日本百名山

峠の茶屋から那須岳(茶臼岳・朝日岳・三本槍岳)・日帰り

那須岳・峠の茶屋から避難小屋までの登山道・茶臼岳

こんにちは。

今回は那須岳(茶臼岳・朝日岳・三本槍岳)三山縦走の山行です。

那須岳、わたしはじめて登りましたが、いきなりお気に入りの山に決定!(パチパチ!)

なにが良いって、樹林帯歩きがないところ!

樹林帯は樹林帯で、そこまで嫌いってわけじゃないのですが、やっぱり景色がパ~っと広がる展望の良い山の方が好きですね~。

なにはともあれ、那須岳のお話、三山縦走スタートです!

山のカテゴリ

北関東

 

主な山の基本情報

那須岳(なすだけ)

かの有名な日本百名山の著者である深田久弥さん(知らいでか!)曰く、「那須岳とは那須五岳の中枢を成す茶臼岳(標高1896m)、朝日岳(標高1896m)および三本槍岳(標高1917m)のこと」とのこと。

ちなみに、那須岳活火山です!登る前には情報収集を必ずして、安全登山で行きましょう!(下のリンクは気象庁のページに飛びます)

気象庁HPー火山の状況に関する解説情報

今回のコースと地図

峠の茶屋から峰の茶屋跡避難小屋を経て朝日岳(標高1896m)へ。その後清水平を経て三本槍岳(標高1917m)三本槍岳からは峰の茶屋跡避難小屋まで戻りそこから茶臼岳(標高1915m)へ。最後は那須ロープウェイで下山するコースです。

  • 技術度 :
  • 体力度 :

三山縦走、1000m以上登る歩きごたえのあるコースです!

  • 景観  :

さえぎるものがなにもない!360℃のパノラマ広がっています!

  • アクセス:
  • 混雑度 :

東京からマイカーでは、東北自動車道・那須ICから那須高原先の、峠の茶屋へとアクセスしました。

  • 標準コースタイム:5時間40分
  • コースの距離:12.3km
  • 最小標高: 1393m
  • 最大標高: 1926m
  • 累積標高(登り):1024m
  • 累積標高(下り):1026m

 

登山記録

05:30 峠の茶屋

時刻は朝の5時30分。峠の茶屋からの日の出です。

朝早い時間なのに、駐車場はすでに満車です(ビックリ!)。

わたしたち夜中の2時くらいに、この駐車場へとやって来ましたが、その頃からすでに車がいっぱい。

ほんと人気な山なんですね~、ここまで混むとは思ってなかった!

 

那須岳・峠の茶屋の駐車場

 

06:03 那須岳登山口

峠の茶屋の駐車場から那須岳登山口はちょっと上。

今日はここからhirooneと、那須三山(茶臼岳、朝日岳、三本槍岳)を登ります。

人がなんとも多いので、スミマセン、ご夫婦で並んで立ってるところを、ちょっと写真に撮っちゃいました(汗)。

なにはともあれ、那須岳登山、朝の6時にスタートです!

 

那須岳・那須岳登山口

 

冒頭にもお話しましたが、那須岳のこのコース、樹林帯がありません。

(ほかのコースは歩いたことがないので不明です)

展望いきなりMAXです!

左を見れば茶臼岳(写真1枚目)、右を見れば朝日岳(写真2枚目)と、3山中、2山が見えました!(贅沢かっ)

 

那須岳・峠の茶屋から避難小屋までの登山道・茶臼岳 那須岳・峠の茶屋から避難小屋までの登山道・朝日岳

 

06:36 峠の茶屋跡避難小屋

ちなみに。茶臼岳朝日岳とふたつとも、朝日で赤く染まってました(キレイだっ)。

朝日で赤くなることを、モルゲンロートって言うんだそうです。

(夕日で赤くなるのはアーベントロート。どちらも語源はドイツ語ですね)

そんなモルゲンロートな山を見ながら、テクテク先に進んで行くと。

峰の茶屋跡避難小屋に到着しました!

 

那須岳・峰の茶屋跡避難小屋

 

峰の茶屋跡避難小屋は、これから登る茶臼岳朝日岳の、ちょうど間にある小屋なんです。

今日は最初に朝日岳に登って、そのあと三本槍岳登ります。

二山制覇したらここまで戻って、最後の一山茶臼岳に登る。

まあ、そんな感じの予定です。

下の写真は、峰の茶屋跡避難小屋から那須高原の方(南東、歩いてきたところ)を撮った一枚。

雲海とってもステキですね~。

 

那須岳・雲海

 

キレイな雲海撮れたことだし、それでは一山目の目的地、朝日岳へと向かいましょう!

手前に見えるのは剣ヶ峰、あれのうしろにヤツ(朝日岳)はいる。

 

那須岳・峰の茶屋からの剣ヶ峰、朝日岳

 

峰の茶屋から朝日岳、コースタイムでは40分。

なかなか岩々な稜線で、たまに鎖がありますね。

 

那須岳・峰の茶屋から朝日岳、40分くらいの上りです

 

コチラは避難小屋から剣ヶ峰を挟んで、ちょうど反対側にやって来たとこ。

剣ヶ峰を最初見たときは、「これ登るの?なかなかキツそうだな~」と覚悟を決めて歩いていたのですが、結局そこはトラバースして、登らずここまで来れちゃいました。

にしても剣ヶ峰、印象的な岩ありますね~。

ふつうに剣ヶ峰、登ることもできるのかしら?まあ、わたしたちは今日は結構です。

これからのために、体力温存。

 

那須岳・尖った岩が印象的な剣ヶ峰

 

剣ヶ峰からその先は、朝日岳に向かっての、岩稜登りがはじまります。

ここはなかなか迫力ありますね(カッコいいです)。

 

那須岳・朝日岳へ向かう岩場の稜線

 

岩稜、しばらく登って振り帰る。

おぉ~!

待ってろよ、茶臼岳!オマエは最後に会いに行く!

 

那須岳・朝日岳に向かう稜線から茶臼岳を望む

 

鎖場いくつか越えて行き。

 

那須岳・朝日岳に向かう稜線にある鎖場

 

朝日岳へと進みます。

ここは岩稜終わって、朝日の肩って呼ばれるところですね。

 

那須岳・朝日の肩

 

07:13 朝日岳山頂

そして着いたよ一山目。

朝日岳山頂、到着ですっ!

 

那須岳・朝日岳山頂

 

朝日岳山頂からの景色はコチラ。

まずは熊見曽根隠居倉熊見曽根は今日通ります)。

大倉山三倉山も見えてます(こちらには今日は行きません)。

 

那須岳・朝日岳からの熊見曽根、隠居倉、大倉山、三倉山

 

こちらの景色も良いですね~。

朝日岳山頂から、那須高原方面見たところ。

 

那須岳・朝日岳からの展望

 

朝日岳を登ったお次は二山目の、三本槍岳目指します。

こちらの尾根を、歩いて行きますよっ。

 

那須岳・朝日岳からの熊見曽根、三本槍岳、旭岳

 

熊見曽根の標識越えて(そこは隠居倉三本槍岳の分岐です)、1900m峰目の前に。

三本槍岳は、1900m峰のさらに先。

がんばってあそこを越えてきましょう。

 

那須岳・熊見曽根からの1900m峰

 

1900m峰なんとか登り切ったら清水平まで一旦下る。

なんだよ、下るなら登らせないでよ~。

山あるあるだから、仕方がないケド。。

 

那須岳・1900m峰の次にあるのは清水平

 

清水平は平らな場所です(、だからねぇ)。

尾瀬丹沢みたいな木道歩いて、三本槍岳向かいましょう~。

 

那須岳・清水平から三本槍岳

 

08:15 三本槍岳山頂

清水平から、北温泉分岐を越えて行き、そこから30分くらいでしょうかね?登って行くと。

那須三山・二山目の、三本槍岳到着しました!

こちらは一等三角点(三倉山(みくらやま))がある山ですね。

那須岳の最高峰(標高1917m)でもありますねっ!

 

那須岳・三本槍岳山頂

 

ちなみに、三本槍岳。全然っぽくありません。

むしろ後ろに見える旭岳の方が、のように見えますね。

槍ヶ岳を見習いなさい!)

とか何とか思っていたら、名前の由来、別にに見えるからではないそうです。

勘違いしてたよゴメンナサイ(ゆるして)。

三本槍岳・山名の由来

三本槍岳の地名の由来は、昔、この山頂の領地がはっきりしないため、会津藩、那須藩、黒羽藩の3藩が領地を確認するため定期的に集まって槍を立てた故事による。

出典元:wikipedia

 

那須岳・三本槍岳からの旭岳方面

 

こちらは三本槍岳山頂からの流石山大倉山三倉山

きれいな稜線見えてます。いつかこちらも行きましょう!

 

那須岳・三本槍岳からの流石山、大倉山に三倉山

 

二山制覇で残るは一山、最後は茶臼岳に登ります!

と言うことで、まずは朝日岳方面に戻りましょう。

 

那須岳・清水平からの朝日岳

 

1900m峰からの朝日岳(左)と茶臼岳(右)

こちら側から見てみると、朝日岳って、かなり独特な形です(おもしろい~)。

 

那須岳・1900m峰からの朝日岳(左)と茶臼岳(右)

 

朝日の肩まで戻ってきたら、避難小屋まで戻りましょう!

 

那須岳・朝日の肩からの茶臼岳

 

ほんと朝日岳茶臼岳付近は、急に雰囲気荒々しくなり、かなり迫力ありますね~。

 

那須岳・朝日岳、茶臼岳間の稜線は、鎖場もあって迫力あります

 

見た目とは裏腹に、足場はけっこうしっかりしてる。そこまで危険はありません。

だけど二山を登ったあとなので、慎重に進んで行きましょう(落ちないように!)。

 

那須岳・朝日岳、茶臼岳間・慎重に進みましょう 那須岳・茶臼岳近づいて来ましたね

 

剣ヶ峰を再び巻いて、避難小屋剣ヶ峰はまたいつか)。

 

那須岳・剣ヶ峰をぐるっと巻いて、進みます

 

10:08 峠の茶屋跡避難小屋

再びの峠の茶屋跡避難小屋と、これから登る茶臼岳

茶臼岳は噴火口があるってこともありますが、かなり険しい山容ですね。

那須岳火山と言うことを思い出させてくれますね~。

 

那須岳・峰の茶屋と茶臼岳

 

それでは!

三山最後の茶臼岳。最後の登り、始めます(いざっ)。

 

那須岳・三山最後の茶臼岳

 

岩々岩。

歩きにくい。

 

那須岳・茶臼岳は岩がゴロゴロしてますね

 

10:41 茶臼岳山頂

30分くらいでしょうか?岩とたわむれ山を登って。

そして火口をぐるりと周ると。

三山最後になりますね、茶臼岳山頂、ついに到着しましたよっ!

 

那須岳・茶臼岳山頂

 

あまりに人が多すぎて、だれもいない山頂標識、写真に撮れない(なんてこった!)。

 

那須岳・茶臼岳山頂には人がたくさん

 

山頂には那須岳神社がありました。

にしても。。

ほんと、いつまでたっても人がはけない(むしろ増え続けている)。

仕方がないよと、またくりゃいいさとあきらめて、峠の茶屋へと下山を開始。

 

那須岳・茶臼岳の那須岳神社

 

下山は、避難小屋経由で帰るのではなく、那須ロープウェイ山頂駅からロープウェイを使って、ちょっと楽して帰りましょう。

下の写真は、そんな茶臼岳からロープウェイに向かって下っている最中の、振り返っての一枚です。

 

那須岳・茶臼岳、ロープウェイからの登山客がたくさん

 

11:07 那須ロープウェイ山頂駅

山頂からは20分くらい。

砂の砂利道を下って行くと、ロープウェイ山頂駅が見えてきました!

ちなみにこちらの砂利道は、下りで使うとかなり滑る。転ばないよう気を付けましょう。

そして山頂混んでる理由、ここでようやく理解しました。

ロープウェイからね、人がたくさん!どんどんどんどん吐き出されてくる。

それらの人が山を登って、山頂占領していますっ!(大変です大佐っ!)

人気の山は(且つロープウェイとかある山は)これがあるからツライよね~。

もっとみんなに山を好きになってもらいたいけど、増えすぎてもね、困ります(わたしのわがまま)。

 

那須ロープウェイ山頂駅

 

11:39 峠の茶屋

ロープウェイに乗って、降りたら車道歩きで峠の茶屋へ。

いや~、峠の茶屋の駐車場!恐ろしいほど大渋滞!!

車が入りきらなくて、車道、下までずっと混んでる(そしてまったく動かない)。。

うちらは、止めれただけでもラッキーでした。すごいぜ那須岳大人気っ!

 

那須岳・峠の茶屋

 

なにはともあれ三山制覇!

とぼけたタヌキのお風呂(源泉那須山)に入って、安全運転で帰りましょう!

まとめ

今回は10月の那須岳(茶臼岳・朝日岳・三本槍岳)三山縦走のお話でした!

紅葉期待して行ってみたはいいものの、ちょっと遅かったかな?見頃は逃したようですね。

とは言え那須岳かなりの迫力!普通に登るだけでも十分楽しい!

ちなみに、那須岳は、後日雪山も登っているので、お時間あるならコチラもどうぞ~。

勝手に採点

わたし勝手に今回の山行を採点しました!

  • 満足度 :

那須岳はほんとに良い山じゃのう。

 

那須岳・雲海

 

以上、本日の山行記録でした。

ではまた!

ABOUT ME
kara
kara
karaです。山が好き!な週末だけの山登る人。日本百名山を中心に、いろんな山を楽しんでます。