日本百名山

天城山縦走登山口から天城山(万二郎岳、万三郎岳)・日帰り

天城山

こんにちは。

今回は12月の伊豆天城山(万二郎岳、万三郎岳)の記録です。

日帰り、とタイトルには書いてますが、実際はキャンプしたので1泊です。

ま、細かいことは抜きにして、天城山のお話、はじまりはじまり。

山のカテゴリ

南関東

 

主な山の基本情報

天城山(あまぎさん)

伊豆半島最高峰の万三郎岳(ばんざぶろうだけ)万二郎岳(ばんじろうだけ)遠笠山(とおがさやま)などからなる山々の総称。日本百名山であり、新日本百名山花の百名山でもあります。

今回のコースと地図

天城山縦走登山口(標高1040m)から四辻(万二郎岳登山口)を経て万二郎岳(標高1299m)へ。その後馬の背を経て万三郎岳(標高1405.6m)を登り、シャクナゲコースを通って下山する周回コースです。

  • 技術度 :
  • 体力度 :

涸沢分岐点越えたあたりからですかね、季節柄なのかアイスバーンって言うのかな、ツルッツルの岩ありました。注意!!

  • 景観  :

すみません、周りの人たちが早すぎて、景色見る暇ありませんでした。。

  • アクセス:
  • 混雑度 :

さすがに12月はガラガラでした。

  • 標準コースタイム:4時間55分
  • 最小標高: 1040m
  • 最大標高: 1405.6m

 

登山記録

天気は晴れ。

今日はキャンプがてらやってきました、天城山

キャンプがメインなのですが、ただ飲んで食ってはまずいだろうと、天城山に登ります。

天城山縦走登山口、天城高原ゴルフ場の近くですね、からのスタートしましょう。

 

天城山(万二郎岳、万三郎岳)・天城山縦走登山口

 

今日のメンバーは、わたしを山の道に引き込んだ、山の先輩方3人組と、その先輩の会社の後輩、わたし入れての5人です。

と思ったら先輩の1人、登山靴を東京の家に忘れてきちゃったようでして。

1人脱落、4人で登山をスタートです。先輩1人は駐車場でお留守番。

 

と、はい、次の写真、いきなり万二郎岳山頂です。

 

天城山(万二郎岳、万三郎岳)・万二郎岳

 

山の先輩、歩くのめちゃくちゃ早いのです。ついていくので精一杯。

写真を撮ってる余裕なんかありません。

 

天城山(万二郎岳、万三郎岳)・みんな歩くの早いって!

 

ちなみに、一番すごい山の先輩、入山日数100日越える猛者なのです。

サラリーマンの年間休日120日くらいなはずなんですが。

そして小学生くらいのお子さん2人いるはずなんですが、この人なんなの異常なの?

(てか実際、仕事もバリバリできちゃうってのが怖いです・・)

 

天城山(万二郎岳、万三郎岳)・アセビのトンネル

 

と、関係ない話をしてたら万三郎岳着いちゃいました。

こちらはなんでも、伊豆半島で一番高い山なんですって!

 

天城山(万二郎岳、万三郎岳)・万三郎岳

 

万三郎岳には、天城山縦走路のマップがありました。

てか、万二郎岳万三郎岳、2つのピーク登ったので、後はひたすら下るだけ。

 

天城山(万二郎岳、万三郎岳)・万三郎岳の天城山縦走路マップ

 

お!富士山ちょこっと見えました!

 

天城山(万二郎岳、万三郎岳)・万三郎岳からの富士山

 

万三郎岳山頂からは、つるつるすべる岩で、何度か転びながらもサクッと下山。

コースタイム5時間くらいの山なんですが、3時間くらいで下山です。

 

天城山(万二郎岳、万三郎岳)・下山

 

そしてこちら。今日のお風呂、いづみ園

冷えた体をあたためましょう。

 

天城湯ヶ島の温泉宿泊施設 源泉テルメいづみ園

 

お風呂に入ってさっぱりした後は、キャンプ場で宴会です。

 

そして翌日。

まだまだ帰るの早いからと、やってきました沼津です。

ここでお昼を食べてから、東京帰るとしましょうか。

 

沼津・魚河岸・丸天

 

魚河岸 丸天です。

こちら海鮮かき揚げ丼。かなりのボリュームありました。

そして他にも。

まぐろのフルテールシチューなるもの頼んでみましたが、こちらもかなりのボリュームでした。

 

沼津・魚河岸・丸天の海鮮かき揚げ丼

 

なにはともあれ百名山天城山をクリアーです。

今日も一日、お疲れ様でした!

 

まとめ

今回は伊豆の百名山、天城山の山行でした。

あっという間の山行でしたが、次回はのんびり行きたいな。

ちなみに。

わたしはじめて知ったのですが、松本清張、「天城越え」ってお話書いてるんですね。

こちらの短編集に収録とのこと。時間ができたら読んでみよっと。

勝手に採点

わたし勝手に今回の山行を採点しました!

  • 満足度 :

天城山、登ってる最中、ずっとこちらが流れてました。

 

 

今回の山行の補足情報まとめてみました。

よろしければ参考までにどうぞ。

温泉

天城湯ヶ島の温泉宿泊施設 源泉テルメいづみ園

 

お食事処

魚河岸 丸天

 

以上、本日の山行記録でした。

ではまた!

ABOUT ME
kara
kara
karaです。山が好き!な週末だけの山登る人。日本百名山を中心に、いろんな山を楽しんでます。