苗場山に行ってきました。

苗場と言えば、プリンスホテル!(わたしだけ?)

スキー場、フジロックなどが有名ですね。

正直、新潟の山はあまり登ったことがないもので、イメージ全然わきません。

期待値もそれに比例して、あまり高くはなかったのですが。

いやいやいやいや、なかなかどうして。

さすがは日本百名山

伊達じゃないこと見せつけてくれました!

山のカテゴリ

上信越

 

主な山の基本情報

苗場山(なえばさん)

山頂に広~い湿原のある標高2145.2mの山。日本百名山花の百名山信州百名山一等三角点百名山。山頂の湿原は、日本の重要湿地500に選定されています。

今回のコースと地図

秡川登山口(標高1220m)から和田小屋下ノ芝中ノ芝上ノ芝神楽ヶ峰(標高2029.7m)を経て苗場山(標高2145.2m)へ至るピストンコースです。

  • 技術度 :
  • 体力度 :

コースタイムは9時間近くありますが、適度に休憩場所もある、歩きやすい山ですね。

  • 景観  :

山頂の湿原もさることながら、下ノ芝上ノ芝間の木道や、神楽ヶ峰からの苗場山の景色など、いろんな景色が楽しめます。

  • アクセス:
  • 混雑度 :

東京から・マイカーでは、関越自動車道・湯沢ICから三国街道を進み、祓川登山口駐車場へアクセスします。

  • 標準コースタイム:8時間45分
  • コースの距離:16.9km
  • 最小標高: 1222m
  • 最大標高: 2141m
  • 累積標高(登り):1288m
  • 累積標高(下り):1284m

 

登山記録

05:18 祓川登山口

天気は霧のち晴れ。

今日は苗場山祓川コースを登ります(同行者はいつものhiroone)。

わたし最初に苗場と聞いた時は、プリンスホテルのあたりから登るんだと思っていました。

ですが実際はそこから(1時間くらい)先の、かぐらスキー場(祓川登山口)からのスタートです。

 

苗場山・祓川登山口

 

にしても天気がいただけない。

霧で全然見えません。。

予報では、6時以降は晴れてくるそうなので、それを期待し登ります(ほんと頼んますよ!太陽さん!)。

 

苗場山・霧でなにも見えません 苗場山・秡川登山口から和田小屋までは車道歩き

 

05:49 和田小屋

リフト沿いに車道を登り、和田小屋に到着しました。

そしてもうすぐ6時です。

晴れると言われた6時です。

・・・。

うーん、なんだかダメみたい。霧がますます濃くなったような。。

 

苗場山・和田小屋

 

ゲレンデの麓に登山届の提出BOX。

なにかちょっと斬新ですね(忘れず入れていきましょう)。

そして最初は、こちらのゲレンデ登るみたい。

前は変わらず見えてませんが、のんびり登ればそのうち晴れるか。

 

苗場山・登山届は忘れずに

 

雪のないゲレンデを5分くらい登って行ったそのあとに、脇にそれる登山道が。

正直前も霧で見えないし、このままゲレンデ登りだったらどうしよう!!

と不安だったのですが、ようやくいつもの登山道らしい登山道にここからなったので、ホッと安心しましたね。

 

苗場山・かぐらスキー場のゲレンデから山道へ

 

脇道それてからはしばらくは、ゲレンデに並走するように湿った樹林帯を登ります。

水は流れていませんが、沢の道っぽい感じです。

 

苗場山・沢の道のような湿った登山道

 

06:47 下ノ芝

和田小屋から1時間。

樹林帯を登り続けて、下ノ芝に到着しました。

下ノ芝は、ベンチもあるし、きれいだし、休憩によさそうなポイントですね。

 

苗場山・下ノ芝

 

07:25 中ノ芝

さらに進んでこちらは中ノ芝(から振り返って下ノ芝を見た写真です)。

天気が一気に良くなってきて、眼下に雲海が広がっています(サイコー!)。

さらにここからは木道がはじまり。

ゲレンデ、樹林帯、木道と、ガラッと雰囲気変えてきました(やるな苗場山!)。

 

苗場山・中ノ芝から雲海を眺める 苗場山・中ノ芝 苗場山・中ノ芝からの木道

 

07:47 上ノ芝

中ノ芝からは意外にすぐに、上ノ芝に到着しました。

ここにもベンチがありますね~。登山者にやさしい山ですね!

(天気が晴れると上機嫌)

 

苗場山・上ノ芝

 

上ノ芝から少し進むと、顕彰碑がありました。

苗場山を世に知らしめた、松本喜之七酒井由朗の両人をたたえる顕彰碑だそうです。

 

苗場山・顕彰碑

 

07:58 股スリ岩

顕彰碑を過ぎてからは登りは一旦落ち着いて、神楽ヶ峰の尾根を歩きます。

下の写真は途中にあった股スリ岩

よっこらせっと、股スリながらまたいで行きます(そのまんまやんけ)。

 

苗場山・股スリ岩

 

08:10 神楽ヶ峰

そしてそのまま尾根を歩くと神楽ヶ峰の標識が。

道の途中にポツンとあって、急いでいたら、普通にスルーしちゃう感じです。。

頂上は頂上で別にあるようで。

こちらの標識から、ちょっとだけ上に登ったところにありました。

 

苗場山・神楽ヶ峰へ 苗場山・神楽ヶ峰

 

神楽ヶ峰の標識からしばらく歩くと、目の前にデデン!とあらわれました!

こちらが今日の目的地、苗場山の雄姿です!

まさにデデン!がふさわしい、威厳のある山の形です!!

正直ね、こんな山容、想定してなかった。

思った以上に山してますね(良い意味です)。

苗場スキー場のイメージが強すぎて、スキー場、ゲレンデのイメージしか浮かんでなかったんです、わたし。。)

 

苗場山・神楽ヶ峰からの苗場山 苗場山・神楽ヶ峰からの苗場山、その2

 

神楽ヶ峰から苗場山へと向かいましょう。

とここで悲報。

景観はほんと最高なのですが、この神楽ヶ峰から苗場山は、一旦今まで登ってきたのなんなの?ってくらい下ります。

今まで登ってきた分帳消しですよ。。

覚悟してればたいしたことない。覚悟してないとけっこううんざり。。

写真は、降りきったところからの苗場山

これからあそこに登ります!!(やる気スイッチ、オン!!)

 

苗場山・神楽ヶ峰から苗場山は一旦かなり下ります 苗場山・苗場山を登ります!

 

苗場山、登りはじめて30分。

雲尾根看板ありました!

ここまできたらあとちょっと!がんばって山頂目指しましょう!

 

苗場山・雲尾根 苗場山・苗場山へラストアタック!

 

雲尾根看板から15分。

ついに、ついに苗場山の上に着きました!

 

苗場山・苗場山の広い山頂

 

ひっ、広~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~い!!!

なんだよこれは!?聞いてませんよ!!

想像以上の広さです!!(いやもうマジで)。

目の前にどこまでも続く湿原が。

ここってほんと、山頂かしら!?

 

苗場山・苗場山の広い山頂2 苗場山・苗場山山頂へ 苗場山・苗場山の広い山頂3

 

09:23 苗場山山頂

湿原・木道てくてく歩いて、苗場山山頂標識、到着。

正直ここは地味ですね、山頂の湿原がインパクトありすぎて、ここはついでで来た感じ。

まあね、来たからには忘れず写真を撮っときましょう(ぞんざいな扱いスミマセン)。

 

苗場山・苗場山の山頂標識 苗場山・苗場山山頂標識

 

09:25 苗場山自然体験交流センター(苗場山山頂ヒュッテ)

山頂標識からすぐ近く。こちらは苗場山山頂ヒュッテです。

あ、違うか。今は苗場山自然体験交流センターって言うみたいです。

ちなみに中ではテレビが見れて、今日はサッカーうつしてました(スゴイ!!)

 

苗場山・苗場山自然体験交流センター(苗場山山頂ヒュッテ) 苗場山・苗場山山頂ヒュッテ、横から

 

そしてこちらのレリーフは、苗場山開拓者である大平晟氏と、役行者(えんのぎょうじゃ)の石碑です。

役行者はなんでも、飛鳥時代の呪術者修験道の開祖だそうで、役小角(えんのおづぬ)とも呼ばれていたと。

山梨県にある二百名山・乾徳山にもこの人いたような?(活動範囲広いですね~)

 

苗場山・大平晟氏のレリーフと役行者(えんのぎょうじゃ)の石碑

 

まだまだ下山には早いので、ちょっと山頂散策しましょう。

 

苗場山・山頂の湿原と木道歩き

 

残念ながらちょっと雲が多めですかね。

晴れたらほんとにすごいのでしょう。

そうそう!

紅葉の時期も良いみたいです。次回くるなら、秋に来よう!

 

苗場山・山頂の湿原と木道歩き、残念ながら雲多め

 

にしてもほんとに広い山頂。

こんな景色は、なかなかお目にかかれない。

登ったことのある山で、こんな山あったかな~って考えてみたら、(同じく新潟の)平ヶ岳がわりと近いイメージですね。

平ヶ岳もほんとに素敵な山なのですが、ちょっとアクセス悪いのと、(山頂)ここまで歩けませんね(苗場山の方が自由に歩けます)。

 

苗場山・山頂の湿原と木道歩き、まだ続きます

 

右の奥には山が見えます!

あちらは鳥甲山(とりかぶとやま)と言う山で、日本二百名山になりますね。

なにか毒でもありそうですね(※)。。

(※毒があるのは鳥兜(トリカブト)日本三大有毒植物

 

苗場山・苗場山からの鳥甲山(とりかぶとやま)

 

 

10:42 苗場山神社

山頂のんびり歩いて行くと、苗場神社に着きました。

まだまだ先に行けそうですが、ここら辺で折り返すとしますか(どこまででも行けちゃいそう)。

 

苗場山・苗場神社

 

そうそう。神社と言えば。

山頂標識近くには、伊米神社ありました。

なんでも、山頂にある池が田んぼのように見えることから、この伊米神社苗場山そのものを農耕の神様として崇められていたそうです。

 

苗場山・伊米神社

 

神社も見れたことですし、そろそろ来た道戻りましょうか。

 

苗場山・木道歩き 苗場山・木道歩き2

 

苗場山自然体験交流センター(苗場山山頂ヒュッテ)、見えてきました。

 

苗場山・苗場山自然体験交流センター(苗場山山頂ヒュッテ)へ 苗場山・苗場山自然体験交流センター(苗場山山頂ヒュッテ)へ2

 

雪もちょっぴり残ってますね。

 

苗場山・雪田越えて

 

ほんとに広い山頂ですね~。

どこまでもどこまでも続きます。

 

苗場山・山頂の湿原 苗場山・どこまでも続きそうな木道

 

ほんと名残惜しいのですが、そろそろ山頂終わりです。

 

苗場山・山頂の木道 苗場山・山頂から下山です

 

広い山頂も終わりになり、こちらは苗場山から見えた神楽ヶ峰

一旦下ってまた登ります。

 

苗場山・苗場山からの神楽ヶ峰 苗場山・苗場山からの神楽ヶ峰2

 

下まで降りて来てからの、振り返っての苗場山

良い山でした!またぜったい来るからね〜。

 

苗場山・苗場山

 

神楽ヶ峰を下から写す。

これが最後の登りです。ちゃちゃっと登って帰りましょう!

 

苗場山・神楽ヶ峰

 

富士見坂からの苗場山

ここからの苗場山もステキです。

 

苗場山・富士見坂からの苗場山

 

富士見坂登りきったら晴れてきました。

まあそんなこともたまにはあるよね。

 

苗場山・今更ながらに晴れてきた 苗場山・神楽ヶ峰の標識へ

 

上から見えた、祓川コース

今からあそこを下ります。

 

苗場山・神楽ヶ峰の標識へ

 

股スリ岩を再び越えて。

 

苗場山・股スリ岩を再び越えて

 

祓川コースを下ります。

 

苗場山・祓川コース 苗場山・祓川コースの木道くだり 苗場山・祓川コースの木道くだり2 苗場山・祓川コースの木道くだり3

 

下り続けて1時間と20分。

かぐらスキー場、ゲレンデの道が見えてきて、さらに下ると和田小屋見えてきました。

 

苗場山・かぐらスキー場・ゲレンデ見えた 苗場山・和田小屋

 

朝とはうって変わって。霧がすっかりとれました。

こんな場所だったのよと、かぐらスキー場・ゲレンデパシャり!

 

苗場山・かぐらスキー場・ゲレンデ

 

祓川登山口まではこんな道。

リフト(ん?ゴンドラ?)下を歩いていって。

 

苗場山・かぐらゴンドラの下を歩く

 

14:12 祓川登山口駐車場

祓川登山口駐車場に到着しました。

出発してから、実に8時間と30分。

苗場山登山、終了です。

 

苗場山・祓川登山口駐車場

 

場所は変わって。

こちらは三国街道沿いの宿場の湯

 

宿場の湯

 

お風呂でさっぱり汗流したら、安全運転で帰りましょうか。

今日も一日、お疲れ様でした!

まとめ

今回は三国山脈にある苗場山の山行でした。

いや〜苗場山、見事に期待を裏切ってくれました!

ゲレンデ、樹林帯、木道に、山らしい山、広大な湿原。

いろんな景色が楽しめる、おすすめな山です苗場山

勝手に採点

わたし勝手に今回の山行を採点しました!

  • 満足度 :

神楽ヶ峰から一旦下ってからの登り坂。あの苦労をした後の広い湿原は反則ですね(ほんとうに)。

 

苗場山・苗場山の広い山頂3

 

以上、本日の山行記録でした。

ではまた!

ABOUT ME
kara
kara
karaです。山が好き!な週末だけの山登る人。日本百名山を中心に、いろんな山を楽しんでます。