日本百名山

厳冬期・天神尾根から谷川岳・日帰り

谷川岳

こんにちは。

今回は、やっと行けた!2019年初登山谷川岳の山行です。

本当は西穂高岳(独標)に行こうとしていたのですが、あいにく天気がご機嫌斜めで。

晴れてるところはないかしら~、と探して見つけた谷川岳です。

冬の谷川岳は、去年3月(積雪期)から続いて2回目ですね。

前回はすばらしい景色に魅了され、そして(次行ったら)やりたいこともできました。

今回も絶景見れたのか?やりたいことはできたのか?の谷川岳のお話です。

山のカテゴリ

上信越

 

主な山の基本情報

谷川岳(たにがわだけ)

群馬・新潟の県境にある三国山脈の山で、トマノ耳オキノ耳の2つのピーク(双耳峰)がある山です。日本百名山であり、新日本百名山でもありますね。

今回のコースと地図

ロープウェイ天神平駅(標高1319m)から谷川岳肩の小屋を経てトマノ耳(標高1963.2m)オキノ耳(標高1977m)に至るピストンコース。

  • 技術度 :
  • 体力度 :

熊穴沢避難小屋からはひたすら急登、登ります。

  • 景観  :

雪の谷川岳はやっぱり別格ですね(感動)。

  • アクセス:
  • 混雑度 :

東京(マイカー)からは関越自動車道・水上ICからのアクセスです。谷川岳ロープウェイを目指しましょう。

  • 標準コースタイム:4時間20分
  • コースの距離:8.2km
  • 最小標高: 1321m
  • 最大標高: 1951m
  • 累積標高(登り):781m
  • 累積標高(下り):783m

 

登山記録

08:27 谷川岳ロープウェイ土合口駅

おはようございます。

2019年初登山となる今回は、谷川岳ロープウェイ土合口駅よりスタートです。

コースとしては、去年の3月と同じ天神尾根ルート谷川岳を登ります。

って嗚呼!

いきなりわたしらやらかしました!!

と言うのも、ロープウェイ始発の時間を勘違いしてて。

7時始発だ!と勇んで来たら、実は8時30分の出発だったと。

わたし、がんばって3時30分に起きたんですよ。。

8時30分だとわかっていれば、あと1時間は寝れたんです。。

前々回も日光白根山でやらかしたので(ロープウェイ動いていると思っていったら動いてなかった!)、なんですかね、、老いなんですかね。。

しっかり事前に情報収集しましょうですね。

とくに冬場は、気象条件によって時間がずれたり、なんなら動いてなかったり。

何事も準備、大事です(しみじみ)。

 

厳冬期・谷川岳・ロープウェイ土合口駅

 

08:48 谷川岳ロープウェイ天神平駅

1月3連休の頭だからでしょうか。ロープウェイめっちゃ混雑して(行列できて)ました。

ですがわたしたち、時間を間違えて早く着いていたもので、なんと前から4番目!

好ポジションでのスタートでした(不幸中の幸い)。

そして、時間になって。ロープウェイに乗って。

08時48分、天神平駅に到着です!(かわいい雪だるま⛄がお出迎え!)

 

厳冬期・谷川岳・ロープウェイ天神平駅の雪だるま

 

ロープウェイ天神平駅から、外にでてすぐスキー場

今年の冬は暖冬だから、雪がないって聞きますね。

ですがスキーヤー(とボーダー)のみなさん、ご安心ください!

谷川岳には、雪があります!(なんと積雪200cm以上!さすが豪雪地帯です)

 

厳冬期・谷川岳・谷川岳天神平スキー場

 

われわれ(あ、今年もhirooneと一緒です。宜しくお願い致します)はスキーはやらないので、ゲレンデ横の登山入口、向かいます(下の写真のところですね)。

ここは展望とってもよくて、白毛門(しらがもん)が見えますね!(写真中央)

 

厳冬期・谷川岳・天神平からの白毛門(しらがもん)

 

にしても白毛門ってすっごい名前。

なんでも谷川岳(東面の岩場)の眺めが絶景らしく、いつか登ってみたい山。

いやいや浮気はいけないですね、今日は谷川岳に登るのです!

と言うことで。ぼちぼち登りはじめましょうか。

いきなり急登でビックリですが、ここを登りきれば絶景見れます。

 

厳冬期・谷川岳・天神平からの最初の急登 厳冬期・谷川岳・天神平からの最初の急登2

 

バーーン!と目の前に谷川岳

ゲレンデ登ってわりとすぐの、谷川岳のベストビュースポット!(個人的に、ですが)

ほんと見事な双耳峰

これ見ただけでも満足ですね!

 

厳冬期・谷川岳・ゲレンデすぐのベストビュースポット

 

いや~いきなり良いものみれた。

冬の谷川岳はほんとにどこも見事なのだけれども、(この天神尾根のルートでは)全容しっかり見れるのは、ここだけなんじゃなかろうか。

 

厳冬期・谷川岳・熊穴沢避難小屋へ・ちょっとだけ樹林帯

 

ベストビュースポットから、お次の熊穴沢避難小屋までは(ほぼ)平坦な道。

登りはあまりありません。

おっ!前にはBC(バックカントリー)の人たちですね。

大きなボードを背負っています。

ほんとあんなに重いもの、背負っていながらよく登れるな~(感嘆)。

 

厳冬期・谷川岳・熊穴沢避難小屋へ・BC(バックカントリー)の人すごい

 

下の写真は、熊穴沢ノ頭のちょっと手前。

小高い丘になってるところで、登って下る場所なのですが。

ここ(登り切ったところ)でBCの人たちが、おもむろに板を履きだして。

なにするものかと眺めていたら、スィーっと下に滑っていきました。

イヤイヤイヤイヤ!

ちょっとこれはすごいです!事件ですよ!ほんとにスゴイ!

 

厳冬期・谷川岳・熊穴沢避難小屋へ 厳冬期・谷川岳・熊穴沢避難小屋へ・BCの人ほんとにすごい

 

BCの人にとっては、なにも難しくないことなのかもしれないけれど、わたしからしたらこれはスゴイ!

ちょっとシビレタ瞬間でした(カッコええ~)。

あ、下の写真は熊穴沢ノ頭トラバース中にハマったhirooneです(カッコわる~笑)。

 

厳冬期・谷川岳・熊穴沢ノ頭トラバース中

 

こちらは熊穴沢ノ頭をトラバースし終わって、なにか声が聞こえたので振り返ったら居た、BCのオジサマたち。

ほんっっとこれは絵になりますね~。

こんな歳のとりかたしてみたい~(カッコええ~)。

 

厳冬期・谷川岳・熊穴沢ノ頭

 

09:59 熊穴沢避難小屋

熊穴沢ノ頭からそのまま進んで熊穴沢避難小屋

今年もバッチリ埋まってました。

て言うか最近(ここ2年)、ちゃんと熊穴沢避難小屋を見ていない(いつも埋まってる)。

 

厳冬期・谷川岳・熊穴沢避難小屋

 

熊穴沢避難小屋すぎたら)さあここからが本番です!!

天神尾根です!まじ急登です!

長い戦いのはじまりですよっ!!

 

厳冬期・谷川岳・天神尾根・まじ急登 厳冬期・谷川岳・天神尾根・まじ急登2

 

登って行っては、ちょっと休憩。

登って行っては、ちょっと休憩。

ひたすらそれを繰り返す。

写真は休憩中に撮った、天神尾根のBCプレイヤー。

どこから滑り出そうか決めてるんですかね。

白に赤が映えますね~。

 

厳冬期・谷川岳・天神尾根・バックカントリープレイヤー

 

われわれは「滑る」じゃなくて「登り」ます。

真っ白なこの急登を一歩一歩進みます。

 

厳冬期・谷川岳・天神尾根

 

10:32 天狗の留まり場

真っ白な中でもそれとわかる目印ですね。

天狗の溜まり場、到着です。

ほんと一面真っ白で、すべてが埋まってなにもない。

唯一こちらの天狗の溜まり場と、先に見えるザンゲ岩だけが、見えてる目印になりますね。

 

厳冬期・谷川岳・天神尾根・天狗の留まり場

 

10:56 ザンゲ岩

ザンゲ岩に到着です。

なにか懺悔することないの?hirooneに聞くも、なんにもないと。

わたしもなにもありません!悔いる前に行動です!(なにか良いこと言ってる風)

 

厳冬期・谷川岳・天神尾根・ザンゲ岩

 

ここでちょっと、ザンゲ岩から来た道少し見てみましょう。

おぉ~。

写真で見るとたいしたことなさそうに見えますが、けっこう登って来てるんですよ。

 

厳冬期・谷川岳・天神尾根・ザンゲ岩から下を見下ろす

 

ザンゲ岩からは目印がなく、ほんとうに真っ白な世界です。

前を見ても、なにもない。

去年はじめて(雪山谷川岳)来た時は、ほんとにこの道あっているの?

て言うかわたし、どこに来ちゃったの?と戸惑うくらい、白・白・白の世界です。

そんな白の世界も、登り続けて進んでいくと、見覚えのある標識と小屋が!

肩ノ広場ですね、見えてきました!

 

厳冬期・谷川岳・肩ノ広場が見えてきた!

 

11:10 肩ノ広場

広場の標識には、見事なエビの尻尾ができていました。

去年のエビよりは、やや小ぶりな尻尾になっていますが、これはこれでアリですね。

 

厳冬期・谷川岳・肩ノ広場

 

そのままトマノ耳へと進んでも良かったのですが、ちょっと雲が多いので(のちほど晴れると信じて)、肩ノ小屋に向かいます。

 

厳冬期・谷川岳・肩ノ広場から肩ノ小屋へ

 

11:22 谷川岳肩ノ小屋

肩ノ小屋ですね、お世話になります。

わたしたち以外はだれも居なくて、広々と使わせていただきました。

(と言っても中には入っていないのですが)

 

厳冬期・谷川岳・肩ノ小屋

 

ご飯休憩、一息ついたら。

今回のこの谷川岳で、やりたかったことを実行します!

やりたかったことは、コチラです!

 

厳冬期・谷川岳・肩ノ小屋で雪だるまづくり

 

雪だるま⛄️をつくること!

正確には、だるま弁当で雪だるま⛄️をつくること!ですね。

と言うのも、この雪だるま⛄️とはじめて会ったのが、去年の谷川岳だったんです!

見つけたときは、ほんと衝撃的でして。

いつか自分も作りたい!とたかべん・だるま弁当購入してきて。

そして作るなら最初はここでしょう!と、満を持しての制作です。

 

厳冬期・谷川岳・肩ノ小屋と雪だるま

 

願いも叶ったことですし(満足!)、肩ノ小屋からトマノ耳へと向かいましょう。

つーか、カメラがちょっと濡れている。。

雪の中に落としちゃったんですよね、、

だるま作っているときに。。

 

厳冬期・谷川岳・肩ノ小屋から肩ノ広場へ

 

こちらはわたしの好きな写真。

肩ノ広場からトマノ耳へと向かう人たち。

ほんと雪と空しかありません。

これはこれで、贅沢ですよね~。

 

厳冬期・谷川岳・肩ノ広場からトマノ耳へ

 

11:58 トマノ耳

そしてそのまま歩き続けて、トマノ耳へと到着しました!

意外とあっさり着いちゃいました(二回目だからですかね)。

天気も少しは良くなってきて、青空見えてきています(ラッキー!)。

 

厳冬期・谷川岳・トマノ耳

 

トマノ耳、山頂標識です(before)。

 

厳冬期・谷川岳・トマノ耳・山頂標識(before)

 

トマノ耳、山頂標識です(after)。

それではここでクイズです!

先ほどの写真と、どこが変わっているのでしょうか!?

(あっ!hirooneダメだよ写っているよ!バレちゃう早くどいてくれ!)

 

厳冬期・谷川岳・トマノ耳・山頂標識(after)

 

答えは、、はい、だるま⛄️です。

懲りずにまた雪だるま⛄️作ってました。

山頂人も増えてきましたし、トマノ耳からオキノ耳へと先へと進んで行きましょう。

 

厳冬期・谷川岳・トマノ耳からオキノ耳

 

とね、ここでまた、驚愕なものを見てしまいました!

トマノ耳からオキノ耳へと向かう途中。

けっこう育ってる雪庇があるのですが、そこを滑ろうとするスキーヤー(驚)!!

オキノ耳から再び戻ってここを通ったときにはいなかったので、きっと滑っていったのでしょう。

BC(バックカントリー)半端ねぇ

BC(バックカントリー)半端ないって!(言いたかった)

 

厳冬期・谷川岳・トマノ耳からオキノ耳の間の雪庇を滑ろうとするBCプレイヤー(驚)

 

12:23 オキノ耳

で、オキノ耳ですね。

わたしたちは普通に歩いて到着しました(凡人だからね)。

 

厳冬期・谷川岳・オキノ耳

 

オキノ耳、山頂標識です(before)。

 

厳冬期・谷川岳・オキノ耳・山頂標識(before)

 

オキノ耳、山頂標識です(after)。

⛄️

 

厳冬期・谷川岳・オキノ耳・山頂標識(after)

 

こちらはオキノ耳から見たトマノ耳

天神尾根から見てるときは、トマノ耳ってあんまり目立たないんですけど、オキノ耳から見たトマノ耳って別格ですよね!

 

厳冬期・谷川岳・オキノ耳からトマノ耳

 

こちらはオキノ耳からの一ノ倉岳方面です。

クライミングとかやるならお世話になるんでしょうね、一ノ倉岳一ノ倉沢か)。

雪の一ノ倉とか、どんだけ上級者じゃないと行けないんですかね、想像もつきません。

 

厳冬期・谷川岳・オキノ耳から一ノ倉岳

 

日が照っていて、思った以上に温かかった山頂ですが、そろそろ戻るとしましょうか。

オキノ耳からトマノ耳へと帰ります。

 

厳冬期・谷川岳・オキノ耳からトマノ耳へ 厳冬期・谷川岳・オキノ耳からトマノ耳へ・その2

 

西に広がる谷川連峰の山々(オジカ沢ノ頭大障子ノ頭万太郎山)。

こちらは行ったことがないので、どれがどの山かはあまりわからないのですが、いつかはじっくり歩いてみたい。

ほんと行きたいところばかりが増えて、時間が全然たりません!

 

厳冬期・谷川岳・西に広がる谷川連峰の山々(オジカ沢ノ頭、大障子ノ頭、万太郎山)

 

オキノ耳から戻る途中で、トマノ耳を見上げたところ。

草木が凍ってモコモコしてて、これはこれでおもしろい。

 

厳冬期・谷川岳・トマノ耳と太陽 厳冬期・谷川岳・トマノ耳山頂再び

 

12:51 トマノ耳

はい、再びのトマノ耳

雪だるま⛄️は健在でした。

ちなみに、谷川岳ってもともとは隣の俎嵓(マナイタグラ)のことだったんですって!

勉強になるな~。

谷川岳

谷川岳の頂部は二峰に分かれており、それぞれトマの耳(標高1,963m)、オキの耳(標高1,977m)と呼ばれる。元来この山はトマ・オキの二つ耳と呼ばれ、谷川岳の名は隣の俎嵓(マナイタグラ)に与えられていた。しかし、国土地理院の5万分の1地図の誤記のために、トマ・オキの二つ耳が谷川岳と呼ばれるようになってしまった。なお、トマの耳には薬師岳、オキの耳には谷川富士の別称がある。広義には、一ノ倉岳などの周囲の山域も含めて「谷川岳」と呼ぶこともある。

出典元:wikipedia

 

厳冬期・谷川岳・トマノ耳と雪だるま

 

トマノ耳からオキノ耳、見納め。

うん、BCの人はすでにいない。

 

厳冬期・谷川岳・トマノ耳からオキノ耳・再び

 

オキ・トマともに行けましたので、そろそろ下山と行きましょう。

まずは一旦、肩ノ広場から肩ノ小屋へと向かいますかね。

 

厳冬期・谷川岳・肩ノ広場・下山

 

13:00 谷川岳肩ノ小屋

肩ノ小屋に到着しました。

ちょっと想定よりも早くおりてこられたので、ついでだからとだるま制作に勤しんでみました⛄。

わたちたちの作品、コチラです!

⛄⛄⛄⛄⛄。

 

厳冬期・谷川岳・肩ノ小屋の雪だるま's

 

う~ん、並ぶとちょっとホラー。

ほっとくといつまでもだるまを作ってしまいそう。

ここら辺で切り上げて、そろそろ下山を再開しましょう。

 

厳冬期・谷川岳・天神尾根・下山

 

15:04 ロープウェイ土合口駅

サクサクサク~っと下山して、ロープウェイに乗って、土合口駅

ほんと下りははやいです(登りの苦労はなんだったのか)。

こちらは下山カード入れ。忘れず出して行きましょう。

 

厳冬期・谷川岳・ロープウェイ土合口駅

 

なにはともあれ、トマオキも最高でした!

だるま⛄づくりもまんきつできたし、今日も一日、お疲れ様でした!

まとめ

今回は、2019年初登山の谷川岳の山行でした。

トマも晴れたしオキも晴れた!

雪だるま⛄つくれたし、幸先良いスタートきれました!

今年も山にたくさん登るぞ!

みなさんどうぞ、よろしくお願いします!

勝手に採点

わたし勝手に今回の山行を採点しました!

  • 満足度 :

雪の谷川岳は次元が違う。ほんと最高な山のひとつです!

 

厳冬期・谷川岳・谷川岳のダルマ

 

以上、本日の山行記録でした。

ではまた!

ABOUT ME
kara
kara
karaです。山が好き!な週末だけの山登る人。日本百名山を中心に、いろんな山を楽しんでます。