日本百名山

曇天からの大逆転!絶景の谷川岳を登る

積雪期・谷川岳

こんにちは。

雪だるまの季節になりました。kara(@karalog2018)です。

11月から引き続き、2か月連続となる谷川岳のお話です。

前回11月は晩秋の谷川岳と言うことで、終わりかけでしたが紅葉を見に、巌剛新道からマチガ沢見ながら登ってきました。

今回は「雪山シーズン1発目」と言うことで、雪の谷川岳天神平からピストンで登ってきました。

いや~、谷川岳、やっぱイイ!

とくに雪の谷川岳は大のお気に入りで、毎年雪山シーズンは必ず登っているのですが、なんど見てもほんとう飽きない。

登るごとにいろんな姿を見せてくれる、天下の名峰・谷川岳のお話です!

山のカテゴリ

上信越

 

主な山の基本情報

谷川岳(たにがわだけ)

群馬・新潟の県境にある三国山脈の山で、トマノ耳オキノ耳の2つのピーク(双耳峰)がある山です。日本百名山新日本百名山に選ばれています。

今回のコースと地図

ロープウェイ天神平駅から肩ノ小屋を経てトマノ耳(標高1963.2m)オキノ耳(標高1977m)をピストンするコースです。

  • 技術度 :
  • 体力度 :

谷川岳に限らず、ですが、視界不良時はルート見失わないよう細心の注意を払って登りましょう(時には撤退も視野に入れましょう)。

  • 景観  :

肩ノ小屋(1900m付近)まではガッスガス。それ以降は天国でした。

  • アクセス:
  • 混雑度 :

東京からは、関越自動車道を使い水上ICで下車。谷川岳ロープウェイを目指します。

  • 標準コースタイム:4時間20分
  • 最小標高: 1318m
  • 最大標高: 1958m

 

登山記録

08:31 谷川岳ロープウェイ土合口駅

おはようございます。

今日は令和元年12月21日。雪山シーズン1発目、ということで、みんな大好き谷川岳!1か月ぶりにやってきました。

今日はこちら土合口から天神平へロープウェイでいっきに登ります。

 

積雪期・谷川岳・ロープウェイ土合口駅

 

09:00 谷川岳ロープウェイ天神平駅

天神平のお天気は。

残念ながらのまっしろしろすけ(曇天です)。

いわゆる虚無ってやつですね。予報ではこれから晴れてくるはず。気を付けながら登りましょう。

この日は視界不良でしたが風もなく、また歩きなれた谷川岳と言うことで山行続行しましたが、ときには徹底するという選択も必要ですね(自戒の念を込めて)

 

積雪期・谷川岳・ロープウェイ天神平駅

 

登山口からのはじめの道は、夏道とは違って直登しました。

天神山・天神峠方面ですね。いきなり急登、キツイっす。

 

積雪期・谷川岳・何も見えない

 

09:54 熊穴沢避難小屋

登りきったらお次は下り。夏道との合流までいっきに下ります。

下りきったらまたまた登り。熊穴沢避難小屋までゆるやかな登りが続きます。

 

積雪期・谷川岳・埋もれていない熊穴沢避難小屋

 

12月と言うこともありますが、にしても雪が少ないですね?

熊穴沢避難小屋も見えてましたし(いつもは完全に埋もれてる)、木々もこんなに見えてます(いつもは埋もれて見えません)。

木をよけながら歩かなきゃなんで、いつもよりだいぶ歩きづらい。

ですがその分霧氷が見れて、これはこれで、アリだと思う。

 

積雪期・谷川岳・霧氷の森

 

まっしろしろな天神尾根

だんだん木々も少なくなって、目印なにもなくなります。

前のひとを見失わないように。ルートはずれていかないように。

慎重に登って行きましょう。

 

積雪期・谷川岳・真っ白な天神尾根

 

おっ、空が青くなってきました!

ようやく色が見えました(笑)

 

積雪期・谷川岳・視界が晴れてきた天神尾根

 

肩ノ小屋付近まで(1900m付近ですかね)登ってくると、上に雲はなくなりました。

青!青!青~い!大・逆・点!!

 

積雪期・谷川岳・肩ノ小屋付近(1900m付近)

 

それでは来た道見てみましょう!

ドンッ!!

 

積雪期・谷川岳・雲を抜けた先には

 

見事に雲からでてきましたね(笑)

こりゃ~中は、なにも見えないよ。。

そして下の写真は西黒尾根方面。ここから登ってる人、いますね~(スゴッ)。

 

積雪期・谷川岳・西黒尾根方面

 

前にはと白の肩ノ広場が。

 

積雪期・谷川岳・肩ノ広場

 

うしろには迫力の天神尾根が。

 

積雪期・谷川岳・雲の上の肩ノ広場

 

スタートはどうなることやらと心配でしたが、いや~あるもんだ、大逆転

日頃の行い良いからですかね!?

 

積雪期・谷川岳・肩ノ広場から肩ノ小屋

 

ここからはね、なにを撮っても絵になりました(カメラマンの腕は置いといて)。

同行者hirooneも、今日はなんだかカッコいい?(カッコよさ一割マシ?)

 

積雪期・谷川岳・谷川連峰主峰を望む

 

ここまでの景色でも、もう十分おなかいっぱいだったのですが。ピークもキチンと踏んどきましょうかね。

 

積雪期・谷川岳・トマノ耳へ 積雪期・谷川岳・トマノ耳へ2

 

11:14 トマノ耳

と言うことで、まずはトマのお耳に到着です。

 

積雪期・谷川岳・トマノ耳

 

それでは。

トマノ耳から谷川連峰主峰を望む。

いや~、絶景、絶景かな~。

 

積雪期・谷川岳・トマノ耳から谷川連峰主峰を望む

 

今年もいっちょやっときますか。

登頂記念の雪だるま

 

積雪期・谷川岳・奉納の儀 積雪期・谷川岳・トマノ耳(雪だるまver)

 

これ(雪だるま)やらないと、わたしの雪山はじまらない。

記念すべき、第一号です。これからどんどんだるま作るぞ!

とね、引き続きオキにも置きに行こう。

 

積雪期・谷川岳・トマノ耳からオキノ耳、一ノ倉岳、茂倉岳を望む

 

トマからオキへいざ行かん~。

 

積雪期・谷川岳・トマノ耳からオキノ耳へ

 

サンゴみたいなモコモコ樹氷を発見!

 

積雪期・谷川岳・サンゴ樹氷

 

サンゴ樹氷ごしのトマノ耳~。

 

積雪期・谷川岳・サンゴとトマノ耳

 

トマをアップで撮ってみる。こちらもなかなかモコってますね~。

 

積雪期・谷川岳・トマノ耳(アップ)

 

11:38 オキノ耳

そしてふたつめオキノ耳

こちらは標識埋まってますね(笑)

 

積雪期・谷川岳・オキノ耳

 

オキにも雪だるま、設置完了!

これにてミッションコンプリート!

 

積雪期・谷川岳・オキノ耳(雪だるまver)

 

オキからの景色、ご覧あれ。

まず1枚目。オキからトマへと向かう登山者たち。カッコいい。

 

積雪期・谷川岳・オキノ耳からトマノ耳を望む

 

2枚目。オジカ沢ノ頭・俎嵓(まないたぐら)山稜。やはりカッコいい。

 

積雪期・谷川岳・オキノ耳から谷川連峰主峰を望む

 

3枚目。引き続き谷川連峰主峰です。オジカ沢ノ頭から万太郎山。しびれるくらいカッコいい。

 

積雪期・谷川岳・オキノ耳から谷川連峰主峰を望む2

 

4枚目。万太郎山から仙ノ倉山へと続く稜線。隠れちゃってますが、これはこれで、カッコいい。

 

積雪期・谷川岳・オキノ耳から谷川連峰主峰を望む3

 

カッコいい谷川連峰主峰。いかがでしたでしょうか。

満足いただければ幸いです。

話は戻ってトマへの戻り。いや~太陽がまぶしいぜッ!

 

積雪期・谷川岳・オキノ耳からトマノ耳へ

 

太陽と空と雲と雪と。

なにはなくとも贅沢だ~。これだけあればもう十分です!

 

積雪期・谷川岳・オキノ耳からトマノ耳へ2

 

トマトマトマトマトマトマトマトマ!

 

積雪期・谷川岳・オキノ耳からトマノ耳へ3

 

言葉にできない景色がそこここに(”こ”の数あってる?)。

 

積雪期・谷川岳・オキノ耳からトマノ耳へ4

 

トマを越えて、肩ノ小屋へと。

 

積雪期・谷川岳・トマノ耳から肩ノ小屋へ

 

12:07 肩ノ小屋

まっしろしろな肩ノ小屋

 

積雪期・谷川岳・肩ノ小屋

 

これヤバイやつ、谷川連峰主峰

(景色がヤバイ。語彙力もヤバイ、、)

 

積雪期・谷川岳・肩ノ小屋からの谷川連峰主峰

 

記念の場所に、パイルダーオン⛄!

 

積雪期・谷川岳・思い出の雪だるま

 

あらら雲に隠れちゃいました。。そろそろ帰れってことでしょうかね。

 

積雪期・谷川岳・雲に隠れた谷川連峰主峰

 

再び雲の中へと帰りましょう。天神尾根を下って行きます。

 

積雪期・谷川岳・肩ノ小屋から天神平へ 積雪期・谷川岳・天神尾根下山中 積雪期・谷川岳・天神尾根下山中2

 

コチラは天神尾根の途中で出会った雪だるま!(クオリティ高っ!)

クリスマス前だからですね!粋ですね~!

 

積雪期・谷川岳・雪だるま

 

13:07 熊穴沢避難小屋

埋もれていない避難小屋。新鮮。

 

積雪期・谷川岳・熊穴沢避難小屋

 

天神平に向かう途中で、ようやく見れた、谷川岳全容。

うん、やっぱ雪は少ないネ。白と黒のミックスですね~。

 

積雪期・谷川岳・双耳峰谷川岳

 

13:39 谷川岳ロープウェイ天神平駅

そしてその後。天神平に下山が完了。

雲もすっかり晴れてきて、谷川岳ながめることができましたとさ。

 

積雪期・谷川岳・谷川岳ロープウェイ天神平駅

 

まとめ

今回は雪山シーズン一発目!12月の谷川岳の山行でした。

1900m地点までは虚無でまっしろ、失敗したかな~という山行でしたが、雲から抜けたら大逆転で。

これヤバイやつや~、ヤバイやつ~」と心の中でずっとつぶやいていましたが、もしかしたら声に出していたかもしれません。

また下山中の天神尾根で出会った雪だるまは本当にすばらしくて。

人を楽しませよう!という心意気、ほんとうにステキだな~って思います。粋だな~って思います。

作者の方が近くで見守っておられましたが(しばらくしたら回収するようです)、タイミングずれたら見れてませんからね~。

ほんとう、虚無からの逆転のド晴天といい、雪だるまといい、わたし今日はついてたよな~。

 

勝手に採点

わたし勝手に今回の山行を採点しました!

  • 満足度 :

わたし、雲の上を歩いてきました。

 

積雪期・谷川岳・雲海

 

以上、本日の山行記録でした。

ではまた!

こんな記事も読まれています