日本百名山

川入登山口(御沢野営場)から飯豊山・1泊2日テント泊(前編)

飯豊山・剣ヶ峰の岩稜歩き・まだ少し先がありますね

こんにちは。

今回は飯豊山の1泊2日テント泊の山行(前編)です。

福島県、新潟県、山形県と、三県またがる場所がある。

おもしろそうだから行ってみようよと、車を走らせやってきました。

ひさびさ、と言うかはじめての東北の山になります。

どんな景色が広がっているのか?今からとっても楽しみですね!

山のカテゴリ

東北

 

主な山の基本情報

飯豊山(いいでさん)

飯豊連峰に連なる標高2105.2mの山。日本百名山東北百名山やまがた百名山に選ばれています。

今回のコースと地図

1日目(切合小屋):御沢野営場(標高1750m)→長坂→三国小屋(標高1644m)→種蒔山→切合小屋(標高1750m)

2日目(飯豊山):切合小屋(標高1750m)→本山小屋→飯豊山(標高2105.2m)→本山小屋→切合小屋→種蒔山→三国小屋(標高1644m)→長坂→御沢野営場

  • 技術度 :
  • 体力度 :

2日間の山行で、合計コースタイムは16時間と50分!2000m以上登ります!

  • 景観  :

剣ヶ峰の岩稜からが本番です。飯豊山山頂付近のなだらかな稜線は、惚れ惚れするような景色ですね。

  • アクセス:
  • 混雑度 :

東京からマイカーでは、東北自動車道、磐越自動車道と進み、高速会津坂下ICから御沢野営場へアクセスします。

  • 標準コースタイム:16時間50分
  • コースの距離:15.2km
  • 最小標高: 527m
  • 最大標高: 2110m
  • 累積標高(登り):2502m
  • 累積標高(下り):2541m

 

登山記録

05:00 御沢野営場

天気は晴れ。

今日はいつものhirooneと、飯豊山に登ります。

東北三県(福島県、新潟県、山形県)またがる場所があるとのことで、おもしろそうだとやって来ました。

にしてもこちらの飯豊山。なかなか読めないですよね?わたしは読めない。

いいでさんと読むそうです。

 

飯豊山・御沢野営場

 

05:54 長坂・下十五里

今日の予定は、まずは御沢野営場からスタートし、切合小屋まで登ります。

最初の道は、8月だからか蒸し蒸し暑い、樹林帯を登る坂。

長坂と言う名前の坂で、名前の通りの長い坂。

3時間近くも登るのです。。

そしてそんな長坂を、暑い暑いと登っていくと、下十五里の標識が!

下十五里ってなんじゃろう?調べてみたら、以下とのことです。

里(り)は、尺貫法における長さの単位である。現在の中国では500m、日本では約3.9km、朝鮮では約400mに相当する。

出典元:wikipedia

 

飯豊山・長坂の下十五里の標識

 

06:40 長坂・上十五里

調べるキーワード間違えた?

日本は1里3.9kmとのこと。十五里だから、58.5km!?

いやいやさすがにそれはない!それくらい長いと感じるってことかな?

だったらなんとかわかる気がする。

閑話休題。

引き続き似たような樹林帯を登る。

なにこれ修行?と嘆きながらも一歩一歩進んでいくと、、上十五里の標識がっ!

ちなみに中十五里の標識も、あったはずですがスルーしてました。。

 

飯豊山・長坂の上十五里の標識

 

07:10 長坂・笠平

展望ゼロの樹林帯。ずっとず~っと続きます。

ちょっとこの山ハズレじゃないの?不安が頭をよぎってきた頃、またまた標識ありました。

笹平の標識です。

 

飯豊山・長坂・笹平

 

07:27 横峰小屋跡

絶妙なタイミングで標識ありました。

まだまだこれから。きっと良いもの見れるさと、気持ちをつないで歩いて行くと。

読めない標識ありました!多分ここが、横峰小屋跡

 

飯豊山・長坂・横峰小屋跡

 

横峰小屋跡からは、やっと展望ひらけてきました!(うれしい!!)

前には山が見えますね!?

あの山登って行くのかな?

 

飯豊山・長坂・横峰小屋跡から展望がひらけ始める

 

地蔵山との分岐を越えて、三国岳に向かいます。

ここからは雰囲気ガラッと変わって、岩稜登りになりました。

 

飯豊山・剣ヶ峰の岩稜歩き・どんどん進んで行きますよ 飯豊山・剣ヶ峰の岩稜歩き・結構急な岩稜です

 

09:02 剣ヶ峰

剣ヶ峰に到着です!

名前のとおりのけわしい場所で、けっこう細い岩稜でした。

 

飯豊山・剣ヶ峰

 

来た道ちょっと見てみましょう。

剣ヶ峰岩稜、コチラです。

 

飯豊山・剣ヶ峰の岩稜歩き・振り返ってみましょう

 

「岩稜でした。」と言ってはみたが、まだまだ岩稜つづきます。

落ちないように、慎重に慎重に進みましょう。

 

飯豊山・剣ヶ峰の岩稜歩き・まだ少し先がありますね

 

09:26 三国小屋

途中には、凶悪な岩もあったり(凶悪そうに見えてよく見るとルートはありました)、

靴のソールが剥がれちゃって動けなくなったオバサマがいたり(仲間の人が助けてたけどどうなったのかな、、)。

いろいろありながらも、おっかなびっくり登っていくと。

おぉ~、三国小屋に到着、しました~!

 

飯豊山・三国小屋

 

三国小屋は、岩稜の上ともあって絶景です。

と言うことで、ちょっと景色をご紹介。

まずはコチラ。右に見えてる大きな山が、飯豊連峰最高峰大日岳(だいにちだけ)になりますね。

 

飯豊山・三国小屋からの飯豊連峰最高峰、大日岳

 

そしてコチラは御西岳(おにしだけ)御西小屋も見えますね(かな~り小さいケド)。

 

飯豊山・三国小屋からの御西岳、御西小屋

 

真ん中あたりに見えている、頭一つ出てるのが、今回のゴールの飯豊山

やっとお目に、かかれましたよ。

 

飯豊山・三国小屋からの飯豊山

 

コチラは三国小屋から剣ヶ峰へと続く岩稜(来た道ですね)。

三国小屋って、本当にこの岩稜のてっぺんに建っているのです。

 

飯豊山・三国小屋からの剣ヶ峰の岩稜

 

三国小屋で休憩したら、種蒔山を経由して、今日のお宿の切合小屋へ。

せっかく登ってきた道を、一旦下って進みます(ご無体な。。)。

 

飯豊山・三国小屋から切合小屋へ至る道

 

ちなみにこの道、福島県、新潟県、山形県の県境

飯豊山に来る、理由になった場所がココです。

道の左が新潟県。道の右が山形県で、真ん中の道が福島県。

3県またいでスゴイだろ~?

ご満悦のhirooneでした(ヨカッタネ)。

 

飯豊山・3県またぐ男

 

3県またいでハシゴを登って、30分くらい歩いたところ。

ちょっと三国岳の方を見てみましょう。

って、三国小屋があんなに小っちゃい!

山ってほんとに距離感わからん。近いと思ったらけっこう遠くて、遠いと思ったらけっこう近い。

そんなところが多いです(まだまだ修行不足ってことですかね)。

 

飯豊山・三国岳から種蒔山へ至る道から三国小屋を振り返る

 

気を取り直して進みましょう。まだまだ先はありそうです。

 

飯豊山・種蒔山に至る道

 

種蒔山からの飯豊山ですかね、キレイに山が見えていました。

そうそう!

今日歩いていて思ってたんですけど、飯豊山、トンボがたくさんいます!

わたしの中ではトンボって、夏の終わりのイメージでして。

今日は8月前半なんだけれどもトンボがたくさん飛んでます(涼しいから?)。

 

飯豊山・種蒔山からの飯豊山

 

11:13 種蒔山

種蒔山に到着で~す。

三国小屋まではキツかったけれど、そこからは気持ちのいい稜線歩き。

あっさりここまでこれました!

切合小屋まであと1km。今日のゴールはあと少し!

 

飯豊山・種蒔山

 

コチラは切合小屋に向かう途中で、見つけて気になった不思議なうねうね。

うねうねって言うか、ああ、語彙力がない自分が悲しいのですが、山と山の谷間、って言うか、プレート境界、みたいな?

いったいどうなってるんでしょう、不思議な感じ。

 

飯豊山・種蒔山近くの雪

 

11:30 切合小屋(きりあわせごや)

うねうね越えて、さらに先へと進んで行くと、切合小屋に到着しました。

ほんと、三国小屋からはあっさり来れた。

なんだかちょっと物足りない。

時刻は現在11時30分、7時間くらいの山行でした(まあでもそこそこ歩いてはいる)。

 

飯豊山・切合避難小屋

 

テントの受付済ませたら、切合小屋のテント場へGo(小屋の裏にありました)。

ちゃちゃっとテントを設営して、ご飯を食べてまったりしましょう。

 

飯豊山・切合小屋のテント場

 

ちなみに、なんですが。

先ほど通った三国小屋と、今いるコチラの切合小屋(きりあわせごや)は、山小屋でなく避難小屋。

夏のハイシーズンだけ管理人がいるそう。

冬は無人の小屋なので、そこは注意です気を付けましょう。

そして下の写真は、切合小屋から見える景色。

テントはったときは曇ってましたが、晴れた瞬間を狙ってパシャリましたよ。

手前に見えているのが草履塚で、左後ろが飯豊山

明日わたしが登るところ(待ってろよ!)。

 

飯豊山・切合小屋からの草履塚、飯豊山

 

時は過ぎ。時刻は夜の18時30分。

きれいな夕焼けが見えています。

太陽そろそろ沈むころかな、明日に備えて寝るとしますか。

 

飯豊山・切合小屋の夕日

まとめ

今回は飯豊山・1泊2日テント泊の山行(前編)でした。

長坂ほんとう長かった、、そしてそこからすごかった(剣ヶ峰ね!)。

三国小屋はきれいだったし3県制覇と満足です!

次回は切合小屋から飯豊山、がんばって登って行きましょう!

ではまた!

ABOUT ME
kara
kara
karaです。山が好き!な週末だけの山登る人。日本百名山を中心に、いろんな山を楽しんでます。